2018/10今月のデイ・ポジショントレードの結果

【この記事を書いた人】元証券ディーラー めたん

現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作っている。株式投資の知識や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネスに興味がある人へ

2015/9より一ヶ月ごとの収益推移

2015/9 500,000

2015/9~12⇒1,041,634(+541,634)

2016/1~12⇒8,505,748(+7,464,114)

2017/1~12⇒14,353,457(+5,847,709)

2016年の年間トレード収益と今年の感想・来年の目標

2017年の年間トレード収益と今年の感想・来年の目標

2018/1⇒15,199,142(+845,685)

2018/2⇒15,931,096(+731,954)

2018/3⇒16,468,987(+537,891)

2018/4⇒16,889,104(+420,117)

2018/5⇒17,447,746(+558,642)

2018/6⇒18,286,146(+838,400)

2018/7⇒18,810,903(+524,757)

2018/8⇒19,463,715(+652,812)

2018/9⇒20,197,532(+733,817)

2018/10⇒21,462,995(+1,265,463)

10月トータルの月間収益

SMBC日興証券の収益

楽天証券の収益

松井証券-先物・OP(年間の収益)

松井証券-デイトレード(今月の収益)

今月を終えて。

今月は日経平均が年初来高値をつけたかと思いきや、そこから4000円近くも下落するという大きく動いた一か月となりました。大型も厳しかったですが、新興の方が更に厳しかったと思います。ずっと今年は新興銘柄がだらだら下げ続けていて、そして今月とどめをさされた…なんて人も多かったでしょう。リスク管理をせずレバをかけて買ってた人は追証はもちろん、退場するレベルで損失を出してしまった人もいると思います。

株式投資はたった一度のミスで退場のする世界です。2年3年と継続して利益を積み重ねていても、たった一回の暴落でその全ての利益…どころか種銭も失ってしまうのが株式投資の怖いところ。そしてその怖さに気付くのは儲かってるときじゃなくて、大損した時なんですよね。上手くいってる時って自分は天才なんじゃ?なんて思って、周りの声は聞こえませんし相場は自分の思ったように動くと勘違いし無駄にリスクを取り過ぎてしまいます。そうやって調子に乗ってしまった時に今月みたいな暴落が来てしまいます。僕も過去に何度か経験したことがあるので、今こんなことを書けるわけです。

損失を出すのは投資をしている限り仕方ありませんが、損失を出して悔しいだけで終わらすのではなく、次は同じ損失を出さない為にどうすればいいか?を必ず考えるようにしましょうね。一度のミスは仕方ありません。しかし、同じミスを2回してしまっては意味がありません。いつまで経っても勝てる投資家にはなりません。

僕も毎日失敗しては反省し、明日にどうやって活かすかを考えています。どうやれば日々プラスを出し続けることができるか?どうやれば無駄な損失を出さないようにできるか?そんなことばかりずっと考えています。今月は今年一番儲かっていますが、だからと言って楽して稼げた日は一日たりともなく、毎日必死に行動し続けていたら勝手に結果がついてきた…みたいな感じです。物凄く嬉しいですが、これで調子に乗ってしまっては来月必ず痛い目を見ることはわかっています。

来月もいつも通り変わらず、調子に乗らず、まずは一日2万円の日当をどうやって確保するか?を考えて相場に向き合っていきたいです。

今月もお疲れさまでした(^^)

※この記事の感想をご自身のブログで書いてくれた方やTwitterでシェアしてくれた方は、(内容次第ではありますができる限り)僕のTwitterアカウントで拡散させて頂きます!TwitterのDMでご連絡ください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!