投資を行う上での資金管理の重要性

どうも。

今日は資金管理の重要性についてお伝えします。

 

例えば投資資金が1000万円あったとします。あなたなら、この資金をどう扱いますか?

 

・常に買いポジションを1000万円にする。

・買いポジションと売りポジションを大体半々くらいにする。

・相場の状況によって、ポジションを大きく突っ込むこともあれば、200万や300万くらいに少なくすることもある。

 

やり方は人それぞれですね。

ですが、相場では資金管理と言うのは物凄く大事です。例えば大きく資金を突っ込んでいた時に、自分の思惑とは違う方向に動いたとします。その場合、まずすることは止血です。

投資で大事なことは、損失を小さくし、利益を大きくすることです。自分とは違う方向に動いていて、その時に大きく資金を突っ込んでいると、身動きがとれなくなります。その時はまずポジションを半分投げることをお勧めします。資金があればまた積みますことは出来るからです。

 

しかし資金を全て突っ込んでいると、大ダメージを受ける可能性があります。ポジションを減らすと、人は冷静に物事を考えることが出来ます。大きく資金を突っ込んでいると人は熱くなってしまいます。

自分の思惑とは違う方向に動いてしまった場合は、まずポジションを少なくしてみる事をお勧めします。そして考えてみて、自信があれば、もう一度買い直したらいいだけのことですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA