信用取引とは?現物取引と比較してリスクリターンについて説明

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

⇒オンラインコンサル-投資・副業・節約-

信用取引はリスクがある?

株式投資の中で特に”怖い・リスクがある”と思われている1つに、信用取引があります。

「信用取引」をしたら破産する!

「信用取引」をしたら借金する!

「信用取引」だけはリスクが高いからやめておけ!

信用取引ではこういったイメージがどうしてもあります。実際にやり方を知らずに信用取引をしてしまい、投資資金を全て失ったり借金をしてしまったりした人も中にはいます。

ですが信用取引の意味・やり方・ルールをしっかり知っていれば、このような怖いイメージは無くなります。使い方さえ間違えなければ信用取引は株式投資をやっていく上でとても便利な武器となります。

こちらの記事では信用取引の意味と、現物取引と比べるとどのくらいリスクがあるかについてお伝えしていきます。

信用取引にリスクがあると言われる理由

信用取引にリスクがあると言われる理由は2つあります。

・自分の資金の約3倍近くの資金を使って投資ができるから

・株を買うだけではなく、空売りもすることができるから

この2点です。

信用取引は自己資金でやるものではなく、自己資金を担保にして証券会社からお金を借りて行う取引です。自己資金の約3倍近くの資金で投資が可能となります。

もう一つは株式投資は安く買って高く売るのは基本ですが、信用取引では高い価格の株を売りからエントリーして、そして安くなった時に買戻しをして利益を狙うことが可能となります。

これを空売りと言いますが、株を売りから入るというイメージが中々沸きにくいと思うので補足です。空売りでは、証券会社からまず株を借ります。借りた株を株式市場で売ります(空売り)。借りた株券は必ず返さないといけないので、タイミングを見て株価が安くなったところで株を買って(買戻し)、証券会社から借りた株券を返します。この一連の流れが空売りとなっています。

実際に空売りする時はいちいち株を証券会社から借りるといった手間はなく、クリック一つで空売りが可能です。

信用取引には金利・貸株料といった新たな手数料が発生

信用取引は証券会社からお金を借りて行う投資ですので、金利・貸株料が発生します。株を買う時には金利が発生して、空売りの時には貸株料(株を借りる料金)が発生します。

証券会社によって違いはありますが、大体どちらも年間2~3%くらいのコストとなります。100万円を信用取引でポジションを作って1年間持っていた場合、2~3万円のコストがかかる計算です。現物取引では一切かからないコストですので、信用取引をするのであれば長期投資ではなく、短期投資をしていくことをおすすめします。

信用取引をフルレバレッジで投資した場合

ではここからは現物取引と信用取引で取引した場合を比べていきます。信用取引でフルレバレッジで投資をするとどれくらいリスクがあるのか、逆に儲かる可能性があるのか、わかって頂けたらと思います。

資金は100万円で買いたい株の株価は1株1000円とします。

信用取引だとこの100万円を担保にして投資資金が約300万円となります。

現物取引だと1000株購入可能です。

信用取引だと(投資資金が300万円とすると)3000株購入可能です。

例1、株価が2000円(2倍)になった時

現物取引だと1000株買っていて株価が1000円から2000円に値上がりしているので、現物取引の場合は収益としては+100万円となります。信用取引だと3000株買っていて株価が1000円から2000円に値上がりしているので、信用取引の場合は収益としては+300万円になります。信用取引は投資資金の約3倍の資金を使えるので、上手くいけば利益額は大きくなります。

信用取引でフルレバレッジで投資をすると、株価が上がった時に大きく収益を出すことができるとわかりました。

例2、株価が500円(半分)になった時

では次は株価が下がった時を考えてみましょう。

現物取引だと1000株買っていて株価が1000円から500円に値下がりしているので、現物取引の場合は損失は-50万円となります。信用取引だと3000株買っていて株価が1000円から500円に値下がりしているので、信用取引の場合は損失としては-150円になります。

”…何かおかしくありません?”

