信用取引のリスクとは-3つのリスクについて具体的に説明-

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

信用取引はリスクさえ知ってれば怖くない

信用取引は怖い怖いと言われていますが、リスクさえ知れば怖いものはありません。リスクさえ知ることができれば、後はリスクを避けるためのリスク管理さえ行えばリスクを回避できます。

信用取引を怖いと言っている人はこのリスクというものを知らないから怖いのです。信用取引についてのリスクはどんなものがあるか、それをこちらの記事でしっかり理解していきましょう。

信用取引における3つのリスクです。

・空売りで損失無限大のリスク

・レバレッジを掛け過ぎるとハイリスクハイリターン

・手数料の種類の増加(金利、貸株料)

現物取引のリスクのおさらい。

まずは現物取引のリスクについておさらいです。現物取引も3つのリスクが存在します。

・値下がりリスク

・流動性リスク

・倒産リスク

現物取引のリスクについて詳しくはこちらをどうぞ。

⇒株式投資には3つのリスクが存在する-リスクを知れば投資は怖くない-

信用取引のリスクとは

では信用取引のリスクについてです。こちらも3つあります。

・空売りで損失無限大のリスク

・レバレッジを掛け過ぎるとハイリスクハイリターン

・手数料の種類の増加(金利、貸株料)

では、一つずつ説明していきますね。

空売りでの損失無限大のリスク

信用取引では空売りが可能です。株式投資では株を安く買い高く売って利益を出すのが基本ですが、信用取引だと高い株価の株を(証券会社から株を借りて)売って、そして安くなったところで株を買い戻して(証券会社に借りた株を返す)利益を出すことも可能です。

そもそも信用取引とは?については別記事で詳しく書いています。

⇒信用取引とは?現物取引と比較してリスクリターンについて説明

現物取引のリスクで値下がりリスクについて紹介しました。現物取引の場合で最大の値下がりリスクは自分か購入した株価が1円になることです。株価が1円なんて滅多になりませんが、現物取引の場合は投資資金を全て1銘柄に投資している場合、価が1円になると投資資金の99%失うでしょう。現物取引での最大のリスクは、投資資金を99%吹き飛ばしてしまうことです。

しかし空売りの場合は損失が無限大となるので注意が必要です。株を買った場合は最悪でも株価は1円までにしか下がりませんが、株価というのは上限が存在しません。ということは空売りをした場合は理論的には損失が無限大となります。

具体例、1000円でとある銘柄を空売りしたとする

1つ具体例で空売りの怖さを紹介します。

とある株価を1000円で空売りしたとします。株価が1000円から下がれば利食いできるのでいいのですが、もし自分の考えとは逆に動いて株価が大きく上昇したとします。

もし株価が上昇して2000円になった場合、その時点で投資資金全額で空売りしていれば投資資金は全て失ってしまいます。しかし空売りの場合はここからが恐ろしいことになっていきます。株価が2000円では止まらずに、更に上昇していけば、損失は更に大きくなり、投資資金以上の損失になっているので借金となってしまいます。

ストップ高を付けていれば損切りしたくてもできない

”2000円に株価が上昇する前に買戻しをして損切りをすればいいのでは?”

と思ってしまいますが、もしストップ高が連日続いていれば損切りはしたくてもできませんよね。こんなことが起こる可能性って物凄く低いですが、株式投資という世界では99回勝っていても、たった1度のミスでお金を全て失う可能性のある世界です。

その為、空売りをする場合は最大限注意をしてやらないと、たった1度のやられで投資資金を全て失ってしまうので注意してください。

⇒空売りのリスクとは?下手なやり方をすると一発退場!買いは家まで売りは命まで

レバレッジを掛け過ぎるとハイリスクハイリターン

信用取引は自己資金の約3倍の資金を使って投資が可能となります。当然3倍の資金を使うと収益も損失も3倍になります。

これまで株式投資で継続して勝ってきてるし、フルレバレッジにして一気に3倍の利益を手に入れてやろう!なんて思ってフルレバで信用取引をする人が多いですが、収益も損失も一気に3倍になってしまうと今までと同じような投資は絶対にできません。

