登山の楽しみ方って何があるの?

登山に少し興味が出たけど、実際どんな楽しみがあるのかな?って思って中々次の一歩が踏み出せない人に読んで欲しい内容です。

 

重たいもの担いで坂道歩いて何が楽しいの?

登山にあまり興味が無い人によく言われる言葉です。笑

実際登山に行かれた事が無い人はこういう風に思われる方が多いと思います。飛行機や新幹線と便利な乗り物がどんどん出来てきているのに、わざわざ歩いて目的地に行くとか、しかも山って、意味がわからん。みたいな。笑 僕も数年前まではこう思っていました。しんどい事はしんどいのですが、登山を始めてからは僕自身登山の楽しみを実感するようになりました。小さな頃に両親に連れられてよくキャンプに行っていたので、元々自然が好きだったのかもしれないですね。登山の楽しみって自然が気持ち良いとか、山頂でのお酒がおいしいとか、下山後の銭湯が最高とか、登山をしている人は人それぞれ色々とあります。ただ僕がそれ以上に楽しいと感じる部分は違う処にあって、でもこれは感覚的な部分ですので上手く伝える事が出来ないのですが、登山の計画を立てて、そして家を出てから帰ってくるまで、1-10を全て通して楽しいと感じるというか。

どれも欠ける事はできなくて、登山の全てを通して楽しいと感じています。もちろん登山は自然が相手ですので、ハプニングもよく起こります。でもそのハプニングもまた1-10の中の1つでして、楽しかった記憶として残ります。しんどい事も多いですし、というか基本しんどい事をしているのでしんどくて当然なのですが、終わって帰ってきたらやはりそのしんどかった事も楽しい記憶の1つになっているんです。上手く伝える事が出来ませんが、僕の登山の楽しみはこんな感覚的な部分です。でもそれだけじゃあやはり伝わりませんので、一つひとつお伝えしていきます。

 

自然の中を歩いているだけで気持ちが良い

都会にいるのと、一歩登山道に入るのとでは、やはり空気が違います。夏場だと少しひんやりと感じますし、なんとなく落ち着くような気分になるというか。普段仕事なんかをしていると歩かない土の上を歩いたり、中々見ない草や花、木を見てみたり、後は登山ではすれ違いに挨拶をする習慣もありますので、それもまた良いなあってなります。そして山頂の景色はやっぱり最高です。山によって景色は変わりますし、標高の違いでも全然景色は変わってきますが、山頂まで登った達成感もありながらの景色はやっぱり何度登っても良いものです。

 

自然が相手なのでハプニングも当然起こる

ただやはり相手は自然です。ハプニングは当然頻繁に起こります。雨が降ったり、歩いていたら滑ったり、ちょっと道に迷ったり。毎回ではありませんが、何かとハプニング的な事は起こります。雨が降ると滑りやすくなるし、夏場だとサウナ状態になるし、そして山頂に着いても景色は見えないしであまり…というかいいことは全然ありません。少し道がわかりずらい部分があって、こっちかなー?とか思って歩いていると何か明らかに登山道とかけ離れている…なんて事もたまにですが、あります。どこかで何かがおかしい…と気付いて引き返して、あっ今の道じゃなくてこっちの道か。なんて事もあります。

高山に挑戦したら、多くの人が高山病でダウン…なんて事もありました。でも思い出に残る登山ってこういったハプニングがあった時なんですよね、なぜか。楽しい事も辛い事も全てが家に帰って来ると良き思い出になります。登山って不思議です。

 

山好きな人との山でする会話

自然以外にも、一緒に登山に行っている仲間との会話も僕は好きです。数人から多いときは20人近くで登山に行きますが、当然ながら皆山好きです。山好きな人はなぜかは知りませんが、素敵な方が多いです。僕はあまり社交的な方ではありませんし、仕事も自営で常に家で一人でやる仕事をしていますので、普段人と会話をする事はあまりありません。人との会話は好きなのですが、誰とでも仲良くなれる様な器用な性格ではありません。

偶然仲良くなった人たちが良い人しかいない事もあるかもしれませんが、自然体で会話ができて、同じ趣味の時間を共有しながら、「疲れたねー」とか「景色きれいだねー」とか、そんなたわいもない話かもしれませんがこんな会話をしている時間も楽しい事の一つです。もちろん、ずっと会話をしているわけではなく、登山に集中したい時、周りの景色を見たい時、そんな時は無理に会話を続けるわけではなく、一人ひとりが自分の時間を楽しみながら登山をする事もあります。山を通して仲良くなった人とはもっと深い話をすることも当然ありますが。そうやって登山では仲間と自由に自然体で会話をしたりしなかったり出来る事が良いですね。

 

僕のとある一週間の生活です。

⇒とある専業投資家兼、個人事業主の一週間の生活を晒してみる。

 

やっぱり山頂で食べるごはんとお酒

そして極め付けはやはりこれですね。山頂で食べるご飯と…お酒。笑 登山をしている人に、登山の良さって何ですか?と聞くと、半分以上の方は山頂でのご飯やお酒と答えるのではないでしょうか?それくらい、山頂では何を食べても美味しいのです。

 

何を食べても美味しい

山頂では何を食べても美味しいです。普段家で食べるカップラーメンも山頂だと少し味が変わったかのように感じます。笑 僕は普段おにぎりを朝に握ってから食べる事が多いのですが、一番美味しいと感じるのは、山頂でその場でバーナーで何か温かいものを料理した時です。温かくて出来立てのご飯を食べる時が最高です。

 

酒好きにはたまらない山頂でのビール

僕はお酒が大好きですので、必ず登山にはお酒を常備しています。ビールと日本酒をザックに入れて登山をしています。トイレが近いので、山頂にトイレが無ければ日本酒、トイレがあればビール、そんな感じで山頂でのお酒を楽しんでいます。

 

下山後の銭湯とお酒

そして最後です。下山後の銭湯と、またまたお酒。これまたどちらも登山の醍醐味です。

 

疲れと汗を流す銭湯

冬場では体を温めに、夏場では汗を流しに、登山後に銭湯はほぼ必ず行きます。登山で疲れた体をゆっくりと温めて、汗をしっかり流し、明日への疲れを軽減させます。

 

一緒に行った仲間で軽く一杯

銭湯後は軽くお酒を飲みながらご飯を食べて、解散をする事が多いです。場所にもよりますが、登山近くの最寄り駅は都会にあるようなチェーン店ではなく、個人店が多いので、いつもと違った雰囲気のお店を楽しむことが出来ます。

 

登山は楽しい事がいっぱい

いかがだったでしょうか。

登山は楽しいことがいっぱいです。登山の良さ、楽しさが一つでも伝わってくれていればと思います。もし登山に興味を持った方はとにかく一度、まずは登山に行ってみてください(^^)/

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。