【初心者向け】デイトレードの始め方から儲け方までを徹底解説

剣山登山 見ノ越登山口からキレンゲショウマ群生地を寄り道

 8月の暑い季節に西日本2番目に標高の高い山、剣山(標高1,955m)へと登山に行きました。剣山にあるキレンゲショウマ群生地へ寄り道するのも今回の楽しみの一つです。剣山は四国の山にしては珍しく山頂近くへ行けるリフトがあったり山頂に飲食店や宿泊施設があったりと、比較的軽装の観光気分でも剣山山頂を目指せる山なので初心者の方でも安心して登山できるでしょう。

created by Rinker
¥2,200 (2021/12/01 05:14:38時点 Amazon調べ-詳細)

見ノ越登山口へのアクセスや登山道のルートについて

 まずは見ノ越(みのこし)登山口へのアクセスや登山道のルート、キレンゲショウマ群生地の場所を紹介します。

登山地図・登山コース・コースタイム・キレンゲショウマ群生地の場所

登山した日:2019年8月18日

9時00分  見ノ越登山口より出発

10時10分 西島駅

10時30分~11時00分 キレンゲショウマ群生地へ寄り道

11時30分 剣山山頂

12時30分 剣山山頂より下山(次郎笈方面に下山し、分岐を大剣神社へと向かって下山)

13時半 西島駅

14時半  見ノ越登山口 に下山

 見ノ越登山口からのコースは初心者でもお手軽に登れる登山コースでしょう。リフトを使用すれば山頂までは1時間半、リフトを使用しなくても2時間半あれば山頂に登れます。軽装で来られている人も多かったのが印象に残っています。リフト終点の西島駅には飲み物が販売されているので、最悪水分補給は山に登ってからでもいけるでしょう。西日本2番目に標高の高い山ではありますが、登山初心者でもお手軽に楽しめる山なので山頂付近にはたくさんの登山客がいました。

⇒剣山の天気予報

⇒YAMAPアプリ

⇒地理院地図

⇒剣山 ライブカメラ

⇒山小屋 剣山頂上ヒュッテ

 地理院地図の地図を印刷して山へ持って行っています。YAMAPアプリをスマホでインストールしておくと、登山中にマップが表示されるので道迷いのリスクをほぼゼロにできます。

 地理院地図で磁北線の表示方法は↓記事で解説していますが、【ツール】⇒【その他】⇒【磁北線】とクリックすれば磁北線が引けます。

【車】高知駅から見ノ越登山口までのアクセス

 見ノ越登山口付近の駐車場は「剣山 見ノ越第1駐車場」といった名前でGoogleマップに登録されています。高知駅からは2時間40分と結構時間がかかります。

剣山登山口の住所⇒〒778-0201 徳島県三好市東祖谷菅生

 駐車場は数十台の車が停められるのでよっぽどのことがない限り満車になることは少ないでしょう。近くに「剣山 見ノ越第2駐車場」もあります。

 駐車場の2階に行けばリフト乗り場があり、見ノ越駅から剣山山頂付近の西島駅へと行けます。

リフトについて詳しく知りたい方へ

剣山はリフトがあるので登山初心者でも安心

 リフト区間である見ノ越駅-西島駅は歩いて登ると約1時間かかりますが、リフトだと約15分くらいで到着します。西島駅から剣山山頂へは約90分弱で行けるでしょう。

リフトの料金や営業時間について
  • 料金

【往復】大人:1,900円、小人:900円

【片道】大人:1,050円、小人:520円

  • 営業時間

4月中旬~11月末頃 9時00分~16時30分

GWや夏時間(8/1~8/31)、10月土日祝日は 8時~16時半の営業

⇒剣山観光登山リフト株式会社

キレンゲショウマ群生地への行き方

 キレンゲショウマ群生地はリフト終点の西島駅から30分くらい登ると到着します。西島駅から登ると20分くらいで「刀掛けの松」に到着するので、そこから東に5~10分ほど歩くとキレンゲショウマ群生地が見つかるでしょう。キレンゲショウマ群生地はぐるっと一周回って元の場所に戻ってくることができます。

 ちなみに今回2019年8月18日に行き時期としては少し遅い時期でしたが、まだつぼみの状態になっているのも多かったです。8月に入ってから下旬くらいまでは見頃とのこと。

created by Rinker
¥2,200 (2021/12/01 05:14:38時点 Amazon調べ-詳細)

