2016/02/10 寄り付き前の戦略・前営業日の結果

おはようございます。

ダウ 16,014.38(-12.67)
ドル円 115.124円
先物CME 16,090円

昨日はひどい下げでした。

この水準までの下げとなと追証がたくさんありそうです。
マイナス金利の時に買った人は多いでしょうし。

昨日追証での投げ売りで今年最大、みたいな観測がありましたので、
昨日、そして今日と追証での投げ売りが多いと思っています。

為替も大きく円高には動きましたが、114.50円を下回ると買いが入っています。
2番底を形成したような形ですね。

これを考えて寄り付きに関しては買いが入るんじゃないかと考えているので、
前場は買い目線で見ていこうと思います。

しかしあまりにも売り圧力が強いので、
SQ値16000円割れを狙っている大口がいるのでは?
と言った考えも捨てきれませんので、例え前場に買いが入ろうが
楽観的には見ないようにしていこうと思います。

明日はお休みですが、
底は金曜日のSQ値をつけたときを想定しています。

今日買いが入ればそれはそれでいいのですが。

個別で見ると底っぽい動きをしている銘柄が多すぎるので、
買いたくて買いたくて仕方ないのですが笑、
指数が落ち着くまではやはり大きくロットは突っ込めません。

戻す時も早いと思うので、その見極めだけはしっかりやっていきたいところです。

作成した手法、少額資金での日計結果。

・資金は50万円から(信用で枠を広げてます)

・売りでのエントリーはせずに、買いでのエントリーのみ

・ポジションを作っても数秒~長くても引けまでには決済

・目標は1日2万円

24○○⇒+4162
45○○⇒+3935
60○○⇒+2755
66○○⇒+1418
37○○⇒+952
45○○⇒+795
34○○⇒+698
39○○⇒+474
24○○⇒-560
45○○⇒-847
79○○⇒-6489

20○○⇒-3000

TOTAL +4293

勝率 58.75%
日経平均 -919円安
エントリー回数 230回
売買代金 25,165,900円

昨日は買っても買っても売り崩される一日でした。

少額でもいいから絶対プラスを出すことを意識していたので、
それでプラスは出せましたが、少しやり方を間違えていたら
先週の金曜日のように大きくやられていたかもしれません。

買ったらお金が増えますが、
負けたら経験値が増えますね^^

昨日の相場でプラスを出す事が出来て良かったです。

とにかく毎日プラスを出す事が自分の自信に繋がり、
それを継続する事でたまに大きな利益に繋がります。

プラスに拘って、今日も結果を出していきたいです。

頑張っていきましょう^^

 

The following two tabs change content below.
めたん
元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。