株式投資でかかる税金について

株にかかる税金について勉強していきましょう。

 

利益が出た時だけかかる株の税金

株式投資には税金はかかります。これは避ける事はできません。税金を払わなければ脱税になります。ただ少しだけ安心できる事は株式投資は一年間で+の収支になった時だけ税金がかかります。1年を通して損失の場合は税金を払わなくて大丈夫です。では税金はどのくらいかかるのか。

利益にたいして、20.315%の税金がかかります。(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)

一年間で10万円の利益が出た場合には、20,315円の税金がかかります。

高いですね…。しかしこれは義務ですので絶対に払うようにしましょう。

 

⇒主要証券会社の売買手数料・提供しているサービスを比較してみよう

NISAという制度を活用したら税金はかからない。

通常の証券口座とは別に、NISAと呼ばれる口座があります。

よくテレビや銀行なんかで出ているので見た事ある人は多いと思います。こちらでは年間に120万円までしか投資が出来ませんが、NISA口座で得た利益については100%税金はかかりません!物凄くお得ですね。株式投資をするならNISA口座も確実に作っておきましょう。大抵の証券会社の口座ではNISA口座が作れます。

 

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

SBI証券の口座開設はこちらから

⇒SBI証券を口座開設するメリットとは

GMOクリック証券の口座開設はこちらから

⇒GMOクリック証券を口座開設するメリットとは

源泉徴収ありなら税金は証券会社が払ってくれる。

では具体的に税金を払う方法について勉強していきましょう。…と言っても特にやる事はありません。口座開設の仕方によっては証券会社が自動的に利益にたいして税金を払ってくれます。

 

証券会社で口座を開設する際に、

①特定口座か一般口座のどちらにするか。

②源泉徴収ありかなしかどちらにするか。

この二つを選択しなければいけません。この時の選択によっては全て証券会社が代行して税金を払ってくれるのです。自分で確定申告をする必要はありません。

 

①必ず特定口座にしよう。

ここに関しては難しく考えなくて構いません。一般口座は手続きが多くて面倒でしかないので、必ず特定口座にしましょう。

 

②源泉徴収ありにしよう

これが一番楽な方法です。源泉徴収ありにしておくと、証券会社が利益に対して20.315%の税金を払ってくれます。なので面倒な確定申告など一切しなくて構いません。

 

③特定口座で源泉徴収なし

ではここで気になってくるのは、源泉徴収なしに何でするのか?と思ってしまいますよね。実は源泉徴収なしにもメリットはあります。実は1年間の利益が20万円未満の場合は確定申告をしなくても構いません。年間利益が20万円未満の場合は税金を支払う必要は無いと言う事です。しかし“源泉徴収あり”にしていると、利益が20万円未満でも自動的に税金を払わねばなりません。源泉徴収をなしにしていると、利益が出たら本来自分で確定申告をして税金を支払わなければなりませんが、20万円未満の場合は税金を支払わなくていいので、確定申告をしなくても良いのです。

これが源泉徴収無しにするメリットです。しかしデメリットと言うと、20万円以上の利益が出た場合は自分で確定申告をしなければいけません。株式投資初心者にとっては少しハードルが高いですね。手間もかかりますし。面倒だと思うので、初めは「特定口座で源泉徴収あり」を選択しておきましょう。

 

特定口座や源泉徴収に関して詳しくはこちらの記事で記載しています。

⇒証券会社の口座開設の仕方を覚えよう

 

損益通算と譲渡損失の繰越控除について

最後に少しだけ難しい話をします。こんな事をいうのもなんですが、株式投資を始めたばかりの人は読まなくてもいいです。無駄な税金を払わない方法についてお伝えします。

 

・損益通算

例えば2箇所の証券会社で口座を作っていたとします。楽天証券とSBI証券にしておきましょう。1年間で、楽天証券で10万円の利益、SBI証券で5万円の損失が出たとします。この場合、“特定口座で源泉徴収あり”にしていると楽天証券では20,315円の税金がかかり、SBI証券では損で終わっているので税金がかからない状態になります。…これだと楽天証券とSBI証券2つの口座で5万円の利益なのにも関わらず、物凄く多くの税金を払っていることになってしまいます。(株でかかる税金は20.315%でしたね。)

その為に必要なのが「損益通算」になります。これは確定申告をすることで、余分に払った税金を取り戻すことを言います。この場合20,315円の税金を支払っていますが、本来楽天証券とSBI証券で年間5万円の利益ですので支払うべき税金は10,158円のはずです。なのにもかかわらず少し多めの税金を支払っているので確定申告をすることで余分の税金が返ってきます。源泉徴収アリにしていると複数の証券会社の口座を使っているとこういった手間がかかる可能性がありますのでその辺は注意しておきましょう。

 

・譲渡損失の繰越控除

こちらも難しそうな単語ですね。

これは“その年の損失を3年間の利益と相殺出来る”といった制度です。

こちらも確定申告をやらなければなりません。確定申告をしておけば、1年目にマイナスを出したとして、2年目に大きく利益が出せたとしても、2年目の利益を1年目のマイナスと相殺し支払う税金を少なくする事ができます。確定申告は毎年必要になってきますが、やる価値はありそうです。

 

株にかかる税金については以上です。

初めは難しいと思うので、口座を開設する際に「特定口座の源泉徴収あり」にしておきましょう。それが一番手間が少ないです。難しい事は株式投資に慣れてからでも遅くはないと思います。少しずつ株に関する知識を身につけていきましょう。

 

⇒僕が口座開設している証券会社を選んできた基準について。

次はこちらです。

⇒少額から投資を始める事が出来る「ミニ株」

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。