OANDAを活用したドル円トレード戦略 ・結果

2018/5/8よりドル円のトレード始めました。

株式投資を始めた2012年からドル円のトレードも同じように手を出していたのですが、2018/5/8より手法をしっかり確立させた上でドル円のトレードを始めました。このやり方で継続したプラスを出せるのか出せないのかはやってみないとわかりませんが、自分を成長させるため、そして参考になる人もいるかと思い、ドル円のトレード戦略や結果についてNOTEで情報発信をしていきます。

⇒NOTE-OANDAを活用したドル円トレード戦略 ・結果

 

FX関係の記事もいくつか書いています。

⇒FX会社で口座開設をする際に重視するべきポイント

⇒FXでスプレッドが0.1銭差で年間どれくらいコストが変わるか

 

手法としてはチャートとOANDAのオープンオーダー・ポジションを活用

手法として見るべき指標はたった2つです。

5分足と15分足のチャート、そしてOANDAのオープンオーダー・ポジションです。

全体的な方向感を見るために、1時間足や4時間足、日足を見ることもありますが、エントリーをする際の足としては5分足と15分足の2つです。

 

そしてOANDAのオープンオーダーは需給を見るために活用しています。どの辺で指値買いや指値売りが多いのか、どの辺でロスカット(逆指値)したい人が多いのか、オープンオーダーを見ることで投資家の心理がなんとなくわかってきます。その心理を読み取りそれらをトレードに活かしていきます。主に見るのはオープンオーダーでオープンポジションはおまけです。見方や使い方に関しては下記のURLに載っています。

OANDAのオープンオーダー・オープンポジションのURL

⇒OANDAオープンオーダー・オープンポジション

 

利確・損切は必ず10pipsでする

利確や損切はエントリーした時点でエントリー価格から10pips上と下に注文を入れます。どんな動きをしようが利確か損切に引っかかるまでは注文は変えません。

100.00円で”買い”でエントリーしたとするならば、110.10円に利食い注文(指値売り)、109.90円に損切注文(逆指値売り)を入れます。

 

勝率を上げることでトータルでプラスを残す

利確と損切の価格は同じなので、この手法では勝率を上げなければいけません。勝率を上げることでTOTALでプラスを残していきます。目標としては60%以上の勝率を目指します。

勝率が6割と仮定して、1日1回エントリーしたとするならば1か月の営業日を20日だとして、12勝8敗となります。これだと月間収益は+40pipsになります。

月に3回エントリーするならば、60回エントリーすることになるので36勝24敗となり、+120pipsとなります。

 

ドル円は流動性もしっかりしているので、プラスを継続して出せるならば後はロットを上げるだけで収益をしっかりと確保できる計算となります。

 

月に-100pipsやられたら売買停止

ちなみに月に-100pipsやられたら売買停止とします。

手法としてある程度やり方は決めたとしても、それで継続して利益を出せるかどうかはまだ何とも言えませんので、売買停止の条件もしっかりと作っておきます。

 

一日の-20pipsやられたら売買停止

1日のやられも決めています。-20pipsやられたら熱くならない為にもその日は売買停止としいます。

1日でやられ過ぎると-100pipsまであっという間ですからね。1日のやられはあまり多くしない為にも-20pipsと決めておきます。

 

やり方自体は非常にシンプル

ここまで読んで頂いて気付かれたと思いますが、やり方自体は非常にシンプルです。

“チャートとOANDAのオープンオーダー・オープンポジションを見てエントリーし、利確と損切は10pipsでしていく”

やるのはこれだけ。そして勝率は6割以上にしていく事を目標にし、優位性が高いポイントでエントリーを継続して行っていきます。全てのトレードで勝とうと思わず、10回やれば6回以上の確立で利食い出来るんじゃないか?と思う場面でのエントリーを継続していこうと思います。絶対に勝てる…と思うところでのエントリーならばエントリーポイントはグッと減ってしまうので、そうではなく”10回中6回は勝てるだろう”と思うところでのエントリーがポイントと意識しています。

 

参考になる人も多いと思いNOTEで提供

やり方自体は非常にシンプルなので、参考になる人も多いと思いNOTEで提供することにしました。もちろん相場日誌を残していく事は自分の為にもなるので、そちらの理由も大きいのですが。無料での提供はしておらず、1記事当たり200円頂いています(__)ただまだまだ継続した利益が得られる保証もありませんので、マガジンの価格はお安くしています。少なくとも2~3ヶ月ほどは1000円で提供していくつもりでいます。マガジンで購入して頂ければ、マガジン内の全ての記事はこれまでの記事も今後の記事も全て読むことが出来ます。マガジンをたとえ僕が値上げしたとしても、追加で料金を支払うことなく全て変わらず読むことが出来ます。

⇒NOTE-OANDAを活用したドル円トレード戦略 ・結果

 

2,3ヶ月やってみて駄目そうなら辞めるかも

ただお安く提供しているのにはもちろん理由があるわけで。2,3ヶ月このやり方を頑張ってみても継続した利益を上げられ無さそうであれば、この売買手法を辞める可能性もあります。その為2~3ヶ月の期間はお安く提供しています。何とか今後も継続した利益を上げられるよう頑張るつもりではいますが、やってみないとわからないので何とも言えません。

 

記事の書き方としてはこんな感じ

1つ1つの”ドル円相場日誌”の書き方は画像と文字を使ってなるべくわかりやすく簡単にお伝えすることを意識しています。画像はオアンダのページ、ドル円チャート5分足もしくは15分足、そして約定した価格と時間帯。

下の画像は”2018/5/10 ドル円相場日誌”です。

 

もともとOANDAはたばてぃんさんの書籍で知った

ちなみに。

OANDAのオープンオーダー・ポジションはもともとはたばてぃんさんが出版されていた本で知りました。読みやすく参考になると思いますので、興味ある方は是非一度読んでみてください。

 

 

ドル円のトレードをしている方に少しでも参考になりましたら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

FX関係の記事もいくつか書いています。

⇒FX会社で口座開設をする際に重視するべきポイント

⇒FXでスプレッドが0.1銭差で年間どれくらいコストが変わるか

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。