PERとは

PERはPrince Earnings Ratioの略称で、株価が安いのか高いのかを測る基準となる指標です。

PER=株価収益率と言います。

株式投資をする上でPERはとても有名で、そして重要です。

必ず覚えておきましょう。

 

 

PERを見ると株価が割高か割安かの判断をする事が出来ます。

PERが高ければ株価は割高であり、PERが低ければ株価は割安になります。

株価が上がればPERも同じように上がっていきます。

 

 

株価が500円だから割安で、株価が1000円だから割高というわけではなく、

株価が500円でも割高な株はあれば、株価が1000円でも割安な株はあります。

 

一般的にはPERは15倍や20倍くらいまでが適正な株価と言われています。

PERが15倍より低ければ割安ですし、20倍を超えるようだと割高と言われています。

ただし全てPERだけで判断するのは危険です。

 

PERが低くても一向に買われない銘柄もあれば、

PERが高くても更に買われる銘柄もあります。

PERが低いから全て買いだ!みたいに判断するのではなく、

あくまで指標の一つと考えて、他の要素も参考にしながら総合判断していきましょう。

 

ただ新興企業の銘柄だとPERが50倍や100倍をつけているのもありますので、

株初心者の方は少しリスクが高くなってくるのであまり触らない方がいいかもしれません。

 

 

PERの計算方法

PERの計算方法は次のようになります。

 

PER= 株価 ÷ 1株あたり利益

 

1株あたり利益とは、純利益を発行済株式数で割った値です。

 

この数式を見てわかるように、PERとは企業の利益にたいして株価が何倍であるかを表す指標です。「その銘柄の株を買ったとして何年で元が取れるか」と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

例えば

銘柄コード:0123

・株価が1000円

・1株あたり利益40円

・PER25倍

 

こちらだと、1000円で株を買ったとすると、1株あたり利益は40円。

25年間持ち続けると、投資額分が稼げるということになります。

 

銘柄コード:0567

・株価が2000円

・1株当たり利益200円

・PER10倍

 

こちらだと、2000円で株を買ったとすると、1株当たり利益は200円。

10年間持ち続けると、投資額分が稼げるということになります。

 

 

PERが低ければ、短い期間で投資額分を回収する事が出来ます。

そのため、PERが低ければ割安、PERが高ければ割高ということになります。

 

 

PERが高い株を買うメリットは何?

ではここで疑問が生まれます。

 

PERが高い株を買うメリットがなんなのかわからなくなってきます。

PERが安いほうが早く投資額分を回収出来るなら、

なぜPERが50倍や100倍の銘柄を投資家は買うのでしょうか?

 

その理由は、一言で言えば将来性を見越して買っているのです。

 

 

先程紹介した例を見てみましょう。

銘柄コード:0123

・株価が1000円

・1株あたり利益40円

・PER25倍

 

こちらでは25年経つと投資額分を回収する事が出来ます。

ただこの会社が来年物凄く利益が出たとします。

 

・株価1000円

・1株当たり利益100円

・PER10倍

 

利益が出ることによって、PERが下がりました。

これなら10年で投資額分が回収する事が出来ます。

 

これだけ利益が出ることになっていると、

その時にはもしかしたら株価は大きく上昇しているかもしれません。

 

ですのでしっかりと会社の事を研究して、来年には利益がたくさん出そう!

と考えていた投資家はPERが高い時にでも投資をしているのです。

そして株価が大きく値上がりし、それが収益となります。

 

もちろん利益が予想以上にでなければ株価は下落するので、

予想通りうまくいくかどうかはわかりませんが…。

 

 

PERが低いという理由だけで買ってはいけない理由

では逆にPERが低いという理由だけで買ってはいけない理由も考えてみましょう。

先ほどの理由が頭に入っているなら、すぐに理解出来るでしょう。

 

初めにお伝えした銘柄の2番目をもう一度見てみましょう。

銘柄コード:0567

・株価が2000円

・1株当たり利益200円

・PER10倍

 

こちらはPERが低くて魅力的です。

 

しかし、来年に悪い決算が出たとします。

そのことによってこう変わってしまいました。

 

・株価2000円

・1株当たり利益50円

・PER40倍

 

いかがでしょうか?

PERが安くても、決算が悪く利益が出ていなければ

あっという間にPERは高くなってしまいます。

 

こういった銘柄は大きく売られることになり、元々2000円で投資をしていると、

大きな損になる可能性が高いです。

 

 

 

まとめ

 

ではまとめです。

PERは低ければ割安。PERが高ければ割高でした。

 

しかしPERだけで株を買うかどうかを決めるのは危険です。

 

PERが低いのには低いなりの理由がある場合があります。

PERが高いには高いなりの理由があります。

 

PERが高くても、大きな利益を出しそうなら投資対象として見てもいいでしょう。

PERが低くても、たいした決算を出さなさそうでしたら投資対象とは見ないほうがいいかもしれません。

 

 

50倍や100倍の様な高いPERの株は値動きが激しい事が多いので、株初心者の方は

初めはあまり手を出さない方が無難だと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。