FBAを使う事で作業時間を大幅に削減しよう

FBAとは?

Amazonをお客様として普段使っている人だとFBAという言葉を聞いた事が無いという人は多いでしょう。ただ、Amazonで商品を買った事がある人は知らない間にも必ず利用しています。特にAmazonプライム会員になっている人とか。商品を購入する時に、商品がすぐに届くのか時間がかかるのかの判断として、Amazonから商品が送られてくるのか、出品者が直接送って来るのかを確認したことはありませんか?下の画像を見ると、価格の横に「プライム」と書かれている商品は全てAmazonからの発送と書かれていますね。送料も無料です。

プライムと書かれていないものはほとんどが送料がかかりますし、Amazonからの発送ではありません。FBAと言うのは、商品をAmazonの倉庫に保管をして貰い、商品が売れた時に自分で送らずにAmazonがお客様の元へ商品を出荷してくれるサービスを指しています。プライムと書かれている商品は全てAmazonの倉庫に保管されている商品になります。

 

一つひとつの商品を配送するのは手間

FBAを活用する事での利点はたくさんあります。まず商品在庫を家で保管する必要が無くなります。10個や20個程度の在庫ならば家でも保管は出来るでしょうが、100個200個になってきますと、商品の在庫を保管するのは大変になってきます。そして商品が増えるにしたがって、毎日売れる商品も増えていくでしょう。そのたびに一つひとつをお客様の元に発送をしていくのは割と大変な作業です。その点FBAを利用しておけば、30個前後でしょうか、ある程度家に商品在庫が溜まった時にまとめてAmazonに商品登録をして、Amazonの倉庫に発送をして保管をして貰います。これなら月に数える程の納品作業・出荷作業で終わります。まとめて出来るので楽ですし、商品を一つひとつ送る必要は無く、まとめて送る事が出来るので時間の節約も出来ます。

 

FBAは必ず使おう

ですのでFBAは必ず使いましょう。最初はやったことがないので多少手間はかかるかもしれませんが、2,3回もやればFBAの使い方もなれます。そしてFBAに慣れると絶対にこちらの方が楽だということがわかります。FBAはメリットこそはあっても、デメリットはありません。必ず使うようにしましょう。

 

FBAに関しては他に記事も書いています。この二つもとても大切ですのでFBAを使う場合は必ず読みましょう。

段ボールに入らない大型商品をFBAで送る方法

FBAを使う際には必ず納品先を固定しておこう

 

FBAの手数料はどのくらいかかるか

FBAを使うには、多少の手数料はかかります。商品を保管してもらう費用(在庫保管手数料)、商品を発送してもらう費用(配送代行手数料)、こちらの2点です。

 

僕は手数料に関してはたいした価格ではないので正直気にした事がありません。笑

詳しく知りたい人はAmazonがPDFでFBA手数料の詳細を作っていますので、そちらを確認してみてください。

「FBA手数料詳細」

 

FBAでAmazon倉庫に送る際にやるべき作業

ではFBAの利点を説明したところで、FBAでAmazon倉庫に納品をするやり方についてお伝えします。詳しくはもちろんこちらもAmazonが詳細を作ってくれていますので、ご確認ください。

こちらのブログの記事では「これだけは知っておいた方がいい」といった要点のみを説明しています。

「フルフィルメント by Amazon 実践マニュアル」

 

まず覚えていてほしい事

まずFBAをする際に必ず覚えておかないといけない事は、

・全ての商品バーコードにAmazon専用のラベルを貼る(元々の商品についているバーコードはラベルを貼るか、何かで隠すかをして、見えないようにして納品をしないといけない)

・Amazon倉庫に出荷をする際は、段ボールの外側に納品ラベルを貼らなければいけない(これを貼っておかないと、Amazon側が誰から来た商品かがわからない為)

・発送が完了した後は、Amazonに発送完了の通知を送り、発送の際に頂いた明細に書かれた「追跡番号」をAmazonのページに入力をしなければいけない。

最初は忘れがちで、でも必ずやらないといけないリスト3点です。これだけは絶対に忘れないでやるようにしましょう。

 

出品者の作業の流れ

作業の流れとしては3つです。

1、商品登録

FBAのご利用は、Amazon出品(出店)サービスに出品している商品のみ対象となります。まずは、Amazon出品(出店)サービスにご登録いただき、オンライン上の出品管理ツール(セラーセントラル)から商品を出品します。

 

2、FBA対象に変更

商品登録が完了したら、セラーセントラルの在庫画面より、FBAに出荷したい商品を選択、出荷元を「出品者から出荷」から「Amazonから出荷」に変更します。その後、セラーセントラルでAmazonフルフィルメントセンターに納品するための手続きを行います。

 

3、フルフィルメントセンター(Amazon倉庫)へ納品

セラーセントラルから必要書類を印刷し、書類を所定の形で対象商品に貼付し梱包。あとは、配送業者を利用して商品をAmazonフルフィルメントセンターへ納品するだけ。

詳しくチェックしたい方はフルフィルメント by Amazon実践マニュアルをご確認ください。

 

FBAを使う事でAmazonがやってくれる事

上記の出品者がやる作業の3まで終わると、Amazon側がやってくれる事をご紹介します。

1、商品受領・販売開始

出品者様からフルフィルメントセンターへ納品された商品は、受領完了から通常48時間以内に自動的にAmazon.co.jp上で販売開始になります。販売開始後、Amazonから出品者様へ販売開始の通知をメールにてご連絡します。

 

2、受注管理・ピッキング・梱包・発送

24時間365日休むことなくAmazonがスピーディーに商品の受注管理・ピッキング・梱包・発送を行います。出品者様も配送状況や購入者の情報を出品管理ツール(セラーセントラル)上で確認することができます。

 

3. カスタマーサービス・返品対応

配送や返品に関するカスタマーサービス、また返品受付もAmazonが対応いたします。

 

FBAに関しては他に記事も書いています。この二つもとても大切ですのでFBAを使う場合は必ず読みましょう。

段ボールに入らない大型商品をFBAで送る方法

FBAを使う際には必ず納品先を固定しておこう

 

アービトラージを利用した在宅ビジネスをしたいと思った方へ

こちらのブログを読み、アービトラージを利用した在宅ビジネス(せどり)をされたいと思った方にノウハウを作成しています。

こちらの在宅ビジネスは全て在宅だけで完結がするビジネスです。

 

やる事は「仕入れ」と「出品」がメイン。出品については誰でも簡単にできますが、仕入れについてはある程度のコツが必要になってきます。「利益が出て」かつ「すぐに売れる商品」を仕入れる為には、商品の見つけ方を知らないと中々見つけることは出来ません。この在宅ビジネスで一番重要な点が「仕入れ」です。その仕入れ方について、僕が普段やっている仕入れ方法の全てをノウハウに詰め込んでいます。

・月に10万円の副収入が欲しい人

・副業を考えている人

・会社員以外の収入を作りたい人

 

当てはまる方はご検討ください。

ノウハウをご希望の方はこちらをクリックしてください。

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。