株価を決める要因はたった1つだけの理由しかない。

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

どうも。

 

持っている株が早く上がらないかな~

 

株式投資をやっている人は必ず1度は経験している思考だと思います。笑 しかし株価を決める要因はたった一つしかありません。それは、需要と供給です。

そんなの当たり前のことじゃん…。

って思ったそこのあなた。もう少しだけ読んでみてください。

 

株価が上がるというのは、株を買いたい人が売りたい人より多いから上がるのです。逆に、株価が下がるというのは、株を売りたい人が買いたい人より多いから下がります。理由はこれだけなのです。全て需給で決まります。

 

ですがほとんどの投資家は株が下がる理由、上がり理由を見つけようと必死になっています。株価が上がる理由や下がる理由が需給だけなのです。要は人の心理です。もちろんそこには決算やPER、PBR等の材料はあります。しかしそれは全て後付けになります。と言うのも、決算が良くて株価が上がる事があれば決算が良くて株価が下がる事もあります。

 

結局はその材料を見て、人の心理がどう動くのか。需要と供給になるということです。

 

株式投資と言うのは心理ゲームです。人の心理を読んで買ったり売ったりを行っていきます。人の心理を読める人が勝者となります。それが需要と供給を読むことに繋がっていくからです。投資をする際は必ずこの事は忘れないようにしましょう。

 

 

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!