【初心者向け】デイトレードの始め方から儲け方までを徹底解説

【悪用禁止】ロジクールの2年間メーカー保証を活用してみた

ロジクール製品を使っていたけど壊れてしまった!

めたん

 ロジクール製品は購入して2年間以内なら無償でメーカー保証が受けられるよ!実際に自分が申請したら新品商品を送ってもらえたよ!

この記事を読んでわかること
  • ロジクール製品は2年間以内であればメーカー保証が受けられる
  • 公式サイトから保証申請のやり方について
  • Amazonの領収書の取得方法
  • ロジクールの対応の素晴らしさ
  • メーカー保証を悪用している人が増えている

↓気になるとこまで移動↓

メーカー保証申請ページはこちらから

結論:メーカー保証申請したら新品商品が送られてきた

 ロジクールで使っていた商品が壊れたので駄目元でメーカー保証申請をしたら、まさかの新品商品がロジクールから送られてきました。ロジクールの商品を購入後2年以内に壊れてしまった人はメーカー保証を活用してくみてください。

ロジクールメーカー保証の特徴
  • ロジクールの2年間メーカー保証は新品商品を送ってくれる神対応
  • しかも不良品は返送する必要なし(悪用ができてしまうデメリットも)
  • ロジクールスタッフさんからの返信は一日一通程度と遅いので、電話なら数分で済む内容でもメールだと数日かかってしまう
  • メーカー保証がしっかりしているので今後もロジクールを使い続けたいと思えた
  • Amazonや楽天市場で購入した商品もロジクール公式サイトに連絡したら対応してもらえる

ロジクールキーボードG613が1年で不具合

 メーカー保証申請したのはロジクールキーボードのG613でした。こちらの商品はチャタリングと呼ばれる不具合が多いことで有名でして、自分が使っていた商品もたった1年でチャタリングの症状が出てしまいました。公式サイトから不具合の症状を連絡することで不具合が認められ、ロジクールから新品のG613が送られてきました。

公式サイトに保証期間が記載されている

 ロジクール商品のほとんどは2年間のメーカー保証がついていると思いますが、不安な人は公式サイトから簡単に確認ができます。

 公式サイトへアクセスして、使用中の商品や故障した商品の型番を入力して検索をします。

 次画面で左側にある「保証」をクリックすると、保証期間がわかります。

 Amazonや楽天市場など、ロジクール公式サイト以外から購入した場合でも保証は受け付けているので安心してください。実際に自分はAmazonでG613を購入しましたが、Amazonで取得できる領収書を提示すればすんなりとメーカー保証の申請が通りました。

↓気になるとこまで移動↓

⇒Amazonで購入した場合は領収書を用意しておこう

ロジクールメーカー保証申請のやり方や注意点

 ではここからは実際に保証申請のやり方や注意点について解説していきます。

 ロジクールの公式サイトでスタッフと連絡を取り合うページがありまして、一度このページを閉じてしまうとページを見つけるのが困難となるので、必ずお気に入り登録しておいてくださいね!

公式サイトから保証申請のやり方を解説

メーカー保証申請の順序

1、ロジクールのアカウントを作成する

2、ロジクールサポートページから商品の型番を入力し、商品ページへいく

3、保証請求をクリックして、商品の不具合箇所を記載し、「サポートがまだ必要です」をクリックする

4、個人情報を入力後、スタッフとやり取りをして承認されたら新品商品が送られてくる

1、ロジクールのアカウントを作成

 公式サイト右上の「サインイン」をクリックして、アカウントを作成してください。

2、商品ページへいく

 故障した商品の型番を入力して、商品ページへといきます。

3、商品の不具合箇所を記載する

 商品ページで「保証」をクリックし、「保証請求」をクリックして次ページへいきます。

 不具合についての説明を記載すると、解決策が自動で出てきますので試してみてください。それでも解決しなければ「サポートがまだ必要です」をクリックすると、個人情報を入力後にスタッフとのやり取りがあります。

4,ロジクールスタッフとのやりとり

 ロジクールスタッフとのやり取りは返信は遅いですし一日一通程度のやり取りしかできないので、メーカー保証の申請が確定するまで時間が結構かかります。一週間くらいを見ておけば大丈夫ですが、急ぎの場合は電話での連絡もできます。

Amazonで購入した場合の領収書について

 Amazonの領収書は「注文履歴⇒領収書をクリック」で簡単に取得できます。自分はAmazonで家電製品を購入する場合は必ずAmazon公式が出品している商品を購入するようにしていますが、もし転売された家電製品を購入していた場合は、領収書として認められない可能性もあるので気を付けてくださいね。これはロジクールに限らず他の家電製品すべてに言えることでして、必ずAmazon公式が出品している商品もしくは、大手メーカーが出品している商品を購入しましょう。

 もしロジクールからAmazonの領収書を出して(出品者が転売屋だったことで)領収書が認められなかった場合、購入元もしくはAmazonカスタマーサービスに連絡をすれば何とかしてくれる可能性が非常に高いです。転売屋は対応しなければAmazonのアカウントを閉鎖されるリスクがあるためです。

保証申請を簡単に悪用できてしまう

 ちなみにロジクールでは故障品を返送する必要がないので、購入した商品が壊れていないにも関わらずでたらめのことを言って壊れたと嘘をついても、新品商品が送られてくるでしょう。実際に保証申請を悪用することで新品商品を入手して、メルカリやヤフオクで販売している人も数多くいるとのこと。

 個人的にはこのロジクールの保障申請は神対応だと思っているので、こういうことをする人たちはいなくなってほしいですが、制度的にこういう人たちがいることも当然だと思ってしまいます。

【悪用対策】故障品を破壊する動画提出が過去にあったらしい

 保証申請を悪用する人たち対策の為に、保証申請時に故障品を完全に破壊する動画提出も過去にあったとのことです。ただ、これは悪手ですよね。環境にも悪いですし、商品を破壊することって心理的にできない人も数多くいると思います。今の時代TwitterやYouTubeなんかですぐに流出してしまいますので、ロジクールの商品を破壊している動画がたくさん出回ると企業イメージもとても悪くなってしまうでしょう。

 純粋に故障品を返送するようにしていけばよいと思うのですが…コスト的に厳しいんでしょうか?故障した商品がたくさん集まることで、今後の新商品を開発する時にも役立つと思いますし。保証申請を悪用する人たちが減るための抜本的な対策を立ててほしいものです。

まとめ ロジクール製品は今後も使っていきたい

  • ロジクールの保障申請は神対応で、保証申請したら新品商品が送られてくる
  • メーカー保証期間は2年間
  • 保証申請は公式サイト以外からの購入(Amazonや楽天市場)でもOK
  • 保証申請には領収書やシリアルナンバーの提出が必須
  • 保証申請後、スタッフとのやり取りは数日くらいかかるので急ぎであれば電話をしてみよう
  • 保証申請はあまりにも簡単で悪用する人も多そうなので、ロジクールは対策をしてほしい

 今回メーカー保証を活用してみて、製品はもちろんのことロジクールは購入後の対応もとても良かったので、今後も使い続けたいと思えるメーカーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA