株式投資には3つのリスクが存在する-リスクを知れば投資は怖くない-

【この記事を書いた人】元証券ディーラー めたん

現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作っている。株式投資の知識や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネスに興味がある人へ

株式投資における3つのリスクとは

株式投資を怖い怖いという人がいますが、それは株のリスクを知らないからです。リスクというものを知らずして株式投資をやってはいけませんし、リスクさえ知れば株式投資は怖くなくなります。

銀行預金だと金利が低いのでお金はほとんど増えませんが、減る事もありません。しかし株式投資はお金が増えることもありますが、逆に減ることもあります。リターンを求めればそれと同じくらいリスクもあるわけです。

株式投資のリスクを理解しないまま投資を行ってしまうと、自分の大切な大切なお金が全て無くなってしまうかもしれません。無くなってから勉強しだしても、後悔しても、もうそのお金は戻ってきません。必ずリスクを知った上で株式投資を行うようにしましょうね。

株のリスクは基本的に3つです。

・値下がりリスク

・流動性リスク

・倒産リスク

この3つのリスクは株式投資をする上で必ず知っておかねばなりません。1つずつ詳しく説明していきます。

※今回の記事では現物取引のみについての解説です。信用取引をする場合は更にリスクが増えます。信用取引のリスクに関してはこちらの記事で記載しています。

⇒信用取引とは?現物取引と比較してリスクリターンについて説明

⇒信用取引のリスクとは-3つのリスクについて具体的に説明-

値下がりリスクについて-株式投資のリスク-

株式投資をする上で誰もが一番想像するリスクが値下がりリスクです。自分が買った株価が値下がってしまい損をしてしまうリスクですね。1000円で買った株が600円になってしまうと1株当たり400円の損をすることになります。

株価は日々様々な要因で上がったり下がったりします。持っている銘柄に好材料が出たり、決算発表したり、その業界にとって何かしらの材料が出たり、日経平均が動くことで持っている株も連動したりと、色々な理由で動きます。

この変動を利用して投資家は儲けていくわけですが、100発100中で儲けられる人はいません。プロでも勝率は6割程と言われていて、10回中4回は持っている株価が下落をして損切りをしています。値下がりリスクの影響を小さくする為には、どこで利食いをするのか?損切りをするのか?を株を買う前に考えることが大切です。大きな損をする人は、株を買ってから損切りする場所を考えてしまっています。

値下がりリスクを小さくするためにも、株を購入する前に利食い・損切りポイントは決めておきましょうね。

⇒株は入口にあらず、出口にあり。損切り水準は買う前に決めよう。

⇒負けなければおのずと勝ちになる。投資ではリスク管理を徹底する。

⇒損切りの上手い人だけが相場の世界で生き残る。

流動性リスクについて-株式投資のリスク-

続いては流動性リスクについて。

聞いたことが無い人も多いかもしれませんが、流動性とは換金のしやすさです。換金とは株を買ったり売ったりすることです。

株式投資では株を買いたいと思った時、そこに売りたいと思う人がいないと買うことはできません。逆に株を売りたいと思っても買ってくれる人がいなければ株を売る事ができません。大きなザルがあってそこで株を買ったり売ったりするのではなく、株を買う時も売る時も必ず相手がいるわけです。誰もが知っているトヨタやみずほ等の銘柄は流動性が大きいのでいつでも換金が簡単にできますが、マイナーな銘柄だと売買が盛んで無いので流動性が小さく、換金するのが大変です。これが流動性リスクと言われます。

マイナーな銘柄だと1日で1度も売買されない銘柄もあります。そんな銘柄をたくさん買ってしまうと売りたくても売れませんし、無理やり売ろうとしてもとても不利な価格でしか売る事はできません。流動性の低い銘柄はそもそもあまり売買することはおすすめしませんが、どうしても買いたい場合はそのリスクをわかった上で、たくさん買い過ぎないようにしましょう。

倒産リスクについて-株式投資のリスク-

最後です。こちらは文字通り、会社が倒産するリスクです。倒産すると、株価は1円まで下がってしまいます。その銘柄に資金の100%を投資してしまっていると、投資資金の全てを失ってしまいます。

倒産リスクについては、100%の確率で防ぐことは難しいですが、いくつかの点に注意しておけばある程度は防ぐことはできます。詳しくは別記事で紹介しています。

⇒「倒産しそうな株には手を出すな!買ってはいけない銘柄の見極め方」

まとめ リスク管理をすれば投資は怖くない

以上3つのリスクについてでした。株をする際のリスクはこの3つだけです。信用取引をすればもう少しリスクは増えますが、基本的にはこの3つだと覚えておいてください。

リスクさえしれば、怖いものは無くなりますね。後はリスク管理をすればいいだけですから。この3つはしっかり頭に入れておいてくださいね。

※今回の記事では現物取引のみについての解説です。信用取引をする場合は更にリスクが増えます。信用取引のリスクに関してはこちらの記事で記載しています。

⇒信用取引とは?現物取引と比較してリスクリターンについて説明

⇒信用取引のリスクとは-3つのリスクについて具体的に説明-

※この記事の感想をご自身のブログで書いてくれた方やTwitterでシェアしてくれた方は、(内容次第ではありますができる限り)僕のTwitterアカウントで拡散させて頂きます!TwitterのDMでご連絡ください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!