Amazonのスポンサープロダクトの広告は使うべきか否か?

セラー広告とは?

Amazonで商品を販売している人でもあまり使っていないどころか、存在を知らないのが「セラー広告」と呼ばれる、Amazonに自分の商品の広告を載せるというサービスです。

 

「Amazonに商品を販売しているのに、広告を載せるというのはどういうこと?」と僕も最初は思いましたが、自分が出品をしている商品をお客様が発見しやすいようにするサービスだと思って貰えたらわかりやすいでしょう。

じゃあその広告はどこに載るのかというと、何でも構わないので一度Amazonで商品を検索してみるとすぐにわかります。検索を掛けて、一番下の方にスクロールしてください。

そうすると、「スポンサープロダクト」と書かれている商品が見つかります。

 

 

このスポンサープロダクトと書かれている商品は、出品者の人が広告代としてお金を支払って、お客様に自分が出品をしている商品を見つけやすくしているものになります。

あからさまに商品がAmazonページに載せられているわけでもなく、一番下の方にそっと載っているだけなので嫌らしい感じはなく、商品を探しているお客様にとってはこういった広告があることで探している商品が見つかる可能性も高まるので、良いサービスであると考えています。

 

広告を載せる事でどんな効果が出るのか

広告を載せる事で、当然ながら出品者は広告代を支払わねばなりません。

これはどういった形で支払うかと言うと、一回一回のクリックで課金をされていきます。上記の画像の様に商品を見ているだけでは出品者は課金をされません。もしお客様が商品の詳細を見たいと思った時に「スポンサープロダクト」と書かれている商品をクリックしたら、その時に初めて出品者に課金をされます。

 

とは言っても一回当たりのクリックは数円です。全然たいした額ではありません。

ただ広告を載せていても商品が売れていなければ正直全く意味はありません。毎回数円とは言え広告代だけずっとかかっていると、負担になってきてしまいます。

 

カートを取れている商品のみ広告効果が出る

後は広告として商品ページに自分が出品をしている商品が載るのは、カートを取れている商品のみになっています。まあ当然と言えば当然です。カートが取れていない商品にも広告を載せられていても、多くのお客様は同じ商品の中でも違う人が出品している商品を買うからです。

 

 

一応説明しておくと、カートというのは自分が出品をしている商品ページで、自分の商品が紹介されている状態です。ここに紹介されていると、右上の「カートに入れる」をお客様がクリックすると自動的に自分が出品している商品が売れるので、売れやすくなります。

広告関係なく、カートが取れているか取れていないかで売り上げは大きく変わります。

 

実際に使ってみた結果

まあ使ってみないとどうなのかわからないし。

という事で僕自身一度この広告を使ってみました。

 

自分が出品している商品200~300点程(カートを取れていない商品も含む)を広告として登録をし、1か月ほど使ってみました。

で結果はこちらです。

 

 

…まあ見て貰えればわかるように、広告費用に比べると売り上げが恐ろしく少ない事がわかります。

 

売り上げと経費を考えると正直どちらでもいい

これだけ経費がかかっているにも関わらず売り上げがこの程度ということを考えると、正直やらなくてもいいのかなあ…と僕は判断してしまいました。と言うのも、確実に赤字だからです。笑

 

上手く活用できる人は使ってみてもいい?

ただ、やり方次第では絶対に有効活用できるとも思います。

広告を載せる時に、「オートターゲティング」と呼ばれるものと、「マニュアルターゲティング」と呼ばれるものから自分でどちらかを選ばねばなりません。

 

オートターゲティング

オート ターゲティングのキャンペーンは、購入者の検索キーワードに合わせて、Amazonが自動的に関連商品を自動選択し広告掲載します。比較的入札額が低いロングテールキーワードやこれまで見過ごされてきたキーワード、これからニーズが高まるであろうキーワードに対し、広告を掲載できる、インプレッション重視の機能です。

 

マニュアルターゲティング

お客様の検索用語がご指定のキーワードに一致した際に広告が表示されます。

 

僕はオートターゲティングを選びました。マニュアルだと手間がかかると思ったので、初めてだしまずはオートターゲティングで様子を見てみようと思ったからです。

ただマニュアルマーケティングで上手く広告を載せる事が出来ると、広告代も安く済みますしお客様が欲している商品に自分の商品を広告で上手く載せられる可能性は大きく上がります。特に人気の商品とかではなく、自分が新規出品している商品だったり、あまり売れ行きの宜しくない商品だったりすると、なお広告を載せる事で売り上げが上がるでしょう。

 

セラー広告の使い方

では最後に簡単に広告の使い方をご説明します。

まずはセラー広告をクリックしてください。

 

 

そして「キャンペーンの作成」をクリックしてください。

そうするとこういったページになります。

 

 

 

キャンペーン名は正直何でもいいです。

色々と広告を載せたい方は名前を見るだけでどういった商品を広告に入れているかわかるようにしておきましょう。

予算もいくらでも構いませんが、最初は200円くらいにしておきましょう。200円にしたとしても、毎日絶対200円かかるとはかかりません。と言うのもお客様がクリックをしないと広告費用はかからないので、クリックが少なければ必然的に広告費用も安くなります。

オートターゲティングかマニュアルターゲティングかは、最初はオートで良いと思います。慣れてきたらマニュアルを選びましょう。

 

「次のステップ」をクリックすると、次に広告に載せる商品を選んでいきます。

これが割と手間で、一気に自分が出品をしている商品を全て広告として選択する事が出来ません…。一つひとつ選んでいかなければいけません。

 

そして最後の入札額は「2円」で構いません。

あまりに高い値段設定にしても正直意味がありません。まあ最低入札額を「10円」にしても、毎回絶対10円がかかるというわけではなく、2円や3円の時もありますのでここはよくわかりませんが。笑

 

こんな感じで「保存し終了」をクリックすると、広告の登録は終わりです。

後はたまに見ると、広告費用が少しずつかかっていき、たまに商品が売れている…と言った状態になっていくでしょう。

 

アービトラージを利用した在宅ビジネスをしたいと思った方へ

こちらのブログを読み、アービトラージを利用した在宅ビジネス(せどり)をされたいと思った方にノウハウを作成しています。

こちらの在宅ビジネスは全て在宅だけで完結がするビジネスです。

 

やる事は「仕入れ」と「出品」がメイン。

出品については誰でも簡単にできますが、仕入れについてはある程度のコツが必要になってきます。

「利益が出て」かつ「すぐに売れる商品」を仕入れる為には、商品の見つけ方を知らないと中々見つけることは出来ません。この在宅ビジネスで一番重要な点が「仕入れ」です。その仕入れ方について、僕が普段やっている仕入れ方法の全てをノウハウに詰め込んでいます。

 

・月に10万円の副収入が欲しい人

・副業を考えている人

・会社員以外の収入を作りたい人

 

当てはまる方はご検討ください。

ノウハウをご希望の方はこちらをクリックしてください。

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。