なにかおかしいですよね。自分が信用取引をする為に担保として差し出した資金は100万円でした。しかし、100万円以上に損失が出てしまっています。これが信用取引の怖いところで、こういった時を追証と言います。追加証拠金…略して追証です。担保として出した資金が足りなくなってしまったから、証券会社が追加にお金を払えと言ってくるわけです。

信用取引では勝つ時は大きく勝てますが、負ける時も大きく負ける…。これがリスクが高いと言われる理由です。株式投資初心者は信用取引をやる場合は余裕資金でやることを心掛け、間違ってもフルレバレッジで信用取引をしないようにしましょう。

補足、空売りに関しては別記事で詳しく紹介

空売りに関しては信用取引でフルレバレッジで買う以上にリスクが高い投資手法となります。リスク管理を学ばずに空売りをするのだけは辞めておきましょう。どんなリスクがあるのかを知り、そしてそのリスクを避ける方法を知ってから、空売りはしましょう。

詳しくは長くなりますので別記事で詳しく紹介しています。

⇒空売りのリスクとは?下手なやり方をすると一発退場!買いは家まで売りは命まで

信用取引するならおすすめの証券会社

信用取引はどこの証券会社でもできますが、やはり現物取引と違って金利と貸株料が別途かかりますので、売買手数料が安い証券会社を選びたいところです。

SMBC日興証券なら信用取引売買手数料は常に無料

SMBC日興証券でしたら、信用取引に限り売買手数料が無料といったあり得ないサービスを導入しています。信用取引の売買手数料が無条件で無料のサービスを導入しているのはSMBC日興証券だけです。とにかく取引コストを下げて信用取引をやりたいと考えているならば、SMBC日興証券を選びましょう。

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

SMBC日興証券 オンライントレード

楽天証券なら大口優遇を適用させれば信用取引売買手数料が無料

楽天証券であれば、大口優遇になれば信用取引の売買手数料が無料となります。条件をクリアすれば信用取引の売買手数料が無料になるサービスは各証券会社は提供していますが、その中でも楽天証券が一番条件クリアが簡単となっています。

楽天証券の大口優遇達成条件です。

達成する為には5つの方法がありますが、一番簡単なのは”本日の新規建約定金額の合計が5000万円以上”です。これを達成すれば3ヶ月大口優遇の適用を受けられて、信用取引の売買手数料が無料となります。

更に詳しくは別記事でまとめています。

⇒楽天証券の超割コース、大口優遇について

楽天証券の口座開設はこちらから

⇒楽天証券を口座開設するメリットデメリットとは

楽天証券

まとめ

いかがだったでしょうか?

信用取引と現物取引を比較する事で信用取引のリスクの違いが分かって頂けましたら幸いです。信用取引は上手く活用すれば株式投資をやる上で大きな武器となりますので、リスクをしっかり知った上で使い方を間違えずに活用していってくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)

次はこちらです。

⇒株式投資でかかる税金-特定口座,源泉徴収ありを選択しよう!-

オンラインコンサル-投資・副業・節約-

Skype・line・zoomのどれかのアプリを利用してオンラインで投資・副業・節約に関する相談に乗らせて頂いています。お金に関する相談は中々知人や友人に相談できないモノ。相場で生計を立てている僕が投資や副業の不安を取り除かせて頂きます。

⇒オンラインコンサル-投資・副業・節約-

中古家電せどりの稼ぎ方の全てがこのメルマガに詰まっています。

副業したい人はメルマガ登録必須!!!

2019/6より本格的に中古家電せどりを始めるにあたって、尾崎さんの無料メルマガを登録しました。このメルマガの内容を実践するだけで僕は1か月で20万円以上稼ぐことができ、無料なのにあり得ないくらい内容の濃いメルマガです^^;

せどりに興味がある人は必須のメルマガです。尾崎さんより真面目にせどりに取り組んでいる人を僕は見たことがありませんし、誠実に情報発信をしている人も見たことがありません。1分で終わるので是非メルマガ登録をしてみてください。

⇒尾崎将康公式メルマガ

高知県限定:お金に関する個別相談会

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!