ライブスター証券を口座開設するメリットとは

取引手数料がどこの証券会社よりも安い証券会社

ライブスター証券の一番メリットは他のどこの証券会社よりも総合的に取引手数料が安いこと。取引コストをとにかく安く抑えたいのであれば、ライブスター証券が一番おススメです。早速どのくらい他証券会社と違うのか比べてみましょう。

 

⇒ライブスター証券の口座開設はこちらから


早速手数料を比較

取引コストは現物取引だけではなく、信用取引手数料、先物取引手数料も比較していきます。

 

現物取引手数料を他証券会社と比較

ではまずは現物取引手数料から。

ライブスター証券の現物取引手数料です。

 

これだけを見てもわかりませんので、他社と比較してみましょう。

1注文毎の約定代金での比較です。

比較してみると一目瞭然ですね。現物取引手数料だと断然ライブスター証券が一番安いことがわかります。ただ、一回の取引だけで見ると取引手数料ってたいして差はありませんので、1日1回売買したとして40営業日(40回)売買した場合、どのくらい手数料が違うのかを比較してみましょう。

一番右の1,000万円だと、ライブスター証券とマネックス証券ならめちゃくちゃ大きな差がある事がわかります。SBI証券でも4,000円くらいの取引コストの差があります。SBI証券ではなくライブスター証券で取引をしていれば、全く同じ内容でも4,000円の取引コストが違うって結構大きいです。SBI証券を使っている人は多いと思いますが、証券会社を変えるだけで1回飲みに行けるくらいのコストの差があるわけですから。

 

続いては1日の約定代金合計金額での比較です。

30万円までは他社が安い場合がありますが、ある程度の約定代金合計額になるとライブスター証券が有利となります。ちなみにSBI証券、楽天証券、松井証券では1日の約定代金合計額が10万円までだと手数料が無料となっています。練習として資金を少なめに株式投資をしたいと考えている方はこの3社の口座開設をされる事をおススメします。3社とも口座開設をするならば、単純計算で1日に30万円までの約定代金ならば手数料が掛からない計算となります。

では先程と同じように、1日1回の取引を40営業日(40回)続けた場合取引手数料はどうなるか見てみましょう。

相変わらずSBI証券、楽天証券、松井証券は10万円の場合は取引コストが0円です。資金が少ない人はこの3社は口座開設しておいた方がいいでしょう。1,000万円で見ると違いははっきりとわかりますね。SBI証券とは相変わらず取引手数料は良い勝負していますが、他3社だと倍以上違っています。これだけ取引コストが高いと、株式投資である程度儲かったとしてもその儲けが手数料で消えてしまうので儲けることは中々難しいでしょう。

 

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

SBI証券の口座開設はこちらから

⇒SBI証券を口座開設するメリットとは

信用取引手数料を他証券会社と比較

まずはライブスター証券の信用取引手数料を見てみましょう。

 

他証券会社と比較していきましょう。

1注文毎の約定代金に応じての比較です。

一目見るだけでライブスター証券の手数料の安さがわかります。300万円越えだと手数料が無料になるわけですので、他証券会社とは取引手数料の差は雲泥の差ですね。

 

続いては1日の約定代金合計額に応じての比較です。

SBI証券、楽天証券、松井証券は現物取引の時と同じく10万円までだと取引手数料は0円です。50万円までだと楽天証券やSBI証券にも分があるので、資金の少ない投資家だと楽天証券やSBI証券を検討してみても良さそうです。

 

ちなみに。

信用取引をやりたいと考えているなら、ライブスター証券よりSMBC日興証券の方がおススメです。というのも、SMBC日興証券だと取引手数料が無料だからです。くわしくはこちらの記事に記載しています。

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

 

先物取引手数料を他証券会社と比較

では最後に先物取引手数料です。

先物ミニ手数料(1枚) 先物ラージ手数料(1枚) マザーズ先物手数料(1枚) OP手数料(1枚)
楽天証券 38円(税込41.04円) 278円(税込300.24円) 38円(税込41.04円) 売買代金の0.18%(税込み0.1944%)

