デイトレードなら松井証券で!!売買手数料が無料&プロ向けの取引ツールが使える

【この記事を書いた人】めたん:元証券ディーラー 。高知県在住。

現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ

デイトレードするなら松井証券が一番おすすめ

デイトレードをしたいがどこの証券会社を使おうかな…と迷っている方、松井証券を是非一度使ってみてください。僕は2014~2015/9まで証券ディーラーを経験後、2015/9より個人投資家となり、3年間はデイトレードだけで、それからはデイトレードとスイングトレードを使い分けて生計を立てています。

これまで5社の証券会社を使ってきましたが、デイトレードをするにあたっては松井証券が一番でした。もちろん今現在もデイトレードは松井証券で取引をしています。

松井証券をおすすめしたい理由はいくつかあります。

・デイトレードなら売買手数料が無料

・ネットストックハイスピードがデイトレード向きのツール

・デイトレード限定のプレミアム空売りができる

・一日の収益をすぐに確認する事ができる

松井証券でデイトレードをおすすめする理由について、これら4つを詳しく説明してきます。

 

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットデメリットとは

松井証券

証券ディーラーについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

⇒証券ディーラーとはどんな世界なのか 就職の仕方や業務内容・リスクについて

⇒証券ディーラーが使う取引ツールやモニターの枚数・内容を公開します

 

松井証券ではデイトレードなら売買手数料が無料

松井証券ではデイトレード限定で売買手数料が無料のサービスが導入されています。これはデイトレーダーにとってはとても有難いことでして、この売買手数料が無料のお陰で大きなメリットを出してくれています。今ではデイトレードをしている多くのトレーダーが松井証券を選択しています。

 

松井証券ではデイトレードは一日信用取引と呼ばれている

松井証券ではデイトレードのことを”一日信用取引”と呼んでいます。デイトレードとはなんら意味は変わりありませんので、松井証券のページにいっても驚かないでくださいね。

 

デイトレードにおける取引コストについて

先程もお伝えした通り、松井証券ではデイトレードの売買手数料は0円です。一日に50回や100回売買しても0円なので、これは大きなメリットです。普通ならばそれだけ売買してしまうと売買手数料だけで数万円かかってしまうので、デイトレードで収益を出しても売買手数料で相殺されてしまいます^^;

松井証券ではデイトレードでは売買手数料が無料ですが、金利・貸株料は発生します。金利・貸株料もデイトレードにおける取引コストです。この2つがデイトレードにおける取引コストにはなりますが、金利・貸株料という言葉を聞きなれない人もいると思いますので詳しく説明していきますね。

 

金利・貸株料について詳しく説明

信用取引というのは自分のお金を担保にして証券会社からお金を借りて取引します。その為信用取引で株を買ったり空売りしたりする際にはどうしても”金利”と”貸株料”がかかるんですね。信用取引で株を買う時には金利のみかかり、信用取引で空売りする時には貸株料(株を借りるためのコスト)のみがかかります。

松井証券のデイトレードでは金利と貸株料で2.0%のコストがかかりますが、金利・貸株料が2.0%というのがどのくらいのコストか簡単に計算します。100万円の株を金利2%で一年間持っていると20,000円の金利がかかります。デイトレード(一日信用取引)だと1日分の金利しかかからないので、20,000÷365=54.8円となります。100万円の株をデイトレード(一日信用取引)で売買すると54.8円のコストがかかる計算となります。この程度の取引コストだとほとんど無視してもいいと思います。

⇒信用取引のリスクとは-3つのリスクについて具体的に説明-

⇒信用取引とは?現物取引と比較してリスクリターンについて説明

 

デイトレード予定の銘柄を間違って持ち越してしまった時の手数料

もしデイトレード予定の銘柄を引けまでに決済せずに間違えて持ち越してしまった場合、大きな手数料が掛かってしまうので注意が必要です。

任意決済の手数料は約定代金×0.3%(最低手数料20円)(税抜)が適用され、新規建を行った翌日以降は建金額にかかわらず年利2.0%の金利・貸株料がかかります。

これ、少なく見えるかもしれませんが、結構大きな手数料です。100万円の株を持っていたとすると手数料は0.3%なので3000円です。めちゃくちゃ大きな手数料なので、デイトレードを活用する際には持ち越しだけはしないよう気を付けなければなりません。

 