見ノ越登山口から剣山山頂までの登山記録

 実際に登山した日の記録です。

見ノ越登山口からリフト終点の西島駅まで

 見ノ越駐車場から登山口前の階段へ行くまでに民宿やご飯屋さんがいろいろとあります。右の階段を登ります。

 階段を登ると神社があります。剣山ではさまざまな場所に神社がありそれも印象に残っています。色々と歴史のある山なんだろうな、と思いました。

 登山道に入る直前に湧水が用意されています。飲み水に使えるとのことですがもちろん自己責任で。

 剣山山頂を目指して登山開始。登山口から山頂までは4キロです。標高が高いといっても真夏の登山はやっぱり暑いですね。ばてないようにゆっくりと登っていきます。

 登り始めて10分くらい経つとリフトが頭上を通っていきます。関東の山ならよく見かけますが、四国でリフトがあるというのはなんとも不思議な気分。リフトがあるからか驚くほど軽装の人も見かけました。

 さらにしばらく歩くと剣山山頂にある建物が見えます。この建物が見えたら後少しでリフト終点の西島駅へと到着するでしょう。

西島駅から刀掛けの松まで

 西島駅に到着。ここから山頂までは60~90分くらいかかります。リフトで来ている人からすると山頂までそのままリフトで行きたいかもしれませんが、1時間くらいは登山をする気分も味わってほしいと思ってしまいます。

 西島駅ではドリンクや雨具も販売されているので万が一の時も安心です。山頂に行けば食べ物屋さんもありますので、登山装具がほとんどなくとも山頂まで行けてしまいます。

 少し水分補給をして刀掛けの松へと出発。リフトの横から階段を登っていきます。

 階段上り始めてすぐ見える景色がとても良かったです。夏!って感じで気持ちいいですね。

キレンゲショウマ群生地へ寄り道

 20分くらい登ると刀掛けの松に到着。時間に余裕があるのでここから東へ行ってキレンゲショウマ群生地へ向かいます。30分強かけてゆっくりキレンゲショウマ群生地をぐるっと一周回りました。8月中旬に行ったので時期が終わっているかも?と言われていましたが、まだまだたくさん咲いていてつぼみの状態になっているのも多かったです。

刀掛けの松から剣山山頂まで

 キレンゲショウマ群生地から刀掛けの松に戻ってきて剣山山頂を目指します。ここから山頂までは30分くらいで階段を登り続けて鳥居が見えてくると到着です。

剣山山頂に到着

 鳥居をくぐると早速お店があります。お守りが売っていたりお食事処があったりします。

 標識が置かれている実際の山頂までは実はここから5~10分程歩きます。山頂付近はしっかりと舗装されていてとても歩きやすくなっています。綺麗なトイレや山小屋 剣山頂上ヒュッテもあります。山頂はとても広いのでさまざまな場所でのんびり休憩したりご飯を食べたりしている登山客がいました。

山小屋 剣山頂上ヒュッテ

 剣山山頂(標高1,955m)には標識が2個ありますが1つは文字がかすれていてほとんど見えなくなっています。一番景色が綺麗だったのは剣山山頂から見る次郎笈(じろうぎゅう)の景色。次郎笈は西日本3番目に標高の高い山で、剣山山頂からは稜線沿いに次郎笈峠を歩いていくと1時間くらいで到着します。今回は時間の都合で行けませんでしたがいつか行ってみたい山の一つです。

⇒地理院地図

次郎笈峠を下って大剣神社に寄って下山

 下山は次郎笈峠を下り途中で右折して大剣神社を経由してからリフト終点の西島駅へと向かいます。剣山山頂から見える次郎笈峠と次郎笈山頂です。本当に綺麗な景色でした。まずは次郎笈峠を下っていきます。

 このまま次郎笈まで行きたかったですが分岐が見えたので右折して大剣神社へと向かいます。

 分岐を右に行きしばらく歩いて大きな岩が見えると大剣神社はもうすぐそこです。大きな岩の手前に名水百選に選ばれている湧水、剣山御神水(つるぎさんおしきみず)があります。自己責任ではありますが飲める水なのでぜひ飲んでみてください。

 大剣神社から道なりに歩くと西島駅へと到着します。途中分かれ道はありますがどの道を選ぼうと西島駅は経由するので心配ありません。西島駅に着いたら登った道と同じ道を下山していきます。

 下山した後は車でのんびり帰宅しました。キレンゲショウマを鑑賞して初めての剣山に登れてよい一日でした。


created by Rinker
¥2,200 (2021/12/01 05:14:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA