投資に近道が無い事は箱根駅伝が教えてくれた。

投資に近道は無い。

株式投資を始めて、仕事の収入以外で違う収入源を作れたらいいな、と思って始めても、最初は上手くいかないことばかりの人が多いと思います。

何か上手くいく方法を探すために、本を読んだり、色々なブログを読んだり、情報商材を買ったりと、情報を集めようと考える人もいるでしょう。僕もそうでした。多くの本を読みましたし、ブログの徘徊もしました。20万近く払って情報商材も購入しました。

 

情報商材に関しては、詐欺なんかも多く騙される人も多いので、詳しく記事にしているのでこちらをどうぞ。

「投資の情報商材が詐欺か有益な情報かを見分けるたった一つの方法」

 

多くの情報を集めてきて、そして僕自身が兼業投資家、証券ディーラー、個人投資家と経験をし、相場を見続けていく中で気付いた事があります。

それは、投資に近道は無いということ。

 

当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、〇〇さえ知れば投資で常勝する事が出来る…なんて手法は存在しませんし、どれだけ勉強をしても勝てない時期もありました。相場で生計を立てる事が出来ている今も、毎日真剣に相場に向き合っています。少しでも手を抜けば、気を抜けば、あっという間にそれが結果に出てきます。

 

走る事にも近道は無い

ランニングを普段していますか?

している人には当然わかることですし、していない人にも想像はつくでしょうが、走るという事にも投資と同じで近道はありません。5km走ると決めたなら、自分の足を一歩ずつ進めなければゴールには近づきません。

近道をするという選択肢を選ぶと、それはもう5km走らない事になってしまいます。自分で目標を決めて、その目標を達成するために一歩ずつ進んでいくしかありません。一歩一歩の距離は小さいですが、それが積み重なって5kmの目標を達成する事が出来ます。

 

毎日一歩一歩進むことが結果につながる

近道をして妥協をするような人は、何をするにしても楽をする傾向はあります。もちろんそれは、投資への姿勢にも影響します。投資で近道をしようとする人に勝てる道はやってこないでしょう。と言うか、近道なんてありません。一気に勝てるような投資家になることは不可能です。

 

時間はかかります。苦労もします。しかし、毎日一歩ずつ少しずつ進んでいける人が、相場で勝ち続ける投資家になります。焦らず毎日一歩ずつ進んでいきましょう。壁にぶつかる時もあります。誰しもがあります。その壁から逃げないで、一つずつ乗り越えていきましょう。

 

投資をしている人に是非とも読んで欲しい本

僕がランニングを習慣づけるようになった本があります。

単純と言えば単純ですし、影響されやすいだけかもしれません。笑

この本を読む前からたまにはランニングをしてましたが、それは投資と言うよりかは太らない体作りの為でした。しかしこの本を読んでからは、投資と走る事に繋がりがあると感じ、走る事を習慣づけるようになりました。

 

箱根駅伝を題材にした小説です。2人のランナーと8人の初心者が努力をして、箱根駅伝を目指すと言った内容です。ストーリーとしてはありきたりかもしれません。でも、この本を読めばめちゃくちゃ気持ちが熱くなります。

投資に限らず、仕事や趣味など自分の頑張っている事をより頑張ろうという気持ちにさせてくれます。僕はこの本を読むたび10回くらい泣きそうになります。そして熱くさせられます。明日からまた頑張ろうという気持ちになります。

2016年だけで、10回くらい読んでいる本、ぜひとも読んで欲しいです。

 

風が強く吹いている。

 

投資をするならランニングは習慣にしよう

投資をするなら是非とも僕はランニングを習慣にして欲しいと思っています。

継続している人はそのまま継続して頂いて、普段していない人も週に一度や二度だけでも良いので、やって欲しいと思っています。

 

ランニングをすることで投資に必要なものが更にわかる

ランニングをしていると、走る事だけの楽しさがわかんない…。と言うことを言われる事もありますが、それは先ほど紹介した本を一度読んで貰えたら、走る事の良さ、楽しさと言ったものがわかります。

ランニングを継続してする事で、投資に必要なものを感じ取る事が出来ます。口で説明する事は簡単ですが、走る中でその人自身が感じ取るからこそ意味があるものだと考えています。口で説明して理解は出来ると思います。でもそれだけじゃ意味がありません。

自分の足で走る事で、走る事の意味、それがどのように投資に活きるのかを感じ取る事が大切です。

 

ランニングで妥協をしてしまう人は投資でも妥協する

仕事で忙しい時は走れないでしょうし、無理する必要は全然ありません。

しかし、自分が決めた距離、決めた日数を走れないようであれば、やはりそういう人は投資の成績にも影響してきます。投資と言うのは毎日の小さな積み重ねや投資への姿勢が成績に繋がっていきます。毎日のほんのささいな事が、勝者と敗者の違いになってきます。小さなことの積み重ねを大切にするためにも、ランニングだけでは無いですが、自分で決めた事は守っていきましょう。

それが出来ない人は投資で自分が決めたルールも守れません。ルールが守れないようなら、自分の投資手法はむちゃくちゃになってきます。

 

投資にもランニングにも終わりは無い

ランニングには日々のゴールはありますが、終わりはありません。走る度に「何周」「何キロ」とゴールを定めますが、だからと言って終わりはあるわけではなく、また次のランニングで「何周」「何キロ」とゴールを定めて走り続けます。とにかく走る事には終わりはありません。ずっと同じ事の繰り返しのように感じますが、でも走り続ける中でほんの少しの成長を実感するタイミングがあります。

いつもより早いペースで走れる、体力がついたなあ、今日はもう一周多めに走れるんじゃ無いか?など、継続して頑張っていると、自分の成長が感じ取れる瞬間があります。

 

投資も同じです。いわば毎日同じ事の繰り返しです。平日の9時~15時にずっと相場を見て、上がりそうな株を買っては売る、買っては売る。毎日その繰り返し。どれだけ収益を出そうが、どれだけ損をしようが、平日は毎日相場があって、同じようにトレードをし続けるわけです。

同じ事の繰り返しですが、毎日の相場の中に色々なドラマがあって、上手くいったり、上手くいかなかったり、一喜一憂をするわけです。そして毎日相場を見続ける中で、ふとした時に上手くなったかなあ…と感じる瞬間があったりすると、たまらなく嬉しくなります。毎日のほんの少しの積み重ねで、自分の実力がついていきます。

 

投資とランニングは似ているなあ、とつくづく思います。

 

何が何でも読んで欲しい本

とにかくこの本は一度読んで欲しいなと思います。

Amazonのレビューも☆5つばかりですし、実際の箱根駅伝のランナーが読んでも涙するくらい感動する本です。レビューを見ているだけでもまた読みたくなるし、気持ちが熱くなるし、なんでか泣きそうになっちゃいます。

感動しやすいんでしょうね。

 

是非一度手に取ってみてください。

 

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。