買い注文の出し方を知ろう。

証券会社の口座を開き、

お金を入金し、

買いたい銘柄を見つけ、

そして株を買う注文を出す。

 

 

株を買うにあたっての、

最後の工程です。

 

 

一番わくわく、どきどきする瞬間ですね。笑

 

 

少し覚える事はありますが、

意外と簡単ですので安心してください。

 

では、一つずつ進めていきますね。

 

 

株を買う際にやらなければいけない事は3つあります。

 

・買う枚数を決める。

・買い方を決める。

・執行条件を決める。

 

 

この3つです。

 

 

単元数を知り、買う枚数を決める。

 

まずはその株を何株買うかを決めなければなりません。

 

 

 

ただ…1つ知っておかねばならない事があります。

 

それは、銘柄によって単元数が違うと言う事です。

 

株式投資では銘柄によって、

1株ずつの購入が出来る銘柄もあれば、

1000株ずつしか購入が出来ない銘柄もあります。

 

※ミニ株と言った制度もありますが、ここでは割愛します。

 

 

例えば大和証券の株を100株買おう!

と思っても、こちらの会社は1単元1000株です。

100株は買いたくても買えず、1000株ずつしか買うことが出来ません。

 

大体の銘柄は1単元が100株か1000株です。

希に1単元が1株や10株なんかがあります。

 

まずは買う枚数を決めよう。

 

 

株の買い方を決めよう。

 

買う枚数が決まれば、次は買い方です。

 

買い方には3種類あります。

 

・成り行き買い

・指値買い

・逆指値買い

 

どれもこれもとても大事です。

必ず覚えましょう。

 

成り行き買い

 

まずはこちらの画像を見てください。

楽天証券の注文の画面です。

 

 

 

kaityuumon

これは「板」と呼ばれています。

板については違う記事で紹介させて頂きます。

 

トヨタの板です。

 

まず株価の左側を見てください。

左側にこの値段で株を売りたい!って人がたくさん並んでいます。

 

5469円で100株売りたい人がいたり、

5470円でのべ29300株売りたい人がいたり。

 

これは一人で29300株を売りたいのではなく、

この中にたくさんの人の注文が入っていて、

それが合わさった枚数です。

 

逆に右側にはこの価格で株を買いたい!

5466円で200株を買いたい人がいたり、

5465円で500株を買いたい人がいたり。

 

こちらも一人でたくさんの人の注文が

合わさっています。

 

注文をする際にはこの板を見ながら注文をする事になります。

 

 

では成り行き買いどういった注文方法なのかと言うと、

いくらでもいいからトヨタの株を買いたい!

って時に使う注文方法です。

 

この板の時に成り行き買いで100株の注文を出したとします。

 

そうすると一番近い売りの注文が5469円で出ているので、

5469円で約定する事になります。

 

 

※自分が出した注文が執行されたことを「約定(やくじょう)」と呼びます。

 

 

成り行き買いのメリットとしてはすぐにでも欲しい株があった時に、

すぐに株を買うことが出来ます。

 

デメリットとしては、

少し高い価格で約定する可能性があります。

 

 

指値買い

 

では続いて指値買いについてです。

再び先ほどの板を見てください。

kaityuumon

 

成り行き買いだと5469円で約定します。

 

 

でももう少し安く買いたいなあ…。

そんな時に使う注文方法が、指値買いです。

 

 

指値買いだと、自分で株を買う価格を決める事が出来ます。

 

例えば5460円で買いたい!

と思えば、5460円で指値買いの注文を入れたとします。

 

 

5460円で約定すると、

成り行き買いの時より9円安く株を買うことが出来ます。

 

少しお得ですね。

 

 

指値買いのメリットとしては、

自分が買いたい価格で株を買うことが出来ます。

 

デメリットとしては、

株価が自分の注文をしていた価格まで下がらなかった場合は、

約定をしない可能性があります。

 

 

逆指値買い

 

では最後に逆指値買いです。

 

こちらは少し複雑かもしれませんが、

とても便利な注文方法ですので、

最初の方は使わないかもしれませんが

覚えておいて損はありません。

 

では再び板を見ましょう。

kaityuumon

 

指値買いと成り行き買いはもう覚えましたか?

 

 

逆指値買いは色々と条件を付けることが出来ます。

 

①自分が決めた価格より株価が下がれば、成り行き買い注文を入れる。

②自分が決めた価格より株価が下がれば、指値買い注文を入れる。

③自分が決めた価格より株価が上がれば、成り行き買い注文を入れる。

④自分が決めた価格より株価が上がれば、指値買い注文を入れる。

 

少し難しいですね。笑

 

逆指値での買い注文はこの4つを自分で決める事が出来ます。

 

①で例を挙げてみると、

株価が5459円以下になれば成り行き買い注文を出す。

 

と言った注文を出すと、

株価が下がって5459円に株価がなれば、

自分が決めた枚数が成り行き買い注文として出されます。

 

 

 

④で例を挙げてみると、

株価が5475円以上になれば、5470円で指値買い注文を出す。

 

と言った注文を出すと、

株価が上がって5475円に株価がなれば、

自分が決めた枚数が5470円で指値買いの注文として出されます。

 

 

これが逆指値を用いた注文方法です。

 

 

何に使うの?

と思われたかもしれませんが、

これは買う時より売る時(利益確定や損切り)に使うことが多いです。

 

 

執行条件を決める。

 

これが最後です。

 

執行条件では注文を出す期間を決めなければなりません。

執行条件にはいくつかあります。

 

・本日中

・今週中

・寄り付き

・引け

・不成

・大引不成

 

 

・本日中

⇒今日中に注文が約定しなければ、注文は取り消されます。

 

・今週中

⇒今週中に注文が約定しなければ、注文は取り消されます。

 

・寄り付き

⇒寄り付き(9時)丁度に注文を出します。

ただし指値買いの時は9時の時点で注文が約定しなければ、

注文は取り消されます。

 

・引け

⇒引け(11:30、15:00)に注文を出します。

約定しなければ、注文は取り消されます。

 

・不成

⇒指値買い注文を出していて、引け(11:30、15:00)までに約定しなかった場合は

成り行き注文に変更し、約定します。

 

・大引不成

⇒不成と同じですが、大引けとは15:00の事を指すので、

11:30の時には成り行き注文は出されません。

 

 

 

以上です。

 

株を買う時には上記の事をして、注文を出します。

 

では、初めての注文を出してみてください。

約定した時には、株価が上がるかどうか、楽しんでみてくださいね。

 

 

次はこちらです。

⇒売り注文の出し方

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。