レビュー&カスタマイズ|ロジクールKX800 MX KEYSワイヤレスキーボードを購入してみて

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

⇒オンラインコンサル-投資・副業・節約-

⇒別サイトでデイトレブログ毎日書いています

 

LogicoolのKX800 MX KEYSを購入

1年以上LogicoolのメカニカルキーボードG613を使っていたのですが、LogicoolのKX800 MX KEYSに買い替えをしました。キーボードとマウスはLogicool製品を1年以上前から使用していて、値段は少し高いですがその分性能が良くてめちゃくちゃ気に入っています。

KX800 MX KEYSのワイヤレスキーボードを実際に使ってみた感想やカスタマイズの仕方についてこちらで記事にしています。

⇒ ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証 

KX800 MX KEYSはAmazonの評価が物凄く高く、人気過ぎてどこも売り切れ状態

Amazonのレビューを見ると”さくら”かな?と思うくらい評価が高く、でも内容を読んでみると皆本当に気に入っているんだな…と思うくらい内容の濃いレビューを書いている人が多い印象でした。商品も人気過ぎて売り切れ状態だったので購入してから商品が届くまで1カ月近くかかりました。

今回新たにワイヤレスキーボードを買うにあたって結構色んな商品を調べまして、レビューや性能を総合的に判断するとKX800 MX KEYSが良さそうだと僕は判断しました。後はLogicool製品にたいしての信頼の高さも選んだ理由の一つです。

Logicoolは2年の無償保証の対応がしっかりしている

実は去年使っていたLogicoolのゲーミングキーボードG613が1年くらいでチャタリングと呼ばれる症状が出まして、Logicool公式サイトに連絡をしたら新品と交換してくれたんですよね。Logicoolの製品の多くは2年間の無償保証がついているんですけど、実際に壊れた場合にどんな対応をしてくれるかわからなかったのですが、誠実に対応してくれたのも信頼の高さの一つです。

新品のG613が届いたのでまたG613を使い続けるのも良かったのですが、いくつかの理由があって新たなキーボードを購入することにしました。G613は予備機として家に置いておくつもりです。

Logicoolの無償保証については別記事で書いています。

⇒Logicoolの2年間無償保証を活用してみた|キーボードの不良

コンパクトだが重量があり安定している

買い替えた1つ目の理由はコンパクトな商品が欲しかったから。G613はゲーミングキーボードなので一般的なキーボードと違ってプログラム可能なキーが6つついています。この6つのキーによって横幅がどうしても大きな作りになっています。それとは違いKX800 MX KEYSは余分なキーが無く、非常にコンパクトな作りになっています。

にも関わらず重量があります。薄型キーボードなのにも関わらず812gの重量なので安定感がとてもあります。文字を打っていても当然ぶれることはありません。

疲労感の少ないパンダグラフキーボード

僕自身はここ2,3年はメカニカルキーボードを使っていました。打ち心地はとても気持ちいいのですが、ある程度打ち込まないと反応しないので、どうしても長時間打っていると疲れが出てきます。

しかしKX800 MX KEYSはパンダグラフキーボードと呼ばれる種類でして、キータッチが軽い為、長時間の使用でも疲れにくい特徴があります。流れるようにタイピングもできるので、軽快なキータッチを好むユーザーから根強い人気があるとのことです。

PC3台まではワンタッチで接続を切り替えられる

ここはLogicoolゲーミングキーボードG613と同じで1タッチで複数のデバイスと接続することが可能です。①②③のボタンを押すだけでデバイスを切り替えることが可能なのでとても簡単です。1つは商品購入時に付属していたUSBレシーバーで接続し、もう一つはBluetoothで接続をしています。

僕はPC2台を使用しているのですが、片方はほとんどタイピングをすることが無い為、キーボードは1つあれば十分です。デスクのスペースも限られているので、寧ろ1つしか置きたくありません。ただし、片方のパソコンでは数字を打ち込むことが多いので、ワイヤレステンキーを購入しています。

※複数デバイスの接続の仕方について

付属のUSBレシーバーはPCに差し込めば自動で認識されます。更に2つ目のデバイスを認識させる場合は上画像の②もしくは③のキーを長押しして、その間に2つ目のデバイスから接続をさせます。僕の場合はBluetoothだったので↓画像のwindowsの設定⇒デバイス⇒Bluetooth接続をしました。

