松井証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

松井証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

国内主要証券会社の2社である松井証券とSBI証券のどちらが個人投資家にとって使いやすいのかを比較してみました。人によってメリットと感じる部分とデメリットと感じる部分は違うので独断と偏見での比較となっています。ちなみに僕は松井証券は2015/9より、SBI証券は2015年末あたりから使っています。松井証券は発注端末としてデイトレードをしたり先物のトレードをしたりする為に日々活用しています。SBI証券では情報端末として使用したり、iDeco(個人型確定拠出年金)を行ったりしています。数年使うことで見えてきた松井証券とSBI証券のメリットデメリットを2社を比較しながらお伝えしていきます。

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットデメリットとは

松井証券

SBI証券の口座開設はこちらから

⇒SBI証券を口座開設するメリットとは

SBI証券[旧イー・トレード証券]

松井証券とSBI証券の売買手数料を比較

まずは一番わかりやすくて証券会社を選ぶ上で大前提となる売買手数料から見ていきましょう。

売買手数料というのは数回程度の売買だとどこの証券会社であろうとそこまで大きな違いはありません。しかし数十回・数百回とトレードしていくに従って1回あたりの売買手数料が数百円の違いでも数千円・数万円と大きな差が出てきます。頻繁にトレードする人にとっては証券会社によって年間で数十万円くらい違ってくる可能性もあるでしょう。株式投資である程度儲かったとしても売買手数料を支払い過ぎると結局±0になったり、もしくはTOTALで損失になって終わったりする可能性があります。売買手数料は物凄く大切なのでどこの証券会社でやっていくのかを決める上で重要視していくべきポイントです。

松井証券・SBI証券共に10万円までの約定代金は無料

ちなみに松井証券もSBI証券も1日当たり10万円以下の約定代金であれば売買手数料は完全無料です。

⇒松井証券は一日当たりの約定代金額で手数料が決まります。10万円までの約定代金なら売買手数料は無料です(現物取引・信用取引どちらでもOK)

⇒SBI証券もアクティブプランのみ、10万円までの約定代金なら売買手数料が無料です(現物取引・信用取引どちらでもOK)

投資初心者の人は最初は勉強のために少額で投資を始められる方が多いのですが、松井証券もSBI証券も売買手数料は10万円以下なら無料なので少額でやっていくのでしたらどちらの証券会社もおすすめです。

SBI証券は1注文約定代金100万円超は主要ネット証券NO.1の安さ

SBI証券は”1注文約定代金100万円超は主要ネット証券NO.1の安さ”を強く宣伝しています。SBI証券は国内主要証券会社で口座開設数がNo.1で国内株式の個人売買代金シェアもNo.1です。要は日本で一番有名な証券会社だということです。

売買手数料も当然ながら国内主要証券会社の中でも最安水準となっています。楽天証券・カブドットコム証券・マネックス証券と比較した図を載せていますので比較してみてください。

それに比べて松井証券の売買手数料は全体的に高め

続いて松井証券。松井証券は一日定額コースしかなく、現物も信用もどちらも変わらない手数料体系となっています。SBI証券のように複雑では無くわかりやすい手数料体系ではありますが、松井証券は若干手数料が高めとなっています。

他の証券会社と比べても手数料は高いので、正直手数料で見る場合はおすすめできない証券会社です。

しかし松井証券はデイトレードなら売買手数料が無料

全体的に売買手数料が高めの松井証券ですが、松井証券には一日信用取引と呼ばれるデイトレードに特化した信用取引が存在します。一日信用取引で取引をするとデイトレードに限り手数料が無料となります。これはデイトレーダーにとっては物凄く有難いことでして、一日信用取引が存在するようになってからは日々の手数料を大きく減らす事が可能となりました。僕が松井証券をデイトレードで使っているのも一日信用取引という仕組みがあるからです。ただ、売買手数料が無料になるだけであって、”金利”と”貸株料”はかかります。信用取引というのは自分のお金を担保にして証券会社からお金を借りて取引します。その為信用取引で株を買ったり空売りしたりする際にはどうしても”金利”と”貸株料”がかかるんですね。信用取引で株を買う時には金利のみかかり、信用取引で空売りする時には貸株料(株を借りるためのコスト)のみがかかります。

松井証券の一日信用取引でかかる金利・貸株料です。

金利・貸株料ともに2.0%となっています。ただ1注文当たりの設定金額が300万円以上だと金利・貸株料も無料となります。売買手数料・金利・貸株料全てが無料ということは取引にかかる手数料が完全無料ということになります。お得すぎますね。笑

ちなみに金利・貸株料が2.0%というのがどのくらいのコストか簡単に計算します。100万円の株を金利2%で一年間持っていると20,000円の金利がかかります。一日信用取引だと1日分の金利しかかからないので、20,000÷365=54.8円となります。100万円の株を一日信用取引で売買すると54.8円のコストがかかる計算となります。

こちらの記事で更にデイトレード向けの証券会社については詳しくお伝えしています。

⇒デイトレード向きの証券会社-売買手数料が無料の会社を選ぶ-

総合的に見ると圧倒的にSBI証券が有利

総合的に見ると売買手数料は圧倒的にSBI証券が有利です。デイトレードに関してのみ松井証券が有利ですが、短期投資はもちろん中長期投資をしていくのであればSBI証券を必ず使った方がいいでしょう。それくらい売買手数料に大きな差があるからです。

