【初心者向け】デイトレードの始め方から儲け方までを徹底解説

せどりと転売ヤーの違いについて

 転売が社会問題となりメディアで取り上げられることが増えています。PS5やマスク、チケット等で迷惑な思いをした人も多いでしょう。転売している人のことを”せどり”や”転売ヤー”と呼ばれており、その言葉を聞いたことのある人も多いと思います。

 せどりも転売ヤーもやっていることは同じ転売ではありますが、実はその内容はまったく違います。両者の違いについてこちらの記事で解説しています。

せどりと転売ヤーの決定的な違いは販売価格

 せどりと転売ヤーの決定的な違いは販売価格です。転売ヤーは定価で購入した商品の価格を釣り上げて定価より高値で販売し、せどりは適正価格にて販売をしています。

転売ヤーは価格を釣り上げて販売する

 一般的に”転売をしている人”と言うと転売ヤーのことを指します。入手困難な商品を買い占めて価格を釣り上げ、どうしてもその商品が欲しい人に定価より高値で販売をします。メーカーも転売ヤーに買い占められない様に対策をしていますが、転売ヤーはさまざまな手段を使いその対策を潜り抜け商品を仕入れて転売をしています。

せどりは掘り出し物を適正価格で販売する

 転売ヤーとは違い、せどりは掘り出し物を割安で仕入れ適正価格で販売をします。例えばお店でセール品となっている商品を定価の半額で仕入れ定価より少し安く販売したり、中古ショップで掘り出し物を見つけて適正価格で販売したりします。

 適正価格での販売なので、商品を購入する側からするとせどりをやっている人からの購入とはほとんどの場合気付きません。

転売ヤーの迷惑行為について

 これまでに話題になったことのある転売ヤーの迷惑な転売行為をいくつか紹介していきます。

PS5の転売

 2022年3月現在も転売が行われている商品です。Amazonの価格推移を見ると定価の2倍くらいで転売されています。転売ヤーからすればPS5を一つ仕入れるだけで5万円弱儲かるわけなので、おいしい商品でしょう。

チケットの転売

 昔で言うところのいわゆる”ダフ屋”です。有名歌手のコンサートや野球・サッカーなどの観戦チケットを高値で転売する行為です。チケットによっては数万円や数十万円で転売されることも多く転売ヤーからしたら儲かる転売の一つでした。

 現在は法律で禁止されていますが、それでも一部では転売が行われておりたまに逮捕者も出ています。

マスクの転売

 新型コロナウイルスによってマスクやアルコールが一時的に転売対象となりました。多くのスーパーやドラッグストアからマスクがなくなり、フリマサイトでマスク・アルコールが高額で出品されていました。

 しかしこちらも令和2年3月10日に法律で転売が禁止となり、マスクやアルコールの転売は約2,3ヶ月で終了しました。ちなみに令和2年8月25日に転売規制は解除されています。

フィギュア・プラモデルの転売

 フィギュア・プラモデルの転売は現在も行われています。ガンダムの転売が最近話題になることが多く、あまりにも儲かるので個人が転売するだけではなく、問屋が転売をする行為も増えているとのことです。問屋であれば商品は簡単に仕入れることができるので、問屋が転売するとなるとめちゃくちゃ儲かるでしょうね。

 もちろん、悪いことはそう長くは続きません。メーカーのバンダイが対策に乗り出しているのでそういった転売も少しずつ無くなっていきそうです。

どれも転売ヤーがいなけりゃ定価で買えている商品

 気付いているとは思いますが、紹介してきた商品はすべて転売ヤーがいなければ定価で購入することができます。もちろん順番待ちになったり抽選で外れたりする可能性はありますが。転売ヤーの問題は商品を買い占めることによって在庫を無くし、価格を釣り上げ本当に欲しい人たちの足元を見ていることです。その商品がすぐに欲しい人たちは多少高くてもどうしても買わざるを得ません。

 本来定価で購入できる商品が転売ヤーが仲介しているだけで価格が大きく上昇しているのです。最初にせどりと転売ヤーの決定的な違いは販売価格と紹介しており、やはりこの販売価格が大きな問題となっています。転売ヤーがいなけりゃ定価で買えているんです。でも転売ヤーが仲介することで定価で買えずに高値で買うしかできなくなるのです。

せどりについて

 ではここからはせどりについてお話ししていきます。せどりをやっている人のことをせどらーと呼ぶこともあります。せどりは転売ヤーと違って高値で販売することはなく適正価格での販売をします。その為購入者(お客様)からするとせどりをやっているとは気付かれることはありませんし、転売ヤーみたいに高値で転売することはありませんので不満な感情を持たれることもありません。