購入したワイヤレステンキーです。

⇒ ミヨシ MCO Windows用 ワイヤレステンキー 2.4GHz接続 5列・28キー アイソレーション式 ブラック TEN24G01/BK 

使用しているPCにはBluetoothが対応していなかった為、こちらのUSBアダプタを購入してBluetooth接続をしています。

⇒TP-Link Bluetooth USBアダプタ ブルートゥース子機 PC用/ナノサイズ / Ver4.0 / 3年保証 UB400

パームレストも必ず買っておくべき

ワイヤレスキーボード本体にはパームレストはついていません。別売です。2,000円しますが、僕は購入して良かったと思っています。というのもマウスを使っていた時もそうなんですが、毎日長時間パソコンを使うのでパームレストが無ければ腕が痛くなってきますし、マメが出来てくるんですよね^^;

⇒ ロジクール パームレスト MX10PR グラファイト キーボード用 国内正規品 2年間無償保証 

KX800 MX KEYSのカスタマイズ方法

では、ここからはKX800 MX KEYSのカスタマイズ方法について解説していきます。設定次第で自分好みにカスタマイズできるので、KX800 MX KEYSを購入したからには必ずカスタマイズをしておきましょう。

まずはLogi Optionsをインストール

まずはLogi Optionsをインストールします。多分USBレシーバーを差し込めば自動的にインストールの画面が表示されると思います。

⇒Logicool Optionsインストール画面へ

不要なボタンは反応しないように設定

キーボードを使っていてNum LockやScroll Lockを押してしまってイラついたことが無い人は少ないでしょう…。必要性を感じたことが一度もないボタンなので、僕は押しても反応しないように無効化しています。

F1~F12は自分の好きなキーとして設定できる

F1~F12は通常のFキーとしても使用できますし、自分なりに好きなキーとして設定もできます。もしくはLogicoolが最初に用意しているキーとしても活用できます。僕は特に活用方法が見当たらないので通常のFキーの設定にしています。

バックライトは電池消費が大きいので無効化にしている

手が近づいたら自動的にバックライトが点灯する設定になっているのですが、バックライトを点灯する設定にすると10日くらいで充電が切れてしまうとのことです。充電を頻繁にするのが面倒なので僕はバックライトをオフにしています。バックライトオフの場合は最大5か月間は充電せずに使用できるとのことです。

まとめ

以上、Logicoolのワイヤレスキーボード KX800 MX KEYSのレビューやカスタマイズ方法についてでした。ゲーミングキーボードG613もとても使いやすかったですが、今回購入したKX800 MX KEYSは更に使いやすくなっていて、これからも使い続けるのが楽しみな商品です。Logicoolさんには感謝ですね。

パームレストとワイヤレスキーボードの2点で16,500円と高額な商品ですが、スペックを求めている人にとってはそれだけの価値はあると僕は思います。迷っている人は是非購入して欲しい商品です。

⇒ ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証

オンラインコンサル-投資・副業・節約-

Skype・lineのどちらかのアプリを利用してオンラインで投資・副業・節約に関する相談に乗らせて頂いています。お金に関する相談は中々知人や友人に相談できないモノ。相場で生計を立てている僕が投資や副業の不安を取り除かせて頂きます。

⇒オンラインコンサル-投資・副業・節約-

中古家電せどりの稼ぎ方の全てがこのメルマガに詰まっています。

副業したい人はメルマガ登録必須!!!

2019/6より本格的に中古家電せどりを始めるにあたって、尾崎さんの無料メルマガを登録しました。このメルマガの内容を実践するだけで僕は1か月で20万円以上稼ぐことができ、無料なのにあり得ないくらい内容の濃いメルマガです^^;

せどりに興味がある人は必須のメルマガです。尾崎さんより真面目にせどりに取り組んでいる人を僕は見たことがありませんし、誠実に情報発信をしている人も見たことがありません。1分で終わるので是非メルマガ登録をしてみてください。

⇒尾崎将康公式メルマガ

高知県限定:お金に関する個別相談会

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

2 件のコメント

  • よう より:

    はじめまして。コメント失礼いたします。
    この記事を読んでKX800の購入を検討しております。

    1点質問なのですが、
    キーボードのカスタマイズをする場合、「Logicool Options ソフトウェア」は接続先全てのパソコンにインストールしておかなければいけないのでしょうか?

    PC1に「Logicool Options ソフトウェア」をインストールし、設定をカスタマイズ。PC2及びPC3には「Logicool Options ソフトウェア」をインストールせず接続した場合、PC1で設定したカスタマイズは無効なのでしょうか?

    ご回答いただけますと幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • めたん めたん より:

      初めまして(^^)
      コメントありがとうございます。

      1つの接続先のみで大丈夫かと思います。
      現在2つのPCに繋いでいますが、1つのパソコンにしかソフトウェアをインストールをしておりません。

      参考になりましたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    めたん

    元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!