ドルコスト平均法を使い投資でガードを堅める。

どうも。

ドルコスト平均法というエントリー手法を聞いた事はありますか?

この手法を頭に入れておくと、
投資でガードが堅くなります。

「例えば株価が1000円の銘柄があったとします。

利益確定目標は1200円
ロスカットは900円

1単元は100株単位」

ここでエントリー方法をいくつか考えます。
②が一般的に言われるドルコスト平均法です。

①1000円で1000株を一気に購入する!

②毎日100株ずつ購入して10営業日で1000株を購入する!

③1000円で100株をまず購入し、下がれば100株ずつ買っていく

さて、こういう3パターンを考えていきましょう。

①この投資手法が一般的です。

この手法だと買った次の日に悪材料を発表したとしたら
すぐにロスカットをしなければならない可能性があります。

もちろんこれは逆も然りなのですが。

ガードを堅めるって事を頭に入れると、
1日で自分が買いたいと思う枚数を買うのは
上記の理由でリスクがあります。

②こちらが一般的なドルコスト平均法です。

この方法だと①のように悪材料が出たとしても
枚数が少なければ小さめの損失で済みます。

そして下がれば下がるほど平均買い単価を小さくできるので
ロスカットをしたとしても損失が小さく出来ます。

しかし、枚数が少ない状態で株価が上がったとしたら
損した気分になります。

しかし株式投資は収益を追い求める事も大事ですが、
負ける事を小さくする事を意識するべきです。

「負けなければ自ずと勝ちになる。」

この言葉、僕が好きな言葉です。
是非意識してみてください。

③ドルコスト平均法+僕の考えをプラスした手法です。

この手法はまず1000円で100株買うのは他の条件と同じです。

しかしその後、1000円より高い時は
買い足すことはしません。

1000円以下になった時のみ
買い足します。

こうすることによって買い単価を下げることが出来、
ロスカットをしたとしても損失が小さく済みます。

もちろん1000円で100株しか買ってない状態で値上がりしてしまうと
損した気分にはなりますが、収益は出せています。

このやり方だと、①・②以上に損失を小さくする事が出来
ガードを堅く出来ます。

①・②・③の中で大きな収益を出すことは出来ないかもしれませんが、
一番ガードが堅い方法です。

勝つことより、負けない事を考える。

是非この手法を取り入れてみてください^^

The following two tabs change content below.
めたん
元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。