無線で簡単!一つのキーボードで2台のパソコンを操作する方法

一つのキーボードで2台のパソコンを操作をしたい!

めたん

KX800 MX KEYSのワイヤレスキーボードを使えばボタン一つで2台どころか3台までのパソコンを操作できますよ!

 自分は専業トレーダーと呼ばれる仕事をしていて、デスク上にどうしてもたくさんの仕事道具が必要でいつもデスクスペースに余裕がなく困っていました。パソコンを2台使っていて、片方のキーボードはほとんど使っていないし処分できないか…と考えていた時に知ったのが、一つのキーボードで2台のパソコンが操作できるワイヤレスキーボードでした。こちらの記事では自分が購入したキーボードの紹介と、使い方やカスタマイズ方法について解説していきます。

自分の仕事部屋(トレードルーム)です。

一つのキーボードで2台のパソコンを操作できる商品について

 ひとつのキーボードで2台のパソコンを操作するメリットは以下の2点です。

  • デスクスペースの有効利用…2つ置いていたキーボードをひとつにまとめることで、デスクスペースが広くなります。これまで置けなかった他のPC機器を配置できたり、デスクの見栄えが良くなったりします。
  • 購入コストの削減…同じキーボードを2つ買うのもいいですが、購入コストは当然高くなります。しかも、2つのキーボードを満遍なく使う人は少ないでしょう。どちらかひとつのキーボードの使用頻度が高くなると思うので、それならひとつにまとめた方がコストの削減になります。

KX800 MX KEYSワイヤレスキーボードでパソコン3台まで切り替え可能

 自分が購入したのはLogicoolのKX800 MX KEYSワイヤレスキーボードです。KX800 MX KEYSだと2台どころか3台のパソコンまでワンタッチでパソコンの操作を簡単に切り替えられます。ワイヤレスなので追加で接続ケーブルなどのPC機器を購入する必要もありません。キーボードの切り替えの時間は大体1秒くらいかかるので、人によっては少し長いと感じる人もいるかもしれません。

デバイスの切り替えは付属のUSBレシーバーとBluetoothを活用

 デバイスの切り替えは購入時に付属のUSBレシーバーとBluetoothのどちらかで接続します。パソコン本体がBluetooth非搭載でもTP-LinkのUSBアダプタを購入すれば、インストール不要でUSBアダプタを差し込むだけで簡単にBluetooth接続ができるようになります。

【初期設定】デバイスの接続方法も長押しするだけの簡単設定

 初期設定で必要なデバイスの接続方法についての説明です。パソコン一台目は購入時に付属のUSBレシーバーをPCに差し込めば自動認識されます。パソコン2,3台目の接続はBluetooth接続となります。2台以降のデバイスを認識させる場合は、↓画像の赤で囲んだキーボードの2か3を長押しして点滅している間にBluetooth接続をします。Bluetooth接続となりますので、「右クリックで個人設定」⇒「ホーム」⇒「デバイス」と進んで「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックするとKX800 MX KEYSが表示されるので接続ができます。初期設定完了後は1~3のボタンを押すだけで接続が簡単に切り替えられます。

Logicoolソフト「Logicool Options」のインストールは必須

 Logicool製品では、自分専用に使いやすくカスタマイズが可能です。キーボードで頻繁に使うアクションを仕込んだり、逆に必要のないボタンは動作しないように設定したりできます。自分はキーボードだけでなくマウスもLogicool製品を使用していますが、こうやって自分専用のマウスやキーボードを作成できるのが何よりも魅力です。

KX800 MX KEYSをカスタマイズする

ロジクールは2年間の製品保証がついている

 Logicool製品を使う上でのメリットがもう一つあって、それは製品保証がついている点。自分は過去に別のワイヤレスキーボード(G613)を使っていた時、一年間ほどでチャタリングと呼ばれる不具合が起きました。Amazonで購入した製品でしたがLogicool公式サイトから連絡をすると、スタッフと何度かやり取りをした後に、商品を新品に交換してくれました。

 Logicoolではこのようにお客様対応がしっかりしているので、何かあっても必ず対応してくれるという安心感があります。だからこそ今後も購入していきたいと思いますし、周りの人にもオススメしたいメーカーです。

サブPCはワイヤレステンキーをメインに使用

 自分はサブPCで文字はほとんど打たず数字のみを打つことが多く、ワイヤレステンキーをサブPC用に使っています。これを購入したおかげでKX800 MX KEYSはサブPCで使うことは一日に数えるほどです。