 

SBI証券 40円(税込43.2円) 400円(税込432円) 38円(税込41.04円) 売買代金の0.2% (税込0.216%)

最低手数料 200円 (税込216円)

GMOクリック証券 (税込39円) (税込280円) 約定代金または権利行使・割当で発生する額の0.15%

※最低手数料210円

松井証券 40円(税込43.2円) 300円(税込み324円) 40円(税込43.2円) 約定代金×0.2%

最低手数料200円

岡三オンライン証券 40円(税込43円) 300円(税込324円) 40円(税込43円) 売買代金の0.16%(0.1728%)

最低手数料200円(216円)

ライブスター証券 35円(税込37.8円) 250円(税込270円) 約定代金×0.14%

(最低手数料:100円)

先物取引もライブスター証券が一番安いことがこの表を見てわかります。

ただし、デイトレードに限定するならば先物取引手数料は松井証券が一番安いです。先物でデイトレードを考えているならば松井証券を選ぶのが一番でしょう。松井証券の先物でのデイトレード(一日先物取引)の取引手数料です。

先物・OPについては詳しくは別記事でも記載しています。

⇒先物・OPをするならどこの証券会社が良いか?最安手数料会社を選ぼう

口座開設したら2か月間は全ての取引手数料が無料!!

ライブスターは取引手数料が他証券会社と比べて安いということは分かって頂けたと思います。

でも、それだけではありません。ライブスター証券は口座開設をしてから約2か月間は取引手数料が無料となっています。2か月間はどれだけ売買しても手数料が一切かからないんですから、お得すぎますね。

 

⇒ライブスター証券の口座開設はこちらから


デイトレードなら松井と楽天なら取引手数料無料だからおススメ

取引手数料がライブスターは安いですが、デイトレードに関しては松井証券と楽天証券は取引手数料が無料です。

デイトレードを検討している方は松井証券か楽天証券を選ばれることをおススメします。

 

⇒松井証券なら売買手数料無料でデイトレードすることができる

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

⇒松井証券のネットストック・ハイスピードの使い方

取引ツールはPC・スマホ共にある

取引ツールはもちろんPC・スマホ共に存在しています。

・PCツール

・スマホツール(android)

・スマホツール(iPhone)

・FXツール

 

注文方法も色々とあるので兼業投資家も嬉しい

FXではよくある注文方法ですが、株式投資では珍しく色々な注文方法もライブスター証券では提供されています。

日中相場を見れない兼業投資家には嬉しい注文方法です。

逆指値…逆指値S注文とは、設定した価格に到達する(逆指値条件)と、あらかじめ決めておいた注文が自動的に発注される注文方法です。逆指値条件は、現在価格に対して不利な条件を設定価格にする必要があります(買いの場合であれば現在価格より高い価格、売りの場合であれば、現在価格より低い価格)。

OCO…OCO注文は、指値注文または不成注文と同時に逆指値注文の予約が同時にできる注文注方法です。

IFD…IFD注文は、買付け注文と同時に、売却注文の予約ができる注文方法です。買付け後の注文には逆指値S注文も設定できるので、損切り設定なども可能です(信用取引の場合は、新規建注文と返済注文になります)。

IFDO…IFDO注文とは、買付け注文と同時にOCO注文の予約ができる注文です。OCO注文は、利益確定と損切り注文予約を同時に設定できるので、取引の最初から最後までを一つの注文で自動化できます(信用取引の場合は新規建て注文と返済OCO注文になります)。

 

口座開設は完全無料で10分もあれば終わる

いかがだったでしょうか?

ライブスター証券は総合的に取引手数料が安い証券会社となっています。デイトレなら松井証券や楽天証券に分がありますし、信用取引ならSMBC日興証券に分がありますが、TOTALで見るならばライブスター証券が一番取引手数料が安くなっています。とにかくコストを減らして株式投資がしたい!と考えている人はライブスター証券を使ってみてください。

 

⇒ライブスター証券の口座開設はこちらから



The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。