相場で負けたときに読む本 実戦編

【この記事を書いた人】元証券ディーラー めたん

現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作っている。株式投資の知識や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネスに興味がある人へ

相場で負けたときに読む本 実戦編

 

著書 山口 祐介

 

この題名の通りだと、

株を経験されている方は全員が読まないといけない本です。笑

 

 

実際の内容は、

具体的な手法と言うよりかはメンタルを鍛える

本になっています。

 

 

何度もブログで言っていますが、

株で勝つならば手法も大事ですが

それと同じくらいメンタルを鍛える事も大事です。

 

この二つがあって相場で継続した収益を上げる事が出来ると

僕は考えています。

 

 

例えば中にある内容を少し引用すると、

 

「敗者は例外なくすべてのトレードで勝とうとします。」

 

「塩漬けをするトレーダー。ナンピンをするトレーダー。

 そして、これらを正当化するトレーダー。

 破滅するトレーダーの典型的な特徴です。」

 

「相場はつまらなく単純な作業である。

 それを理解できたときあなたは本当の意味で

 相場を理解したのです。」

 

「ポジションを持っているトレーダーがあれこれ

 悩んでいる姿を私は何百人と見てきました。

 『悩む』のは準備が足りないからです。」

 

「あなたが本当に勝ちたいのであれば

 まずは統計的に勝つことを考えましょう。

 それが上級トレーダーへの一番の近道なのです。」

 

「負けるトレーダーは簡単にルールを破ります。」

 

「ポジションを持つ前には、ポジションが逆に動いた場合のことを

 最初に考えましょう。」

 

「初心者トレーダーの多くは勝つことに神経が向かい勝ちになりますが、

 上級トレーダーは負けないことに全神経を尖らせています。

 

「あなたは一日中相場のことを考えていますか?

 相場で生活している人は一日中当然のように相場のことを

 考えています。」

 

「相場を好きになれないトレーダーはどれだけ努力しても

 相場で生活することなどできないのです。」

 

僕が線を引いたごく一部を引用しました^^

全てを引用すると長くなりすぎるのでほんとに一部です。

 

何か思い当たる事があれば買って読んでみてください。

 

 

投資をしているならば一度は目を通すべき本です。

 

何度も言いますが、

相場で勝つためには手法も大事ですが、

メンタルも大事です。

 

 

メンタル本を読んだ事が無ければ

一度でいいから読んで欲しい本です。

 

是非。

 

 

 

 

※この記事の感想をご自身のブログで書いてくれた方やTwitterでシェアしてくれた方は、(内容次第ではありますができる限り)僕のTwitterアカウントで拡散させて頂きます!TwitterのDMでご連絡ください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!