東赤石山で岩山を登る~瀬場から赤石山荘・石室越・八巻山を経由~

東赤石山とは

東赤石山は四国の愛媛県にある標高1,706.6mの山です。日本二百名山、四国百名山の一つに指定されている山。赤石の名前は東赤石山を形成する橄欖岩(かんらんがん)に含まれる鉄分が酸化して、岩が赤く見えることに由来するとのことです。特徴としてはなんといっても山頂付近にある岩山。そして高山植物が多い事です。岩山はトップ画像にあるようにこの岩を歩いていくので中々他の山にはありません。この岩山を登っていくことが今回の登山で一番楽しみにしていたことです。

 

東赤石山当日の登山予定

5:30 南国市役所(高知県の市役所です)

7:20/7:40 瀬場

8:40 瀬場谷出合

10:50 赤石山荘

11:30 石室越

12:30/13:00 八巻山

13:30/13:50 東赤石山

16:00 瀬場谷分岐

16:50 瀬場

18:30 南国市役所

 

・登山口から山頂までの標高差…約800m

・登山難易度(初心者/初中級者/中級者/上級者)…中級者(道はわかりやすいので道に迷うことは少ない山だと思います。岩山は登る場所を自分で探しながら進んでいかなければいけなですし少し危ないので人によっては危険だと感じるかもしれません。登山道には沢も多いので帰りは結構滑りやすくなるのでその辺は注意しないといけませんでした。ぐるっと回っていて歩行時間が長いので結構しんどいコースではあります。

・歩行時間…約8時間(登り約5時間、下り3時間)

・登山時期…2018/6/24

 

地図はこんな感じ。ぐるっと回る感じですね。エスケープルートとしては石室越を行かず赤石山荘から八巻山を目指すとか、東赤石山を行かずに八巻山から赤石越を南に行って下山とか、赤石山荘は湧き水もあるし山荘があるのでそこで一泊するとか、色々とあると思います。赤石越から赤石山荘に行く事も可能です。

ヤマケイオンラインで地図は見れます。

 

自然・登山・旅行の写真をInstagramにも載せています!

宜しければフォローお願いします。

アカウント⇒bboy_metaso

 

僕は高知勤労者山岳会という団体に所属しています。

高知県にお住まいで登山をしたいけどする人がいない…なんて方はこちらに所属して色々な山に登ってみませんか?

⇒高知勤労者山岳会

 

アクセスの方法・地図等

車を停めるところは登山口近くに橋があるのですが、その前後に少し隙間があるのでその辺に停められます。僕たちは橋を渡ったところにあるスペースに停めました。他の登山客が停めている場合もありますので、結構混む時もあります。実際に当日来た時は結構混んでいましてぎりぎり停められた…って感じです。

 

瀬場登山口から登山開始

それでは登山開始です。

瀬場登山口にはトイレがあります。その少し奥に行ったところに登山口があります。

大体登山口のトイレって汲み取り式のトイレが多いんですが、このトイレはなんと水洗トイレでした。笑 すぐ横に民家がありましたし普通に道路が目の前通っているので水が通せるんですかね。

このトイレを少し歩くと登山口に。

 

赤石山荘まではわかりやすい一本道

赤石山荘までは展望はききませんが、道に迷うことはほとんど無いくらいのわかりやすい一本道でした。

 

沢の横をずっと登っていくのですが、滝が多かったのが印象的でした。

 

前日に雨が降ったからか自然の香りが凄い

前日の夜に大雨が降っていたのが理由かはわかりませんが、登山道に入ってからは自然の香りが凄かったです。こういう香りがすると”登山ってやっぱ良いな~”って思わされます。沢沿いを登っていくので水の流れる音もずっと聴こえていて、それも良いな~ってなっていました。今回結構なしんどいコースだったのですがこの時はまだ登り始めで元気だったので、楽しく登れていました。

 

