楽天証券を口座開設するメリットとは

誰もが1度は聞いたことがある楽天証券

“楽天”と聞けば誰もが一度は聞いたことのある会社でしょう。楽天カードや楽天市場・楽天トラベル等、様々なサービスを提供していて利用したことがある人も多いと思います。そんな楽天は証券会社のサービスも提供していて、証券業界内でも有名で初心者・経験者問わず使っている人が数多くいます。楽天証券の口座開設をするとどんなメリットがあるのか、こちらの記事で詳しくお伝えしていきます。

実は株式投資を始めた時に僕が初めて使ったのがこの楽天証券です。メインの証券会社として2年程使っていました。だから割と思い入れがあります。今(2018/7現在)は売買する頻度は減りましたがそれでも便利な機能が楽天証券にはいくつか備わっているので月に1度以上は必ず使っています。

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

楽天証券

楽天証券と他の証券会社との比較記事を作成しています。

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

無料口座開設をするだけで様々な情報を無料で入手可能

楽天証券を口座開設している人の中でも知らない人が意外と多いのですが、楽天証券は口座開設をするだけでたくさんの情報を無料で入手することが可能です。証券会社によってメリットデメリットって色々とありますが、楽天証券で僕が一番有益だと思うのがこの”情報を無料で入手できること”です。他の証券会社を口座開設してそちらで取引したとしても、このサービスがある限りは楽天証券も口座開設をしておくことをおススメします。

日経新聞が無料で読み放題

その中で一番大きなモノは無料で日本経済新聞社が提供するビジネスデータベースサービス「日経テレコン」を読むことができることでしょう。完全無料なので楽天証券で別に取引するつもり無いし…って思っている人でも口座開設だけはしておくことをおススメします。10分もあれば口座開設は終わります。口座開設しているだけで無料で日経新聞の内容を知ることが出来るので、それだけで大きなメリットですよね。

日経テレコンで提供しているのは以下の3つです。

・日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)

・過去1年分の新聞記事検索

・日経速報ニュースの閲覧

これらの情報が口座開設するだけで無料で手に入ります。日経新聞を購読している人は購読を辞めて楽天証券の口座開設をしてそちらで読んだ方が無料だしお得なのでは?と思ってしまうくらい有益なサービスです。

四季報もわざわざ買わずとも楽天証券で読める

そしてもう一つ。

四季報も楽天証券を口座開設するだけで最新号の内容を無料で入手することができます。四季報とは年に4回出版される分厚い本です。会社の情報が事細かに載っていて、投資家にとっては必須の本です。四季報を購入する為には一冊2000円くらいと意外と高いのですが、楽天証券を口座開設していると四季報の情報を無料で入手することができます。

会社四季報 2018年3集夏号

日経新聞と四季報の情報…この2つ実際に購入すると年間で数万円は確実にかかります。しかし楽天証券の口座開設をするとそれらが全て無料で入手できます。とりあえず楽天証券を使うか使わないかは置いといて、その情報をいつでも入手できるように楽天証券は口座開設しておいた方がいいのではないでしょうか。

銘柄探しに便利すぎる”スーパースクリーナー”

僕自身月に1回以上は使っているスーパースクリーナー。

スーパースクリーナーとは、業種や市場、そして他の検索項目等を自分で設定し、自分が投資したい銘柄を探し出す機能です。この機能を上手く使いこなすことによって、自分が今まで知らなかった良い銘柄を見つけ出す事も可能です。この機能を上手く使いこなして、投資銘柄の幅を広げていきましょう。

詳しい使い方はこちらで紹介しています。

⇒楽天証券のスーパースクリーナーの使い方

楽天証券

手数料はもちろん業界最安水準

手数料は言うまでもなく業界最安水準です。たくさんの情報を入手出来たり銘柄を検索しやすかったりと紹介してきましたが、楽天証券の口座で株の売買をして投資をしていくことも当然ながらおススメです。それは何と言っても手数料が業界最安水準で安いから。”安いから”という理由で楽天証券を使っている人は数多くいますし、株式投資を始めたばかりの僕が楽天証券を選んだのも安さが一番の理由です。後もう一つは知名度ですね。証券会社って株式投資を経験している人からするとどこが有名な会社でどこがマイナーな会社ってわかってきますが、投資を経験する前だと中々どこが信用できそうな会社かわかりませんでした。だからこそ自分の唯一知っている会社…楽天で口座開設をして株式投資を始めたのです。

楽天証券では手数料の形態がいくつかあるので色々と比較しなければいけませんので詳しく別記事で記載していますが、簡単に紹介しておきます。

・現物取引手数料

約定金額⇒手数料(税込金額)

5万円まで 50円(54円)

10万円まで 90円(97円)

20万円まで 105円(113円)

50万円まで 250円(270円)

100万円まで 487円(525円)

150万円まで 582円(628円)

3,000万円まで 921円(994円)

3,000万円超 973円(1,050円)

・信用取引手数料

約定金額⇒手数料(税込金額)

10万円まで 90円(97円)

20万円まで 135円(145円)

50万円まで 180円(194円)

50万円超 350円(378円)

手数料に関してはこちらの記事を一度読んでください。

⇒楽天証券での手数料のコース

取引をすればするほど楽天ポイントを貯められる

楽天証券では株式投資をしたり、投資信託をしたり、家族や友人に口座開設をして貰ったりすることで楽天ポイントをどんどん積み立てることが可能です。様々な事業を行っている楽天証券の強みですね。楽天カードを持っている人は楽天証券で取引をすることでどんどんポイントが溜まるのでお得です。持っていない人はこの機会に作ってみるのはいかがでしょうか?

FX・先物・投資信託・海外株式・商品・NISA・iDeCoと一社で全て揃えられる

楽天証券は株式投資だけではなく、投資と呼ばれるもののほとんど全てを備えています。楽天証券1社さえあれば自分が行いたい投資ほとんど全てを賄うことができるでしょう。

僕はこれまで楽天証券では株式投資・FX・先物・投資信託・NISAの5つを使ってきました。今はメインの証券会社として活用していませんが、それでも何かと毎月お世話になっている証券会社です。

⇒楽天証券で信用取引・FX等の申し込み方法

口座開設は10分もあれば終わる

いかがだったでしょうか。楽天証券の魅力が少しでも伝わっていましたら幸いです。

楽天証券では無料で様々な情報を入手できることが何よりおススメです。日経新聞の情報や四季報の情報でしたね。他の証券会社で取引をしようとも、情報を入手する為だけでも楽天証券は口座開設をしておいた方がいいです。いざという時に役立つ可能性が高いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットとは

楽天証券

楽天証券と他の証券会社との比較記事を作成しています。

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。