楽天証券もデイトレードなら売買手数料が無料

楽天証券も松井証券と同じようにデイトレードなら売買手数料が無料のサービスを導入しています。同じように売買手数料が無料で金利と貸株料はかかります。

金利と貸株料が松井証券は2.0%でしたが楽天証券は1.9%と少し安いです。更に松井証券だと1注文当たりの約定金額が300万円を越える場合に金利と貸株料が無料となりますが、楽天証券の場合は100万円を越えたら金利と貸株料が無料となるので、取引コストは2社を比べた場合、楽天証券の方が安くなります。

それでも僕が松井証券を使い続ける理由はこれから説明する松井証券の取引ツール、ネットストックハイスピードがデイトレード向きの取引ツールとなっていて、とても使いやすいからです。

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

⇒マーケットスピード2武蔵のデイトレード設定方法・マイページ作り方について

⇒デイトレード向きの証券会社-売買手数料が無料の会社を選ぶ-

 

ネットストックハイスピードがデイトレード向きのツール

続いては松井証券が提供している取引ツール、ネットストックハイスピードについて紹介していきます。この取引ツールもとても使いやすく、デイトレード向きのツールとなっています。

 

証券ディーラー時代に使っていた取引ツールと似ている

僕は2014/4~2015/9と証券ディーラーと呼ばれる仕事を経験していたいのですが、この時に使っていた取引ツール(インタートレード)と松井証券のネットストックハイスピードが似ていて、デイトレード向きのツールとなっていてとても使いやすく作られています。

細かい事を言えばもう少しこうなってくれたら…という不満はあるにはありますが、個人向けの取引ツールではデイトレードで見るならば一番使いやすい取引ツールと言えるでしょう。

 

様々な目線で証券会社を比較した記事も作っています。

⇒主要証券会社を徹底比較!!-売買手数料・取引ツール・提供しているサービス-

 

デイトレードで作っている画面

僕はネットストックハイスピードがこんな画面を作って日々デイトレードをしています。個別株の板を5つ、先物の板を3つ、後は余力情報やポジションを確認するツールを立ち上げています。

 

どうやってこのツールを作っているかについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

⇒松井証券ネットストック・ハイスピードの使い方や魅力について

 

松井証券ではデイトレード限定でプレミアム空売りができる

 

松井証券ではプレミアム空売りといった、松井証券のデイトレード限定でできる特別なサービスがあります。

 

プレミアム空売りとは?

”制度・無期限信用取引では空売りできない、新興市場で人気の銘柄などを空売りできる「一日信用取引」向けの特別なサービス”これがプレミアム空売りです。

新興市場の人気銘柄は株式の調達が困難な場合が多いのですが、松井用件のプレミアム空売りだと空売りできる銘柄がいくつかあります。もし空売りでも収益を狙いたい…と考えている人は松井証券のデイトレード取引がおすすめでしょう。

⇒制度信用取引と一般信用取引の違いとは

プレミアム空売りはコストが高いのがネック

ただし、プレミアム空売りは取引コストが大きくなるのがネックになります。上画像にある”プレミアム空売り料”と呼ばれるのがプレミアム空売りに必要な特別コストです。これは銘柄によって変わってきますが、デイトレードでしたら売買手数料は無料ですが、プレミアム空売りの場合は約定代金の1%くらい手数料が掛かる事もありますので、取引コスト跳ね上がります。

プレミアム空売りをする場合はしっかりとコストを把握した上で空売りするよう、注意したいところです。

 

デイトレード中でも収益をすぐに確認できる

松井証券ではデイトレードでどのくらい収益が出せているかすぐに確認ができます。

松井証券にログインをし、上にある”一日信用取引”をクリックします。ページが切り替わったら下の方にいって、”株式売買損益”をクリックします。

 

そして右側の検索をクリックすれば、その日の収益が表示されます。買いと空売りの収支は別々で表示されるので、どちらで多く取れているのか、そしてその銘柄でプラスを出せているのか、しっかりと把握する事が可能です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

松井証券でデイトレードをおすすめ理由が少しでも伝わっていましたら嬉しく思います。デイトレードでは松井証券が一番おすすめなので、デイトレードをしようと考えている方は是非松井証券を使ってみてくださいね。

 

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットデメリットとは

松井証券

ブログで書いていることやTwitterで呟いていること、それ以外でもわからない・聞きたいことがある方はお気軽に質問・相談してきてください。誰かに相談したいけど身近に聞ける人がいない時に僕を活用して頂けると嬉しく思います。内容は一切問いませんが、大きな括りで言えば”お金について”の相談を受け付けています。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点です。一言で終わるような相談でも構いませんし、初心者みたいな質問で聞きにくい…と思うような内容でも是非どうぞ。

⇒ブログ運営者めたんに質問・相談したいことがある方へ

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!