FX会社で口座開設をする際に重視するべきポイント

株メインの僕がFX会社の口座開設をしている理由

今となっては株式投資をメインにしている僕ですが、FX会社はいくつか口座開設をしていて、過去に何度も取引もしていました。

 

今ではFXのトレードはほとんどせずに、ザラ場で為替の動向を見る為だけにFXのツールを立ち上げて見ているだけですが、昔…というか投資を始めた1年目の頃から株をやりながらFXのトレードもたくさんしていましたし、FXの方でも収益を上げようとかなりの努力をしていました。

株式投資をやられている方にとっては「今までFXはしたことが無い」という人もいるでしょうし、もちろん投資をしたことが無い人からするとFXでの口座開設をする際にどういったポイントを見ればいいか難しい方もいると思います。

 

こちらの記事では過去にFXを経験してきた現在株メインの専業投資家である僕が、FXの業者の選び方や、なぜ僕がFXをしていたか、について色々と経験したことを踏まえて書きました。

 

向いている、向いていないを知る為にも色々と手を出してみるのも一つ

投資を始めた当初は僕は…と言うか誰もがそうでしょうが、右も左もわからない状況でした。その状況でどんな投資が自分に向いているかなんかがわかるはずがありませんでした。なのでその当時から負けても笑えるくらいの資金でまずは色々な金融商品に手を出していました。大きなくくりで言えば、株・指数・為替・投資信託等でしょうか。

もちろん株の中でもいろいろなくくりがあるので、本を読んだりして小型株が良いと書いていれば小型株に手を出したり、ボロ株に手を出したり、逆に大型株に手を出したり。先物に手を出したりもしてましたし、そして投資信託も毎月決めた額を投資していたりしていた時期もありました。為替に関してもドル円をデイトレードで入ったりしたこともあれば、スワップポイント狙いで豪ドル円を長い目線で持っていた時期もありました。

 

向いている・向いていないはやる前に判断するのではなく、やってから判断する。これは投資をする前から自分なりに大切にしていたことでした。今では色々と経験した結果、株の中でも新興銘柄をメインにやっていますが、それがわかったのはやはり色々と手を出したからでした。

 

一つ記事も書いています。

「株の勝ち方は人それぞれ。自分だけに合う手法・市場を見極めよう。」

 

株式投資メインの人でも1社くらいは口座開設してみるのも何かのきっかけ

だからこそ、今まで長いこと株式投資だけをやってきて為替を触った事が無い人も、何かしらのきっかけになるような事もあると僕は考えます。株をメインにしている人が結局為替を少しだけやってみて、自分には向いていないな~と思ってやらなかったとしても、為替をやった経験値は残るので何かしら活きてくる事はあるはずです。

もちろんまだ投資がほとんど未経験な方は最初から為替や株・先物のどれかを固定してやっていくというよりかは、柔軟に色々と手を出してみて、その中から向いていそうな分野がわかってからその分野に的を絞るべきだと僕は思います。

 

FX会社で口座開設する際のポイント

さてここからは実際にFX会社を選ぶ基準を僕なりの目線でお伝えしていきます。

 

まずは記事で紹介するFX会社の紹介

まずは実際にこちらのブログで紹介していくFX会社の紹介をします。

 

会社名 サイトに移動 FX会社ごとの特徴(作成中)
 SBI FX
GMOクリック証券
DMM FX
トレイダーズ証券 みんなのFX
FXブロードネット
外為ジャパンFX
FXトレード・フィナンシャル
トレイダーズ証券 みんなのシストレ
OANDA_JAPAN

インヴァスト証券
ひまわり証券のFX
アイネットFX
JFX

ライブスター証券

 

たくさんありますね。

一つひとつ自分で見ていき、自分なりに良さそうなのがあれば一度それを口座開設するのも一つですが、僕なりにこういう視点で見て口座開設をするのも一つ…というものがいくつかあるので一つひとつご紹介していきます。

 

キャッシュバックキャンペーンを利用してプラスから始める

まず一つ目はキャッシュバックキャンペーンを利用する事。

いくつかのFX会社では、口座開設をして入金をするだけで口座開設をしたご本人に報酬を払ってくれたり、もしくは更にいくつかの取引を重ねる事で更なる報酬を払ってくれたりします。取引をする前に、少しでもキャッシュバックをして貰ってプラスの状態から始める事が出来るなら精神的に余裕は出てきます。

 

口座開設をして入金…なら条件としてはめちゃくちゃ簡単です。口座開設なんて10分くらいあれば出来るものですし、入金もすぐに終わる事です。ただ難しいことはその後の取引を重ねる事。これはFX会社によってまちまちですが、たくさんの取引を重ねなければ条件はクリアせずに、報酬を貰う事は出来ません。

