株式投資を行う上で起こるリスクについて知っておこう

リスクというものを知らずして株式投資はやってはいけません。銀行預金だと金利が低いのでお金はほとんど増えはしませんが、自分の大切なお金が減るような事は絶対にありません。しかし株式投資は違います。株式投資をするとお金が増えることもありますが、逆に減ることもあります。リスクというものを理解しないまま株式投資を行ってしまうと、自分の大切な大切なお金が全て無くなってしまうかもしれません。無くなってから勉強しだしても、後悔しても、もうそのお金は戻ってきません。必ずリスクを知った上で株式投資を行うようにしましょう。

 

株のリスクは基本的に3つです。

・値下がりリスク

・流動性リスク

・倒産リスク

 

株式投資をする上で必ず知っておかねばなりません。1つずつ詳しく説明していきます。

※信用取引というものをすると他にもリスクが増えますが、信用取引についてはここでは割愛します。他の記事で詳しく説明しています。

⇒信用取引とはどんなものか。

⇒信用取引のリスクについて

 

値下がりリスク

一番わかりやすいリスクはこちらじゃないでしょうか。株式投資をする上で一番誰もが意識をするリスクです。1000円で買った株が600円になってしまうと1株持っていたとしたら400円損してしまいますね。もし100株持っていたら40,000円も損してしまいます。株価は様々な要因で上がったり下がったりして日々変動します。その変動を利用して投資家は儲けていくわけですが、毎回儲けられることは決してありません。下方修正などの悪材料が出たり、何か大きな事件が起こったりすると大きく株価が下がる時もあります。

この値下がりリスクについてしっかりと株を買う前に考えておかないと、損切りが遅れてしまい予想以上に損失を計上する可能性があります。株式投資をするなら株を買う前にどこで利食いをし、どこで損切りをするかを考えておかなければいけません。“損切りも利食いも株を買ってから考えればいいや…”と思っている人も多いですがそういう考えて投資で儲けている人は少ないです。儲けられている多くの人は値下がりリスクについてしっかりと把握して、事前に株を買う前に必ずどこまで株価が下がれば損切りをするか考えています。そうやって値下がりリスクについてリスク管理をしっかりとしています。

 

⇒株は入口にあらず、出口にあり。損切り水準は買う前に決めよう。

⇒負けなければおのずと勝ちになる。投資ではリスク管理を徹底する。

⇒損切りの上手い人だけが相場の世界で生き残る。

 

松井証券

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

流動性リスク

続いては流動性リスクについて。聞いたことが無い人も多いかもしれません。流動性とは換金のしやすさです。換金とは株を買ったり売ったりすることです。株式投資ではとある株を買いたいと思った時、そこに売りたいと思う人がいないと買うことはできません。逆に株を売りたいと思っても買ってくれる人がいなければ株を売る事ができません。大きなザルがあってそこで株を買ったり売ったりするのではなく、株を買う時も売る時も必ず相手がいるわけです。流動性が大きい銘柄は換金が簡単にできますが、流動性が小さい銘柄は換金するのが大変です。これが流動性リスクと言われます。

 

例えばトヨタや日立など、誰もが知っているような会社は流動性が大きいので、流動性リスクは全く無いものと考えていいでしょう。しかしあまり知られていない銘柄だと一日の出来高は少ないモノも多いです。中には一日に出来高がゼロの銘柄もあります。こういう流動性の低い銘柄をたくさん買ってしまうと、売る時が大変です。買いたいと思う人がそもそも少ないので、自分の不利な価格で売らなければいけない可能性が出てきます。1000円で売りたいのに、1000円で買いたい人がおらずに950円でしか買いたい人がいなければ自分も950円で売らないといけない可能性があります。トヨタや日立でしたら流動性が大きいのですぐに売りたい時に売る事は可能ですが、流動性の低い銘柄だと不利な価格で売らざるを得ない状況が出てくるのでその辺を考えた上で株を買わなければいけません。

 

楽天証券

SBI証券

GMOクリック証券

倒産リスク

最後です。こちらは文字通り、会社が倒産するリスクです。倒産すると、株は紙くずになります。価格は暴落し、倒産が確定する銘柄を持っていると大きな損失になってしまいます。どんな会社にも倒産する可能性はありますが、ほんの少しの事をチェックしておくだけで倒産する可能性のある銘柄は高い確率で避けることが可能です。倒産リスクについてはこちらで詳しく記事にしています。

⇒「株の初心者が手を出してはいけない株」

 

以上3つのリスクについてでした。株をする際のリスクはこの3つだけです。信用取引をすればもう少しリスクは増えますが、基本的にはこの3つだと覚えておいてください。リスクさえしれば、怖いものは無くなります。リスク管理をすればいいだけですから。この3つはしっかり頭に入れておいてくださいね。

⇒信用取引とはどんなものか。

⇒信用取引のリスクについて

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。