極端な話、100万円で投資をしていた人間がいきなり1億円の資金で今までと同じようにやれと言われてもできませんよね。それと同じです。投資資金や収益・損失というのはその人のレベルに合わせて少しずつ増やしていかなければなりません。急に増やしてしまうと、今までと同じようにすることはできないので注意をしましょう。

株式投資で勝つ為には、手法とメンタルと相場観の3つが合わさる事で勝てる投資家になれます。

⇒相場で勝つ為には”手法・メンタル・相場観”の3つが必要

手数料の種類の増加(金利、貸株料)

そして最後は手数料の種類の増加です。現物取引での手数料では、売買手数料の1つだけでした。しかし信用取引になると、更に二つかかります。

信用取引で株を買った時に、「金利」がかかります。

信用取引で株を空売りした時に、「貸株料」がかかります。

注意点は売買手数料のように買った時と売った時だけかかるものではなく、株を持っている間、常にかかってくるものです。金利も貸株料も証券会社によって率は変わってきますが、大体年間で2~3%くらいでしょう。100万円で信用取引をしていれば、年間で2~3万円の金利(または貸株料)がかかります。

そのため、信用取引で長期投資をすると取引コストが高くつきます。信用取引をしていくなら1ヶ月あたりの短期投資が向いています。長期投資なら現物取引にしておきましょう。

信用取引するならおすすめの証券会社

信用取引のリスクについて3つお伝えしましたので、最後に信用取引をしていく場合におすすめしたい証券会社について紹介します。信用取引はどこの証券会社でもできますが、やはり現物取引と違って金利と貸株料が別途かかりますので、売買手数料が安い証券会社を選びたいところです。

SMBC日興証券なら信用取引売買手数料は常に無料

SMBC日興証券でしたら、信用取引に限り売買手数料が無料といったあり得ないサービスを導入しています。信用取引の売買手数料が無条件で無料のサービスを導入しているのはSMBC日興証券だけです。とにかく取引コストを下げて信用取引をやりたいと考えているならば、SMBC日興証券を選びましょう。

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

SMBC日興証券 オンライントレード

楽天証券なら大口優遇を適用させれば信用取引売買手数料が無料

楽天証券であれば、大口優遇になれば信用取引の売買手数料が無料となります。条件をクリアすれば信用取引の売買手数料が無料になるサービスは各証券会社は提供していますが、その中でも楽天証券が一番条件クリアが簡単となっています。

楽天証券の大口優遇達成条件です。

達成する為には5つの方法がありますが、一番簡単なのは”本日の新規建約定金額の合計が5000万円以上”です。これを達成すれば3ヶ月大口優遇の適用を受けられて、信用取引の売買手数料が無料となります。

更に詳しくは別記事でまとめています。

⇒楽天証券の超割コース、大口優遇について

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットデメリットとは

楽天証券

まとめ

いかがだったでしょうか?

信用取引の3つにリスクについてわかって頂けたら嬉しく思います。

・空売りで損失無限大のリスク

・レバレッジを掛け過ぎるとハイリスクハイリターン

・手数料の種類の増加(金利、貸株料)

信用取引のリスクはこの3つでしたね。信用取引をやっていくのであれば、しっかりとリスクを知った上でやりましょう。そして一発退場する可能性があるようなリスクを取らず、しっかりリスク管理をした上で信用取引を行っていってください。

中古家電せどりの稼ぎ方の全てがこのメルマガに詰まっています。

副業したい人はメルマガ登録必須!!!

2019/6より本格的に中古家電せどりを始めるにあたって、尾崎さんの無料メルマガを登録しました。このメルマガの内容を実践するだけで僕は1か月で20万円以上稼ぐことができ、無料なのにあり得ないくらい内容の濃いメルマガです^^;

せどりに興味がある人は必須のメルマガです。尾崎さんより真面目にせどりに取り組んでいる人を僕は見たことがありませんし、誠実に情報発信をしている人も見たことがありません。1分で終わるので是非メルマガ登録をしてみてください。

⇒尾崎将康公式メルマガ

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!