キャッシュバックキャンペーンで10000円や20000円と書いているFX会社の条件を満たすことは難しい事です。なのでキャッシュバックを狙うなら、簡単な口座開設+入金の二つだけで報酬を貰えるFX会社が良いかもしれませんね。

 

例えばFXブロードネットなら、「口座開設をして2か月以内に20万円以上を入金して、しばらくは出金しないで口座開設から3日月末あたりまで20万円以上のお金をFXの口座内にキープしている」と、2000円のキャッシュバックがあります。これだけならばめちゃくちゃ簡単ですね。しかもFXブロードネットはドル円・ユーロ円・ユーロドルのスプレッドも平均すると一番安いです。取引コストが安く済み、キャッシュバックを簡単に貰えるので、おススメです!

 

詳しくは別記事で書いています。

「FX口座開設の際はキャッシュバックキャンペーンを利用しよう」

 

スプレッドを意識する

続いてスプレッドです。

スプレッドはFX会社を選ぶ点で一番大切です。スプレッドとは株で言うところの売買手数料であり、FX会社に支払う手数料(コスト)だと思ってください。

 

FXの取引をする場合は、売買手数料といったものは基本かかりませんが、スプレッドという買値と売値が違う状態になっています。例えばドル円を買ってすぐ売ろうとしても、同値で買って売る事は出来ません。101.00円で買ったとして、すぐ売ろうとしても100.97円でしか売る事はできません。この差額の0.03円がFX会社の利益となります。この差額は今回は0.03円にしましたが、会社によって同じ通貨でも大きく変わります。

 

当然ながらこのスプレッドが小さければ小さいほど、利用者のコスト(手数料)は下がっていくので、小さい方が良いに決まっています。なるべくスプレッドが小さなFX会社を選ぶ事も大切な点です。総合的に手数料が一番安いのはFXブロードネットです。取引コストを安く済ませたい人はFXブロードネットでの口座開設をおススメします。

 

詳しくは別記事で書いています。

「FXでスプレッドが0.1銭差で年間どれくらいコストが変わるか」

 

最初の入金額は?

補足としてFXをする際にどれくらいの資金があれば出来るのか?

という事について触れておきます。

 

FXではレバレッジを効かすことが出来るので、口座開設をしたFX会社に10万円入金しておけばそれだけでドル円だと1万通貨以上の取引は出来ますので、最初は十分でしょう。

レバレッジは25倍なので、10万円だと250万円分のお金として使えるわけです。ドル円が1ドル100円なら、2万5千通貨分購入できるわけです。2万5千通貨であるなら、1円の変動で25,000円の収益(または損失)が出ます。10万円でもレバレッジをフルで取引すると割と大きな額が動きますのでリスク管理だけはしっかりしましょう。

 

最初からたくさん入金すると少し怖い部分があると思うので、まずは10万円、多くても30万円くらいまでを入金して、そして取引をこなしていって、慣れてくれば更に大きな資金を入金していけばいいんじゃないかと思います。

 

スワップポイント

続いてスワップポイントです。

スワップポイントとは外貨預金で想像してもらえるとわかりやすいのですが、いわゆる外貨預金でつく利息のようなものです。FXでは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買う事で、スワップポイント(利息)を受け取る事が出来ます。逆に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買う事で、スワップポイント(利息)を支払わなければならないので、その注意は必要です。

スワップポイントは各国の政策金利に合わせて変動するものですので、スワップポイントを狙ってFXをされる方は政策金利の動向には注視しておきましょう。

 

例えば2017年1月現在では日本の政策金利は0.1%、オーストラリアの政策金利は1.5%です。これの差額は1.4%ですね。わかりやすく100万円分購入したとするならば、年間で14,000円のスワップポイントが入るということになります。一日当たり38円程ですね。

 

このスワップポイント、FX会社によって同じ通貨によっても結構変わってきます。先ほどの豪ドル円だと1日当たり38円となりましたが、例えばJFXなら1日、1万通貨あたり50円のスワップポイントが入ります。しかしDMM FXなら1日、1万通貨あたり34円のスワップポイントしか入りません。(※2017/2/6時点)スワップポイントだけで見るなら、JFXは魅力的な会社になります。

スワップポイントでFX会社を選ぶなら、僕は短期ではなく長期投資で見た方が良いと考えていますので、その点について記事にしました。

 

詳しくは別記事で書きました。

「スワップポイントの比較でFX会社を選んで長期投資を考えよう」

 

1000通貨で少ない資金で取引出来るか

FX会社によって、エントリーをする際の最低Lotが変わります。

1万通貨か1,000通貨によって分かれるのですが、始めたばかりの人にとっては1万通貨でやるのはリスクが大きいと感じる人もいるかもしれません。1万通貨と1,000通貨では利益も損失の額も10倍違うわけですので、初めての方が1万通貨でやるのはプレッシャーだと思います。ただ、少し前までは1,000通貨の取引が出来る会社は珍しかった印象ですが、今となっては結構増えて来ています。

