信用取引とはどんなものか。

株式投資の中で特に「怖い」と思われている1つに、「信用取引」と言ったものがあります。

 

「信用取引」をしたら破産する!

「信用取引」をしたら借金する!

「信用取引」だけはリスクが高いからやめておけ!

 

信用取引ではこういったイメージがどうしてもあります。ですが信用取引といったものをしっかり知っていけば、このような怖いイメージは無くなります。1つずつ、信用取引がどんなものかを知っていきましょう。

SBI証券

信用取引とはどんなものか

信用取引が怖いと言われる理由は、自分の資金よりたくさんの額(3倍近く)の投資をすることが出来るからです。自分の資金を約3倍に膨らまして、株を買うことが出来ます。なんでそんな事が出来るかと言うと、信用取引は証券会社からお金を借りてする取引だからです。

例えば10万円を持っていたとしたら、現物取引だと10万円分しか株を買えませんが、信用取引だと約30万円分買うことが出来ます。これは10万円を証券会社に担保として差し出して30万円を借りているわけです。現物取引だと手数料は購入時と売却時の手数料だけでしたが、信用取引だとお金を借りているわけですから、「金利」と言ったものがかかってきます。証券会社によって「金利」がいくらかかるかは変わってきますが、大体年間で2-3%程かかります。

信用取引で株を持っている場合のみ、金利はかかります。株を持っていないときは金利は一切かかりません。

 

松井証券

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

信用で全力で投資した場合どうなるか

ではここで現物と信用で取引した場合を見ていきましょう。

 

資金は10万円。

信用取引だとこの10万円を担保にして30万円として扱えます。

楽天証券

★10万円の株を買った時を考えます。

現物取引だと、1株しか買えません。信用取引だと、3株買うことができます。

 

①株価が2倍になった時。

現物取引だと1株買っているので、株価が10万円から20万円に値上がりしているので、収益としては+10万円となります。信用取引だと3株買っているので、株価が10万円から20万円に値上がりしているので、収益としては+30万円になります。信用取引を使うと、株価が上がった時に大きく収益を出すことができます。では次は株価が下がった時を考えてみましょう。

 

②株価が半分になった時

現物取引だと1株買っているので、株価が10万円から5万円に値下がりしているので、損失としては-5万円となります。信用取引だと3株買っているので、株価が10万円から5万円に値下がりしているので、損失としては-15万円になります。

…なにかおかしいですよね。信用取引だと自分が担保として差し出した資金以上に損失が出て仕舞っています。こういった時を追証と言います。追加証拠金…略して追証です。担保として出した資金が足りなくなってしまったから、証券会社が追加にお金を払えと言ってくるわけです。

 

信用取引では勝つ時は大きく勝てますが、負ける時も大きく負ける…。これがリスクが高いと言われる理由です。株式投資初心者の方は余裕資金でやることを心掛け、間違っても信用の枠をフルにして買いポジションを作らないようにしましょう。

 

以下4社は全て僕が株式投資をする上で日々活用している証券会社です。

松井証券

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

楽天証券

SBI証券

GMOクリック証券

 

株価が下がる時も儲ける事ができる

では最後に。

空売りという言葉を覚えましょう。

 

信用取引での利点は、資金を多く使うことができると話しました。しかしもう一つ信用取引での利点があります。それが、空売りと呼ばれるものです。株の基本としては、安いところで買って高いとこで売って利益を出します。こうやって資産を増やしていくわけです。しかし空売りは逆の事をします。高いとこで株を売って安いとこで買い戻して利益を出すことができるのです。不思議ですね。笑

株を持っていないのに、高い価格で株を売る?どういうこと?頭の中に???が飛んでいるかもしれません。

 

GMOクリック証券

株を持っていないのに売る…これは、証券会社に株を借りることができるからです。

①証券会社に株を借りる

②株式市場で借りた株を売る

③証券会社に借りた株を返さなくてはいけないから、どこかのタイミングで買う

④株式市場から買い戻した株を証券会社に返す。

 

こういった手順になります。①④は自分が何もしなくても勝手にやってくれます。信用取引では株を買った際に「金利」がかかりましたが、空売りをする際には「貸株料」といったものがかかってきます。空売りする場合は金利はかかりません。証券会社から株を借りることによって、借りている間ずっとかかるものです。こちらも金利と同じで大体年間で2-3%くらい、株を借りている間はかかります。

株を買って利益を出すだけではなく、株を売ることによっても利益を出す。株式投資の楽しみ方が色々とありますね。ただ、空売りはある程度学んでからでないとやらない方がいいです。株を買う場合は最低でも1円で損切をすることができますが、株というのは理論的には無限に上がり続けるものです。空売りをしてしまうと、最大1円で買い戻すことで利益を最大化することができますが、株価が上がり続ける限り損失も増えていくので、利益が限定で損失が無限になるので、リスクが高い投資方法です。株を買う場合だと損失が限定で利益が無限大ですね。

⇒下手な空売りは一発退場!!買いは家まで売りは命まで。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)

 

次はこちらです。

⇒株式投資でかかる税金について

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。