松井証券とSBI証券のツールの使いやすさを比較

松井証券提供のネットストックハイスピードは発注端末として日々僕が使っているツールです。説明書を見ずとも感覚で使用することができ、たくさんの板を張り付けたり、クリック1つで株を買ったり売ったりすることができて、瞬時に注文することが必要なデイトレーダーにとっては物凄く有難いツールです。2015/9から使い始めましたが未だに大きな不満などは無く、便利に使わせて頂いています。

過去に証券ディーラーをしていたのですが、ディーラー時代に使っていたツールと松井証券のネットストックハイスピードは似ていて、プロ向きのツールとも言えます。デイトレードでしたら松井証券は手数料無料ですので、デイトレードをメインにしたい人だと松井証券をおすすめしたいですね。

僕は今こんな形に設定をして、ネットストックハイスピードを使っています。

ネットストックハイスピードの使い方や魅力については別記事で更に詳しく紹介しています。

⇒松井証券ネットストック・ハイスピードの使い方や魅力について

証券ディーラーについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

⇒証券ディーラーとはどんな世界なのか 就職の仕方や業務内容・リスクについて

⇒証券ディーラーが使う取引ツールやモニターの枚数・内容を公開します

情報端末として使っているSBI証券のHYPER SBI

SBI証券が提供しているツール、HYPER SBI。このツールにも毎日お世話になっています。HYPER SBIでは売買することは無いのですが情報収集として活用しています。

リアルタイムのニュースを見たり、市場別の値上がり率や出来高上位の銘柄を見たり、後は夜間にPTSの値動きを見たりしています。作っているツールはこんな感じです。HYPER SBIはあまり難しくなく説明書などを読まずとも感覚的に使えるのが有難いですね。

個人的には松井証券のネットストックハイスピードが有利

情報端末としてはネットストックハイスピードもHYPER SBIもどちらもしっかりと情報は取得できるのでそこまで差はありませんが、発注端末としては松井証券のネットストックハイスピードの方が断然有利でしょう。ですので取引ツールは総合的に見るとツールに関しては松井証券に分があると僕は思っています。

僕のPC設備やトレード環境について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

⇒デイトレードに必要なPC設備・トレード環境を紹介!-PC,モニター,椅子,机,証券会社,ツール,サイト-

株式投資以外の部分を比較

では最後に株式投資以外の部分を比較していきます。

株以外にどんな商品が売買できるのか、その証券会社にしかない独自のなにかがあるのか、その辺を見ていきます。

取扱商品の多さはSBI証券有利

SBI証券は国内で一番口座開設されているだけあって、SBI証券の口座開設をするだけでほとんど全ての投資商品を賄うことができます。PTS取引・外国株式・投資信託・債権・FX・先物オプション・ワラント・NISA・iDecoなどなど、扱っている投資商品はたくさんあります。国内株式以外にもいろいろな投資商品に手を出してみたい人にとってはSBI証券の口座開設をしておけばまず間違いは無いでしょう。

下の画像を見るとSBI証券と松井証券の取扱商品の差がわかります。

PTS取引は両社できるがSBI証券が有利

SBI証券・松井証券共にPTS取引も可能です。PTSとは”日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などにしたがって行われる取引所金融商品市場外取引”です。…と言われてもなんか難しいですよね。日中(9時~15時)が株式投資をする時間ですが、PTS取引だと日中以外の夜間(17:00~23:59)や朝(8:20~16:00)も取引ができます。参加者が少ない為流動性が低いのですが、物凄く株を安く買えたりすることもありますし、手数料が少し安くなったりするのでお得です。日中仕事で投資が出来ない人も夜間のPTS市場だと取引が出来るでしょうし、会社員の人にもおススメです。

ただPTS取引はSBI証券をおススメします。松井証券だと夜間は17:30~23:59の時間帯しかできないため、SBI証券より30分時間が少ないからです。楽天証券もPTS取引に参入していますが、SBI証券と比べると松井証券同様に時間帯が短いです。

[結論]デイトレードなら松井証券だが、中長期投資なら圧倒的SBI証券

では結論です。

デイトレードにこだわる方ならば松井証券が一番良いのですが、それ以外のスタンスで株式投資をするならばSBI証券が圧倒的に有利です。デイトレードを除く売買手数料が明らかにSBI証券の方が安すぎるので、短期投資はもちろん中長期投資をする方だとSBI証券で取引をしていく方が長い目線で見ると手数料はお得になるでしょう。平日お仕事されてる兼業投資家の方だと確実にSBI証券で株式投資をしていくべきでしょう。

どちらも10分あれば口座開設は可能

松井証券とSBI証券の比較はいかがだったでしょうか。どちらの証券会社にもメリットデメリットがあることを分かって頂けましたら幸いです。どちらを使っていくかは人それぞれでしょうが、僕はどちらの証券会社も日々使用しているので1社に絞る必要は全く無いと思います。どちらも使いそうだな~と思う方はこの機会にどちらの証券会社も口座開設を是非してみてください。10分もあれば終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

松井証券の口座開設はこちらから

⇒松井証券を口座開設するメリットデメリットとは

松井証券

SBI証券の口座開設はこちらから

⇒SBI証券を口座開設するメリットとは

SBI証券[旧イー・トレード証券]

僕が使っている証券会社4社を全て2社ずつ比較しています。

⇒SBI証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒松井証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

⇒松井証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とSBI証券どちらが良いか比較してみた

⇒楽天証券とGMOクリック証券どちらが良いか比較してみた

⇒松井証券と楽天証券どちらが良いか比較してみた

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。