株式投資初心者が手を出してはいけない株

株式投資ではどんな株を買えば儲かるのかはとても難しいものです。当然絶対に儲かる株なんてありません。銘柄の探し方はたくさんありますし、その探し方に正解はありません。同じ銘柄の探し方をしても、儲かる人と損をする人に分かれる事もあるでしょう。銘柄の探し方を考えるとキリがありません。それだけ色々な手法がありますし、難しいのです。

 

しかし株の初心者が手を出してはいけない銘柄は限られています。

銘柄を探す前に、こんな株には手を出してはいけない!といった事をまず覚えておきましょう。

 

倒産しそうな会社の株には手を出さない。

株で最大のリスクとは、買った株が1円になることです。損切りをしていなければ自分の大切なお金をほとんど失ってしまうからです。これだけは必ず避けねばなりません。

ほとんどの株は1円になることはありませんが、倒産するような会社だと株の価値が無くなり1円になる可能性があります。ですので倒産しそうな会社の銘柄は絶対に買ってはいけません。リスクが高いからです。…とは言っても倒産する会社なんて株を買う前には実際には中々わかりませんよね。絶対に倒産するかどうかわかる保証はありませんが、“倒産しそうな会社”だとある程度その会社の情報を見ていくと絞られてきます。

 

四季報を読むことで会社の情報のほとんどは入手可能です。楽天証券では口座開設をするだけで日経新聞と四季報が無料で読み放題です。もし口座開設していない方は口座開設しておきましょう。10分もあれば終わります。

⇒楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

毎年赤字の会社

まずは毎年のように赤字決算を出している会社です。赤字と言う事は事業として利益を出すことは出来ていないわけです。となると必然的に、会社のお金が無くなってしまうといずれ倒産してしまいます。毎年赤字を出しているような会社は、他の会社や銀行から信用されなくなってきます。お金を払ってくれるかどうかわからない会社と取引したくありません。お金を返してくれるかどうかわからない会社に銀行はお金を貸したくありません。

 

赤字が続く会社は社会的にどんどん信用が無くなっていき、その影響で事業もやりにくくなり、悪循環に陥ります。

毎年赤字を出している会社には手を出さないようにしましょう。

 

楽天証券と他の証券会社との比較記事を作成しています。

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

営業CFがマイナス

聞きなれない言葉が出てきました。

営業CFとは、本業による収入と支出の差額を表します。営業CFがプラスであるならば、会社にお金が入ってきている状態です。逆に営業CFがマイナスであるならば、会社からお金が出て行ってしまっている状態です。と言う事は、営業CFがマイナスが続くと言うことは、会社からお金がどんどん無くなっている状態です。会社からお金が無くなっていくと経営は出来なくなります。

 

会社が黒字だったとしても、営業CFがマイナスの時はあります。

ですのでいくら黒字経営だとしても安心してはいけないのですね。

営業CFがプラスかマイナスかどうかはしっかり見ておきましょう。

 

「継続企業の前提に関する注記」

赤字かどうか、営業CFがプラスかマイナスか、この二つをお伝えしましたが、経営が危ない会社にはもっとわかりやすい情報があります。それは、「継続企業の前提に関する注記」です。これが決算書なんかに書かれていると、倒産する可能性があると考えてください。いつ倒産するかどうかもわからないので、この注記がある銘柄は触らないようにしましょう。

 

全て四季報に書いている情報

赤字かどうか、営業CFがプラスかマイナスか、「継続企業の前提に関する注記」

こちらの3つをお伝えしました。

実はこれ、全て四季報に載っています。


Wikipediaより引用。

四季報(しきほう)とは、一般的にはある分野に関する新しい情報・資料などを掲載して1年に4回(季節ごとに)刊行される出版物のことをいう。 四半期ごとに作成される書物という意味では、「月報」、「年報」と元々は同列である。 組織内での発行物としては、「四半期」と呼んでいることもある。


 

投資家にとって四季報は必需品です。3ヶ月に1度出る四季報は必ず買っておきましょう。上場会社の情報のほとんどが掲載されています。倒産しそうかどうか、上で説明した3つの内容も四季報に書かれています。

 

3ヶ月に1度四季報は出版されます。1冊大体2000円くらいの価格です。年間だと8000円近くのお金がかかります。これが毎年続くと結構な出費ですよね。そういう人は楽天証券の口座開設をしておきましょう。楽天証券では口座開設をした人全員が無料で四季報を読むことができます。口座開設をするだけで読むことができるので、物凄くお得です。口座開設は10分もあれば終わりますし、忘れないうちにやっておきましょう。今すぐに四季報が読みたい!と思っても楽天証券の口座開設をしていなければ本屋さんに四季報を買いに行かない限り読めないですからね。

 

楽天証券では口座開設をするだけで日経新聞と四季報が無料で読み放題です。もし口座開設していない方は口座開設しておきましょう。

⇒楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

 

株の初心者が手を出してはいけないと言ってきましたが、上記で説明した内容のリスクをしっかり把握が出来るようになれば、僕は手を出しても良いと思います。一番ダメなのは、リスクがわからないのにも関わらず手を出すことです。なぜ負けたのかを反省出来る程度の負けならいいのですが、上記で紹介してきた銘柄は一発でお金を無くしてしまう可能性がある銘柄です。

リスクをしっかり把握するまでは手を出さないようにしましょう。

⇒投資の情報商材が詐欺か有益な情報かを見分けるたった一つの方法

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

 

次はこちらです。

⇒株の取引が出来る時間帯

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。