段ボールに入らない大型商品をFBAで送る方法

段ボールのサイズは決められている

ネットで商品を仕入れていると、たまに大きすぎる商品が家に届いてしまう時ってありませんか?リアル店舗で商品を仕入れている人にとっては目で見てから商品を購入するからそういった事はあり得ないでしょうが、ネットだと写真だけでしか商品を見ていないので、まれに物凄く大きな商品が届いてしまう時があります。そんな大きな商品が届くと、段ボールに入らないし、どうしよう…ってなってしまいます。段ボールのサイズを大きくすればいいのか?というとまたそれもダメで、段ボールのサイズはAmazon側で決められています。

Amazonの「輸送箱(個口配送)の要件」こちらの記事で詳しくは書かれていますが、「50cm x 60cm x 50cm以下、かつ30kg以下」が段ボールのサイズの条件となっています。こちらのサイズを超える段ボールを使ってAmazonの倉庫に商品を送る事は出来ません。

 

段ボールのサイズは必ず守ろう

「ちょっとくらいオーバーしてもいいんじゃないの?」と思って割とルールを破って大きな段ボールを使って商品を納品する人は多いみたいですが、Amazonの倉庫についてもそのまま送り返される可能性が高いです。Amazonはその辺が最近厳しくなってきています。Amazonから求められた事は必ず守るようにしましょう。

 

ペナルティを受ける可能性がある

もし規定のサイズを守らずにAmazonに納品して、Amazon側が受け取ってくれたとしても、ペナルティを受ける可能性があります。「罰金」と言えば聞こえは悪いですが、何かしらルールを守らずに納品しているのですから、その分アマゾン側に手間がかかることになります。人件費であったり、何か他の経費であったり。その分のお金は出品者が負担する可能性もありますあまりに悪質だと、Amazonで商品を販売出来なくなる可能性もあります。

ですので、ルールはしっかりと守りましょう。

 

段ボールに入らない場合は?

では段ボールに入らない場合はどうすればいいのかというと、そのまま送るしかありません。先程紹介した、「輸送箱(個口配送)の要件」こちらのページにも書いていますが、段ボールに入らないサイズはそのまま送る事が可能です。

こちらに書いていますね。輸送箱のサイズは規定なしと書いているので、サイズがどれだけ大きかろうが商品は送る事ができます。ただし、段ボールで送る事が出来ない商品は「商品1点につき、1輸送箱」となっています。段ボールに入らない商品は、1個ずつ送ってくださいね、と言う意味なので、プチプチなんかを使って大きなサイズの商品を2個くっつけて発送などは出来ません。段ボールに入らない商品は1個ずつしか配送出来ないので、その点は覚えておいてください。1個ずつだとどうしても配送料は膨らみますがルールです。仕入れの際に大きな商品を仕入れる場合はその辺も考えておかなければいけないということですね。

 

商品の外箱に商品ラベルはもちろん納品ラベルも貼る

商品を送る際はいつもと同じです。バーコードが見えないように商品ラベルを貼り、そして商品のどこかに、いつもなら段ボールの外側に貼っていた納品ラベルを、商品のどこかわかりやすいところに貼りつけます。

 

商品に傷がつかないようにしっかりと補強をする

もちろんラベルを貼りつける前に、傷がつかないようにしっかりと補強をしておきましょう。段ボールを使わない分輸送中に傷がつきやすいので、プチプチ等を使ってしっかりと補強をしておきましょう。商品ラベル、納品ラベルは補強の外側に貼っておきましょうね。そうでないとAmazonの作業員はどこにラベルが貼っているかわからないので。

 

FBAに関しては他に記事も書いています。この二つもとても大切ですのでFBAを使う場合は必ず読みましょう。

FBAを使う事で作業時間を大幅に削減しよう

FBAを使う際には必ず納品先を固定しておこう

 

アービトラージを利用した在宅ビジネスをしたいと思った方へ

こちらのブログを読み、アービトラージを利用した在宅ビジネス(せどり)をされたいと思った方にノウハウを作成しています。

こちらの在宅ビジネスは全て在宅だけで完結がするビジネスです。

 

やる事は「仕入れ」と「出品」がメイン。出品については誰でも簡単にできますが、仕入れについてはある程度のコツが必要になってきます。「利益が出て」かつ「すぐに売れる商品」を仕入れる為には、商品の見つけ方を知らないと中々見つけることは出来ません。この在宅ビジネスで一番重要な点が「仕入れ」です。その仕入れ方について、僕が普段やっている仕入れ方法の全てをノウハウに詰め込んでいます。

・月に10万円の副収入が欲しい人

・副業を考えている人

・会社員以外の収入を作りたい人

 

当てはまる方はご検討ください。

ノウハウをご希望の方はこちらをクリックしてください。

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。