PBRとは

【この記事を書いた人】元証券ディーラー めたん

現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作っている。株式投資の知識や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネスに興味がある人へ

PBRとは、PERと同じで株価が割安かどうかを判断する指標です。「会社の純資産」と「株価」の関係を表しています。PBRが低いほど株価は割安で、PBRが高いほど割高です。PBR=1倍が基準となるので、1倍より高いか低いかで考えます。

 

⇒PERとは

⇒ROEとは

⇒ROAとは

PBRの計算方法

PBRの求め方です。

PBR(株価純資産倍率)= 株価 ÷ 1株あたり株主資本(BPS)

1株あたり株主資本(BPS)= 株主資本 ÷ 発行済株式数

 

こういった公式になります。

PBRは株価が割安か割高かを判断する指標でした。

公式を見ると、

株価が高いほどPBRは大きくなる(割高)

1株あたり株主資本が低い程PBRは大きくなる(割高)

株主資本が低い程PBRは大きくなる(割高)

発行済み株式が多い程PBRは大きくなる(割高)

 

割安かどうかの判断は全て逆になった時です。これは割高になる時と割安になる時を丸暗記するのではなく、一つひとつでなぜ割高になるかを公式と照らし合わせながら考えるとPBRという意味が理解できるようになると思います。大事な事は丸暗記ではなく、なぜそうなるか理解する事なので、何度も公式と割高になる理由を照らし合わせて見てくださいね。

⇒証券会社の口座開設の仕方を覚えよう

⇒口座開設する証券会社を選んできた理由と現在の使用用途について

PBRが1倍未満は理論上はお得

PBRは1倍が基準になるとお伝えしました。これより安ければ割安、高ければ割高です。割安の場合なぜお得になるのか。会社が解散した場合、株主は持ち株数に応じて株主資本を受け取る権利があります。要はPBRが1倍未満だとその株を持っておけば会社が解散すると儲かる事になります。こういった観点から、PBR1倍未満は割安ということになります。あまりのもPBRが低ければ、PBRが低いという理由で株が買われる事もあります。

⇒主要証券会社を徹底比較!!-売買手数料・取引ツール・提供しているサービス-

あくまで指標の一つ

PBRが1倍未満と言うのは、理論的にはありえない事です。しかし、PBRが1倍未満と言うのは意外と多くの銘柄で起きている事です。だからと言って、PBR1倍未満は全て買い!と考えるとそれが上手くいくとは限りません。あくまで指標の一つと言う認識を持っていた方が良いと思います。色々な指標を見て総合的に株を買うかどうかを判断することをオススメします。

 

⇒PERとは

⇒ROEとは

⇒ROAとは

 

※この記事の感想をご自身のブログで書いてくれた方やTwitterでシェアしてくれた方は、(内容次第ではありますができる限り)僕のTwitterアカウントで拡散させて頂きます!TwitterのDMでご連絡ください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!