知ってるようで意外と知っている人は少ない?移動平均線!!

株式投資をしていてチャートを見ると当たり前の様に使われている移動平均線ですが、株式投資初心者の人は何となく使っている人が多いと思います。そもそも移動平均線ってチャートを見るとほぼ100%に近い確率で自分で設定してなくても最初から存在するので、投資経験者の人でもあまり詳しく知らずになんとなく使っている人も多いんじゃないかと思います。こちらの記事では移動平均とはどういったものなのかについて、お伝えしていきます。

 

チャートについてはこちらの記事を参照してください。

⇒「チャートってそもそも何?投資をする上でのチャートの活用方法。」

ローソク足についてはこちらの記事を参照してください。

⇒ローソク足とは?これを知ることがチャートを見るための超基本知識!

 

チャートを見てみよう

ではまず色々なチャートを見てみましょう。

 

4つの銘柄のそれぞれ1年間分のチャートです。

1つのチャートに移動平均線が3つ表示されています。曲線になっているのが移動平均線です。移動平均線は色によって名称が変わります(色はいくらでも変更できます)

青色⇒75日移動平均線

オレンジ色⇒25日移動平均線

黄緑色⇒5日移動平均線

 

移動平均線には3つの種類がある

ほとんどの人が移動平均線で使っている種類は「単純移動平均線」なのですが、実は移動平均線には3つの種類があります。世の9割以上の人が「単純移動平均線」を使っているでしょう。

単純移動平均線(MA or SMA)…一定期間を対象にして算術平均で算出します。過去の価格トレンドを追随する分析法で、市場の動きに後れをとりますが、大きなトレンドの動きを教えてくれます。

加重移動平均線(WMA)価格の重みを過去に向けて順次小さくするので、緩やかに上昇・下降する時は威力を発揮します。しかし、乱高下や保ち合い局面では利用価値が劣ります。

指数移動平均線(EMA)累積加重平均で、直近の価格にウェートをつけます。単純移動平均線、加重移動平均線より、市場の変化をより早く表すチャートといわれます。高値ゾーンでEMAが上昇から下降へ反転したら売り信号、安値ゾーンでEMAが下降から上昇に転じたら買い信号となります。

(岡三証券より引用)

ここでは、移動平均線って3種類もあるんだ~くらいで良いかと思います。こちらの記事では投資家の9割が使っている単純移動平均線についてのお話しかしませんので、他の2つの移動平均線についての説明は省略しています。もし興味があれば、色々と試してみてください。

 

 

移動平均線がどうやって作られているかを知る

ではまず先程色分けでお伝えした中で、5日移動平均線について説明していきます。3つの移動平均線は時間軸が違うだけで時間軸が短い方がイメージが湧きやすいからです。5日移動平均線とは5日間の株価の平均値を出していて、その5日間の平均値を繋ぎ合わせていくとチャートにあるような曲線になっていきます。この株価の平均値に関しては、「始値」、「終値」、「一日の株価の平均値」の3つの選択肢があり、それは自分の好みで設定出来ます。

例えば5日間の株価の終値が、

1日目⇒80円

2日目⇒90円

3日目⇒100円

4日目⇒110円

5日目⇒120円

とします。

こうなると、5日移動平均線の数値としてはこの5つの平均値ですから、「100」となります。次に6日目が130円だったとすると、2日目から6日目の平均値は、「110」となります。7日目が140円だったとすると、3日目から7日目の平均値は、「120」となります。5日移動平均線はこの「100」、「110」、「120」を直線ではなく、波になるように繋げていくことで形成されていきます。

イメージは湧きましたか?

株価が上がれば上がるほど、5日移動平均線も上がっていくことになります。逆に株価が下がれば下がるほど、5日移動平均線も下がっていきます。25日移動平均線や75日移動平均線は、この平均値が「5日」から「25日」や「75日」に変わっただけになります。

ではこの移動平均線をどうやって株式投資に上手く活用するのかについてお伝えしていきます。

 

 

移動平均線の活用方法

株式投資が上手い人は、ローソク足と移動平均線だけで株価がどう動いていくかを予想し、それだけで収益を上げている人もいます。移動平均線を見ることで収益を上げられる理由はトレンドを見分けやすいからです。チャートについてのブログで、チャートを上手く活用しての投資法をお伝えしています。一言で言うと、トレンドに上手く乗ることが大事!と言う事です。

⇒「チャートってそもそも何?投資をする上でのチャートの活用方法。」

⇒投資で勝てない間は「買い」目線だけで考える方が簡単

⇒上昇相場に乗れない時は焦らずに物色されていない銘柄を探す

 

移動平均線を上手く活用すると、トレンドが見極めやすくなります。

・移動平均線が右上の方に上がっていれば、上昇トレンド

・移動平均線が右下の方に下がっていれば、下降トレンド

・移動平均線が横横であれば、トレンドレス

こういった考え方が出来るようになります。一度出来たトレンドは継続しやすいので、トレンドさえわかればそれに上手く乗り、収益を上げやすくなります。株式投資ではトレンドは物凄く大切で、そしてそれを見極める為に移動平均線が存在します。ちなみに移動平均線は短い日数より長い日数の方が信頼性が上がります。例えば上記で載せている画像では5、25、75日移動平均線です。5より25の方が、25より75日移動平均線の方が、トレンドとしては信頼性が高いです。一般的に使われるのは5、9、25、75、100、200日移動平均線あたりかと思います。僕は5、25、75、200の4つが好きですね^^

 

僕が過去に半年程入塾したついてる仙人さんはローソク足と移動平均線を活用して大きな収益をデイトレードで継続して出し続けています。

⇒ついてる仙人さんの相場塾に入ってみて勉強になった事。

⇒ついてる仙人が大切にする トレードルール 99plus1

⇒投資の情報商材が詐欺か有益な情報かを見分けるたった一つの方法

⇒分割売買と言う手法を知ればストレスフリーに利益確定ができる

⇒利益を最大限伸ばす為に必要な投資手法、トレイリングストップとは。

日経225先物必勝トレード術-幸せなお金持ちになるための-


そして次に押し目買いの水準としても移動平均線は使いやすいです。

押し目買いの意味についてはこちらの記事を参照してください。

⇒逆張りより順張り投資の方が良い理由

 

例えば上昇トレンドを形成している銘柄に関して、少し調整で株価が下がったとしてもどのあたりで押し目買いをすればいいのかは難しいポイントです。しかし移動平均線さえあれば、トレンドが持続する限り、移動平均線あたりで反発する事が多いです。(※多いですが、絶対ではありませんので、ロスカット価格は必ずエントリー前に決めましょう。)まずは、5日移動平均線からの反発があるかどうか。そこを下抜けた場合、続いては25日移動平均線で買いが入るかどうか。そこも下抜けた場合、75日移動平均線で買いが入るかどうか。こうやって考えていきます。75日移動平均線も下回った場合は、トレンド転換の可能性が高くなります。その場合は少し様子見をするのが良さそうです。

 

こういった感じで、移動平均線を活用してトレンドを上手く見極める事は物凄く大事です。

移動平均線がどちらの方向を向いているのか。

・トレンドの判断

・買うべきポイントの判断

こちらの二つを移動平均線を活用して、上手く売買に取り入れていってください^^

 

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。