 

例えば1万通貨なら、ドル円で1円の変動は1万円の収益(または損失)になります。10銭の変動ならば1,000円の収益(または損失)になります。しかし1,000通貨ならばその1/10になるわけです。ドル円で1円の変動は1,000円の収益(または損失)になります。10銭の変動ならば、100円の収益(または損失)になります。

 

ドル円 1万通貨での収益(損失) 1,000通貨での収益(損失)
1円の変動をした場合 ±10,000円 ±1,000円
10銭の変動 ±1,000円 ±100円

 

1000通貨で取引出来るFX会社はこちらです。

大体のFX会社は1000通貨で取引出来ます。

SBI FX

FXブロードネット

JFX

外為ジャパンFX

トレイダーズ証券 みんなのFX

トレイダーズ証券 みんなのシストレ

インヴァスト証券

アイネットFX

OANDA_JAPAN

ひまわり証券のFX

JFX

FXトレード・フィナンシャル

 

デモトレードが出来るFX会社

少しのお金ですら減らしたくない。

まずは練習からしてみたい。

 

そんな人の為に、FX会社によってはデモトレードが出来る会社があります。まず実際に自分のお金を使わずにでもトレードからしたいと考える人は、デモトレードが出来るFX会社を選んでみましょう。

 

デモトレード出来るFX会社はこちらです。

「GMOクリック証券」

「DMM FX」

「JFX」

 

取引ツールは充実しているかどうか

続いてです。

取引ツールが充実しているかどうか。

こちらは実際に取引をする際に重要になってくるものです。人によって使うテクニカルは違ってくるでしょうが、自分にとって好みのテクニカルが入っているかどうかは確認しておかなければなりません。

まだどういったテクニカルがあるかわからない人にとっては、ある程度充実した取引ツールがあった方が色々と試すことができるのでそういった目線でも見る必要があります。

 

ただ今の時代、ほとんどのFX会社で最低限のテクニカルは備わっていますので、そこまで大きくは意識しなくてもいいのかなあ、というのが個人的な感想です。FXでも株でも色々な会社の取引ツールを使ってきましたが、僕の場合はそこまで大きく困ったことはありませんでした。

自分が使いやすいと感じるかどうかは大切ですが、それは正直使ってみないとわかりません。注文のしやすさであったり、ツールの見やすさであったり、お気に入りの時間軸が出せるのかであったり、、、色々とありますね。ツールに関してはどの会社で口座開設するか…で悩むよりも、まず口座開設して使ってみる方が早いと思います。

多少使いにくかったとしてもずっと使っていれば慣れますし、あからさまに自分にとって使いにくければそれこそ違う会社に変えればいいだけです。

 

スマホでもトレードは可能か

FXをされる方はパソコン以外でもスマホでトレードされる方も多いと思います。24時間取引できるのがFXの魅力ですし、パソコンの前に座らずともスマホでぽちぽち出来たら便利ですよね。

ですので、スマホでしたいと考える人は必ずそのFX会社がスマホ用のアプリを提供しているかどうかは確認しておきましょう。

 

詳しくは別記事で書く予定ですのでしばらくお待ちください。

「スマホでトレードしやすいFX会社はどこか。」

 

扱える通貨はどのくらいあるのか

扱える通貨数もFX会社によって大きく変わってきます。

少ないところもあれば、たくさん扱っている会社もあります。少ない会社でもたくさんある会社でも、流動性の高いドルや円やユーロなどは必ず用意されていますので、流動性の高い通過しか触る予定が無ければ扱える通貨数に関しては気にしないで良いでしょう。

ただ少しマイナーな通貨も取引してみたい…と思う人は通貨数も考えてFX会社を選びましょう。

 

詳しくは別記事で書いています。

「扱える通貨数からFX会社を選ぼう」

 

気になるFX会社は軒並み口座開設をしておこう

いかがだったでしょうか?

FXに関して少しでもイメージが沸いたでしょうか?

 

人によってFXをする上で大切にするポイントは違うと思います。何が正解で何が間違いとかはありません。自分なりにどういうやり方をしていくかをまず考えてみてください。そしてやり方が見えたらそれに合ったFX会社を選んでみましょう。

もしくは色々と試したいのなら複数のFX会社の口座開設をするのも一つです。デイトレード用のFX会社はここの口座でやって、長期投資でスワップポイント狙いのFX会社はここの口座でやって…という様に使い分ける事もまた一つです。

 

今まで他の投資しかしてこなかった人も、一つの手段として、または株などのリスクヘッジとしてでも、FXの方にもほんの少し目を向けてみるのも面白いかもしれません。

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。