東孕コース 大海津見神社鳥居から鷲尾山へ(下山は深谷 親水公園)

鷲尾山に清掃登山へ

高知県は高知駅から一番近い山で初心者でも簡単に登れる山、鷲尾山に清掃登山をしてきました。ゴミ袋片手に山頂まで行ってきました。これは僕だけではなく、高知県に存在する3つの山岳会、高知労山、あるぷ、かめのこ全ての山岳会が色々なコースから鷲尾山へと登り、登山しながらゴミを拾うというイベントでした。

僕たちは今回東孕コースから宇津野山を経由して、鷲尾山へと向かいました。

前回違うコースでも鷲尾山と烏帽子山へ登山しています。詳しくはこちらの記事に記載しています。

⇒鷲尾山と烏帽子山にハイキング-高知駅から徒歩35分で登山口へ

鷲尾山 当日の予定

深谷(親水公園) 8:15(神社前は車が2~3台しか置けないので何台かはこちらに停めておきました。)

大海津見神社鳥居(登山口) 8:30/40

宇津野山 10:20/30

鷲尾山 11:20/12:30

下山 深谷(親水公園) 13:30

登山口から山頂までの標高差…約300m

登山難易度…初心者向け 道も一本道で迷うことも無いと思います。

歩行時間…2~3時間(上記の予定はゴミ拾いをしながらなので、少し長めに時間を取っています)

登山日…2018/12/02

一本道で迷うことは無いだろうがYAMAPのアプリは便利

スマホを持っている方はYAMAPのアプリはインストールしておきましょう。

機内モードにしていても稼働してくれるのでバッテリーは減りにくいですし、GPSで今どこにいるのか?がわかりますし、登山している山を先にダウンロードしておけば、ここからどう進んでいけばいいのか、その山はどんな地形になっているのか、全てわかります。めちゃくちゃ便利ですので必ずインストールしておきましょう。

今回のコースは一本道で迷いようが無いコースではありますが、GPSで今どこにいるかいつでも知れるというのは安心に繋がります。

大海津見神社鳥居前は車を置くスペースがほとんど無い

登山口には駐車場が無く、細い道路が走っているだけです。この場所は駐車はやろうと思えばできますが、2,3台しか停めることができませんし、駐禁取られる可能性もありますのでお気を付けください。。

僕たちはこんな感じで駐車しました。画像のすぐ右手に登山口である大海津見神社があります。

大人数での登山であれば親水公園に駐車をしておこう

中々無いでしょうが、大人数での登山であれば、深谷(親水公園)に駐車を何台かしておくのも一つです。こちらは比較的大きな公園ですし、公園内に駐車をすることが可能でした。

僕たちは親水公園に何台か駐車をし、2,3台に皆が乗り大海津見神社の方まで向かいました。(10人以上での登山でした)

大海津見神社 海抜0mからスタート

車を停めて、大海津見神社より登山スタートです。

ここは横がすぐ海になっているので、海抜0mよりスタートです。ここから300mくらい登っていきます。登山場所はグーグルナビで見るとこんな場所です。本当に端っこからスタートですね。

清掃登山という理由もあるが、意外ときついコース

鷲尾山は一度登った事があるのですが、前回の道と比べると東孕コースはゴールまでの距離が結構あるので鷲尾山の中では意外としんどいコースな気がしました。

もちろん清掃登山ですので登りながらゴミを探したり拾ったりしていたのでその分余分に歩いてきついと感じていただけかもしれませんが^^;

宇津野山までの登山中の写真色々と載せますね。

宇都山まで来たら後はもう少し

宇津野山まで到着したら、鷲尾山まではもうあと少しです。宇津野山に到着する少し手前にムカゴがたくさんありました。ムカゴは実も食べれますし、山芋ですので見つけた時に目印をつけておいて、上の部分が枯れた後に山芋を取り出すとそちらも食べることができます。

いつか自分自身で掘り出してみたいです。

鷲尾山到着

宇津野山から30分か40分程歩いて鷲尾山到着です。

以前行った時は山頂に着いても10人ほどしかいませんでしたが、今回は3つの山岳会と、後は別グループですがちびっ子たちが登山していて、100人くらいは山頂にいました。

高知の山でこれだけ山頂に人が集まるというのは初めてだったので、関東で登山していた時を少し思い出しました。関東だと登山をしている人も多いですし、環境も色々整っているので、山によっては何百人と山頂に人がいる山もあります。高尾山だと時期によっては渋谷みたいに人がいることも^^;

ゴミの回収 お昼ご飯 記念撮影

山頂着いてからはお昼ご飯を食べた後、ゴミが何キロかを図って、皆で記念撮影をしていました。

ゴミは確か…全体で30キロくらいだったと思います。100人近くでゴミ拾いをしたとは言え、それだけ大量のゴミが落ちていた事に驚きでした。僕自身、瓶を2個程拾って結構な重たさでした^^;

記念撮影では、ラジオのお仕事をされている伊藤実沙子さんが取材に来られていました。後日この時の様子がラジオで話されたようです。

帰りは違うコースで深谷(親水公園)を目指す

帰りは東孕には戻らず、深谷(親水公園)の方へと下山していきました。こちらの方が距離が短かったので、帰りは45分程で下山できた覚えがあります。道も一度だけ分かれ道があるくらいで、本当に簡単なコースでした。

親水公園到着後は車を回収して解散

下山完了後は東孕に駐車している車を回収して、解散。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)/

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。