壊れそうな橋が多すぎる

少し注意しないと行けないのは、沢沿いを登っていくので橋が多くあります。その橋の多くが結構ぼろくて壊れそうになっている事です。

木、腐ってない?って橋もあって、しかもそこから落ちると沢に転落とか、数メートル下に転げ落ちるとか、そんな場所も多かったです。ここだけ注意しないと大きなけがをする可能性もあります。数年以内にどこかの橋が壊れて登山道として機能しなくなりそうな気もしています。

 

瀬場谷分岐点到着

瀬場谷分岐点到着です。

ここから赤石山荘の方へと向かっていきます。ぐるっと回るコースなので帰りは赤石山の方からこの分岐点に帰って来ることになります。先程載せたコースを再度載せたので画像で確認してみてください。

 

沢と登山道が交差するポイントに(二本橋)

瀬場谷分岐点から北東へと向かって次は二本橋と書かれているポイントに。

ここは沢と登山道が交差するポイントで、今まで左側で沢の音が聞こえていたのですがここを境に右側で沢の音が聞こえるようになります。

近くにカエルがいました。

 

山頂はディズニーのビッグサンダーマウンテンを思い出す

更に歩くとようやく開けた道に出てきます。

ここで山頂の様子が見えるのですが、ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンを思い出しました。画像じゃ伝わりにくいので是非生で見て欲しい景色です。

   

 

赤石山荘で水分補給

開けた道に出てから少し歩くと赤石山荘に到着です。

赤石山荘の裏に湧き水がありまして、そこで水分を補給することが可能です。

 

石室越を経由してとうとう岩山に

ここから少し西に行きます。時間的に厳しい場合や疲れがある場合は赤石山荘から石室越を行かずに、北へと登って八巻山を目指すのも一つです。時間を30分~1時間くらい短縮できそうです。

 

アスレチックやロッククライミングを楽しんでる感覚

そしてとうとう岩山に。

人生初めての岩山でした。どんなものかな~と思っていたのですが、アスレチックやロッククライミングやってる感覚で自分で登りやすそうな道を探し出して登り進んでいくのが楽しかったです。もちろん岩山ですし場所によっては手が滑って落ちると数メートル下に転落…みたいな場所もあるので調子の乗ってるとケガはするので慎重に進みましたが。意識することは3点保持ですね。手足4つのうち3か所をしっかり確保しておけば落ちることは中々ありません。2点保持だとどちらかが滑ってしまうと落ちてしまうので危険です。

 

八巻山で軽く昼ご飯

八巻山に到着です。

軽く昼ご飯を食べて、時間が押していたのですぐに東赤石山へ。

 

そこから更に東に向かって東赤石山へ

東へ30分程向かうと東赤石山到着です。

 

少し西に引き返した後、下山

少しだけ西に引き返した後、下山開始です。

標識があるので下山場所はわかりやすいです。

 

下山は石が多く沢も多いのでめちゃくちゃ滑る

下山は既に登りで疲れているので足の踏ん張りも中々聞かなく、しかも石が多いのでめちゃくちゃ滑って危険でした。

僕も3回くらい滑っていましたし他の登山仲間も滑ったりこけたりしていました。

 

行きの分岐点に到着

ずっと下っていくと、登りで通った瀬場谷分岐点に到着です。

ほとんど書いていませんがこの時点でめちゃくちゃ疲れています。笑 下りは本当にきつかったです。滑って危ないのでしんどいのに足を踏ん張らないといけない場所も数多くありました。

 

下山~

そして登ってきた道を再度下っていき、下山完了です。

楽しい岩山でしたが、長いコースで結構なしんどさでした。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)/

 

自然・登山・旅行の写真をInstagramにも載せています!

宜しければフォローお願いします。

アカウント⇒bboy_metaso

 

僕は高知勤労者山岳会という団体に所属しています。

高知県にお住まいで登山をしたいけどする人がいない…なんて方はこちらに所属して色々な山に登ってみませんか?

⇒高知勤労者山岳会

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。