KX800 MX KEYSレビュー

 ではここからはKX800 MX KEYSを実際に使用してみたレビューです。購入した時期は2020年2月なので、約1年半使ってからのレビューです。もともとはLogicoolのメカニカルキーボードG613を使っていました。メカニカルキーボードだと打音は気持ちいのですが、長時間のタイピングだと指が疲れてくるのがデメリットで新しいキーボードを探していました。そんな時に見つけたのがKX800 MX KEYS。

発売当初は人気過ぎて品薄状態が続いていた

 KX800 MX KEYSは発売当初から大人気で商品を購入しても全然届かない状態が続きました。1~2か月くらいしてようやく商品が届いて、Amazonのレビューを見てもいまだに大人気商品で、評価件数が多く評価も高い商品です。これほどまでにレビューで評価の高い商品を自分は見た記憶がありません。

コンパクトだが重量があり安定している

 見た目はとてもコンパクトなのでデスクスペースを広く使えるのがまずよい点です。そしてコンパクトで薄型キーボードにもかかわらず重量が810gあって安定感があるのも印象的です。文字を打っていても当然キーボードがぶれることはありません。

疲労感の少ないパンダグラフキーボード

 これまでにメカニカルキーボードを使っていたという理由もありますが、KX800 MX KEYSはパンダグラフキーボードと呼ばれる種類でして、キータッチが軽い為、長時間での使用でも疲れにくい特徴があります。流れるようにタイピングもできるので、爽快なキータッチを好むユーザーから根強い人気があります。

USB Cケーブルで簡単充電

 充電はUSB-Cケーブルで充電できます。フル充電後、バックライトがオフの状態だと最長5カ月も使用できます。バックライトがオンの場合は10日程しか持ちません。バックライトは光らせても正直あまり目立たない為、個人的には必要ないかなと思います。

パームレストを買うことで長時間作業の疲労が変わる

 パームレストは2,000円しますが必ず買うべき商品です。これがあるかないかで長時間作業の疲労は全然違ってきます。

KX800 MX KEYSを自分好みにカスタマイズする

 KX800 MX KEYSは自分好みにカスタマイズすることでさらに使用しやすくなります。ここからはKX800 MX KEYSをカスタマイズする方法について解説していきます。

Logicool Optionsをインストールする

 さきほどもお伝えしたように、 KX800 MX KEYS をカスタマイズするには専用のソフトが必要です。まずはLogicool Optionsをインストールしましょう。

F1~F12は自分の好きなキーとして設定する

 F1~F12は通常のFキーとしても使用できますし、自分なりに好きなキーとして設定もできます。もしくはLogicoolが最初に用意しているキーとしても活用できます。自分はとくに活用方法が見当たらないので通常のFキーの設定にしています。

右上のボタンだけは変更しておく

 右上のボタンは個人的に悪質だと思っていて、誰もが必ず一度は間違えて押してしまうボタンです。設定で「スリープ」・「サインアウト」・「シャットダウン」にしていると間違えて押した場合に大変面倒になるので、ここだけは設定変更しておきましょう。自分はスタートメニューの設定にしています。

不要なボタンは反応しないように設定する

 「Num Lock」や「Caps Lock」「Scroll Lock」などは必要がありませんので、自分はボタンを押しても反応しないように設定しています。間違って押してしまっても反応しないように、使わないボタンは無効にしておきましょう。

バックライトは電池消費が大きいので無効化推奨

 バックライトも電池消費が大きいので自分は無効化しています。フル充電した場合、バックライトなしだと最大5カ月持ちますが、バックライトをつけていると10日間しか持ちません。そこまでのメリットを感じませんので自分は無効化にしています。

まとめ

  • KX800 MX KEYならひとつのキーボードで簡単に3台までパソコンを操作できる
  • キーボードをまとめるメリットは購入コストの削減とデスクスペースを有効利用できること
  • KX800 MX KEYの接続は付属のUSBレシーバーとBluetooth接続の2種類ある
  • Logicoolのマウスやキーボードは専用のソフトをインストールすることでカスタマイズ可能
  • 2年以内に故障してもLogicoolでは製品保証がついているので安心

 自分のお気に入りのワイヤレスキーボードKX800 MX KEYSを使い、一つのキーボードで2台のパソコンをぜひ操作してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA