倒産しそうな株には手を出すな!買ってはいけない銘柄の見極め方

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

倒産しそうな会社の株には手を出さない。

株式投資ではどんな株を買えば儲かるのかはとても難しいものです。当然絶対に儲かる株なんてありません。銘柄の探し方はたくさんありますし、その探し方に正解はありません。同じ銘柄の探し方をしても、儲かる人と損をする人に分かれる事もあるでしょう。銘柄の探し方を考えるとキリがありません。それだけ色々な手法がありますし、難しいのです。

しかし買ってはいけない銘柄・倒産しそうな株に関しては限られています。リスクの高い銘柄に手を出さなければそれだけで株式投資で大きな損を出すことは防げます。こちらの記事では大きな損失を避けるために手を出してはいけない倒産しそうな株の見極め方についてお伝えしていきます。

株の最大のリスクは株価が1円になること

株式投資で最大のリスクとは、買った株が1円になることです。損切りをしていなければ自分の大切なお金をほとんど失ってしまうからです。これだけは必ず避けねばなりません。

ほとんどの株は株価が1円になることはありませんが、倒産するような会社だと株の価値が無くなり1円になる可能性があります。その為、倒産しそうな会社の銘柄は絶対に買ってはいけません。リスクが高いからです。

とは言っても倒産する会社なんて株を買う前には実際には中々わかりませんよね。絶対に倒産するかどうかわかる保証はありませんが、“倒産しそうな会社”だとある程度その会社の情報を見ていくと絞られてきます。

情報の全ては四季報で得られる

四季報さえあれば、その会社の中身がどうなのか調べることが可能です。四季報は年に4回発売されている投資家には必須の本です。

⇒四季報 最新号(Amazonのページ)

四季報は1冊あたり3000円弱と結構な価格がしますが、楽天証券では口座開設をするだけで四季報と日経新聞が無料で読み放題となっているのでお得です。もし楽天証券の口座開設をしていなければ、この機会にしておきましょう。

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットデメリットとは

楽天証券

倒産しそうな会社に共通している点

ではここからは具体例です。

実際に倒産しそうな会社かどうかの見極め方についてお伝えしていきます。こういった株に手を出さないだけで大きな損失を防げる可能性は高くなります。

毎年赤字の会社

まずは毎年のように赤字決算を出している会社です。赤字だと事業として利益を出すことは出来ていないわけです。赤字だと会社のお金は少しずつ無くなっていきます。そしていずれ会社のお金が無くなってしまうと倒産してしまいます。

毎年赤字を出しているような会社は、他の会社や銀行から信用されなくなってきます。お金を払ってくれるかどうかわからない会社と取引したくありませんからね。お金を返してくれるかどうかわからない会社に銀行はお金を貸したくありません。赤字が続く会社は社会的にどんどん信用が無くなっていき、その影響で事業もやりにくくなり、悪循環に陥ります。毎年赤字を出している会社には手を出さないようにしましょう。赤字を出しているかどうかは先程お伝えした四季報を見るとすぐにわかります。

営業CFがマイナス

聞きなれない言葉が出てきました。

営業CFとは、本業による収入と支出の差額を表します。営業CFがプラスであるならば、会社にお金が入ってきている状態です。逆に営業CFがマイナスであるならば、会社からお金が出て行ってしまっている状態です。と言う事は、営業CFがマイナスが続くと言うことは、会社からお金がどんどん無くなっている状態です。会社からお金が無くなっていくと経営は出来なくなります。

会社が黒字だったとしても、営業CFがマイナスの時はあります。ですのでいくら黒字経営だとしても安心してはいけないのですね。営業CFがプラスかマイナスかどうかはしっかり見ておきましょう。

“継続企業の前提に関する注記”は赤信号

赤字かどうか、営業CFがプラスかマイナスか、この二つをお伝えしましたが、経営が危ない会社にはもっとわかりやすい情報があります。それは、”継続企業の前提に関する注記”です。これが決算書なんかに書かれていると、倒産する可能性があると考えてください。いつ倒産するかどうかもわからないので、この注記がある銘柄は絶対に触らないようにしましょう。

リスクの大きな銘柄はリターンも大きい

以上株式投資をする上で売買してはいけない銘柄の共通点についてお伝えしてきました。最後に1つだけお伝えしておきたいことがあります。今回お伝えした条件の銘柄はどれもリスクが大きいです。当然ながらこういう銘柄は買う人が少ないので株価が物凄く低くなっていることが多いです。

倒産するかも…と思われて売られ続けている銘柄に何か好材料が出た場合、1週間2週間くらいで株価が倍増する事も少なくなりません。こういう投資方法は低位株投資と呼ばれています。リスク管理さえしっかりすることが出来れば、リスクはありますが大きなリターンを狙うこともできます。

詳しくはこちらの記事で低位株投資の説明をしているので興味がある方は読んでみてください。

⇒上昇相場に乗れない時は焦らずに物色されていない銘柄を探す

まとめ

株式投資では大きな損失を出さない事が大切です。その為にもリスクが大きな銘柄は極力手を出さないようにしていきましょう。しかし、リスクがあるのを分かった上でしっかりとリスク管理をすることができるのであれば、大きなリターンを狙って手を出してみるのも1つの方法です。

駄目なのは、リスクがわかっていないにも関わらずに倒産しそうな銘柄に手を出してしまう事です。株を購入する前には四季報を読んでリスクが無いかどうか確認をした上で購入するようにしましょうね。

⇒四季報 最新号(Amazonのページ)

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットデメリットとは

楽天証券

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

次はこちらです。

⇒株式投資の取引可能な時間帯とは?夜間はPTS取引なら売買可能!

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!