掘り出し物の見つけ方について

 Amazonを利用したことがある人ならわかると思いますが、Amazonで販売されている商品のほとんどは他のネットショップや近所の家電ショップ、ドラッグストアなどと比べると安い商品が多いですよね。せどりで利益を出すためには当然ながらさらに安く仕入れる必要があります。

 じゃあその割安商品(掘り出し物)はどうやって見つけるのか?について簡単に説明します。じぶんはネットショップで商品を仕入れAmazonで販売をしています。主に仕入れる商品は中古家電です。Amazonではkeepaと呼ばれるソフトを使用することで過去の値段推移や商品の売れ行きを調べられます。

 keepaを使ってネットショップに出品されている商品とAmazonでの価格を調べることで、利益が出てかつすぐに売れる商品が見つかれば仕入れます。そして仕入れた商品は適正価格にてAmazonで出品をします。

過去に仕入れた商品を一部紹介

 例として過去に仕入れた商品を2つ紹介します。

ソニーのウォークマンNW-S786

 ハードオフで仕入れたソニーのウォークマンNW-S786です。ハードオフは中古商品を専門に扱っているお店です。送料込みで5,500円で仕入れました。

 Amazonでは現在12,700円で販売されています。ただしこの価格ではすぐには売れなさそうですし、他のカラーの価格も考えると10,000円近くでの販売が良さそうです。

 FBA料金シミュレーターで利益額を計算すると、10,800円で販売する場合は仕入れ費用とAmazonへの支払手数料を引くと3,900円の利益になることがわかりました。

オーディオインターフェースX1204USB

 ではもう一つ紹介します。オーディオインターフェースのX1204USBをハードオフで送料込み10,100円で仕入れました。

 Amazonでは中古価格で14,000~18,000円あたりで販売されています。自分が仕入れた商品の状態や付属品を考えると16,800円なら売れると判断しました。

 FBA料金シミュレーターで利益額を計算すると、16,800円で販売した場合は仕入れ費用とAmazonへの支払手数料を引くと4,120円の利益となります。

販売する側もわかった上で販売している

 2つの商品を見ると掘り出し物を見つけることができれば適正価格で販売しても利益が出ることがわかります。この掘り出し物を見つけるには目利き力を鍛える必要があります。すぐに身に付く技術ではありませんが、日々努力することで少しずつ確実に目利き力はついていきます。

 ちなみに販売する側、今回で言うとハードオフも適正価格より割安で出品しているとわかった上で販売していることがほとんどです。ハードオフではお客様が不要になった商品を買い取り、買い取った価格より高値で販売をすることで利益を出しています。ハードオフも少し見方を変えれば転売をしているわけですね。せどりと違うところは販売したい商品を選べないことです。

 ハードオフでは定期的にお客様が不用品を持ち込んできてくれるので、買い取った商品をすぐに販売していかなければ在庫がどんどん溜まっていきますし、売上も作らないと資金ショートしてしまいます。その為中々売れない商品は相場より安くしても売り切ってしまいたいという思いがあります。僕たちせどりをやっている人はそういった割安な商品を見つけて仕入れて、Amazonで適正価格で販売することで利益を出しています。

中古家電では付加価値を出しやすい

 自分は中古家電を仕入れて販売をしています。中古家電せどりは単純に仕入れた商品をそのままAmazonで売るだけではなく、僕たちせどらーを仲介することで付加価値をつけることもできます。例えば足りていない付属品を別途購入して用意することで付加価値をつけます。テレビやレコーダーであればB-CASカードやリモコン用の電池を付属しておくだけで、他出品者との差別化を図り売れやすくなります。

今からやるなら中古家電せどりがおすすめ

 少しせどりに興味が出た方には中古家電せどりを強くおすすめします。新品商品は個人だとAmazonで規約上出品できないことがほとんどの為おすすめしません。中古家電は利益率・利益額が高いので商品の仕入れ個数が少なくても毎月10万くらいならば、他の商売と比べると比較的簡単に稼ぐことができます。自分はさまざまな副業をやってきましたが、副業を検討している人に一番おすすめしたいのが中古家電せどりです。最初は覚えることも多く大変ですが、慣れてきたら一日2~3時間程度の作業時間で月に20~30万近く稼げるようになります。

 先程紹介したようにせどりではkeepaと呼ばれるソフトを使用することで、商品を仕入れる前に利益が出てかつすぐに売れる商品がわかるので、株式投資で言うところのインサイダー取引が可能となります。目利き力は当然必要にはなりますが利回り30~40%くらいの商品もたくさん見つかるので、100万円前後の余裕資金がある人におすすめです。朝や夜、お昼休みなんかの仕事の隙間時間に作業ができることも大きなメリットです。

まとめ

 それではまとめです。

  • せどりと転売ヤーの決定的な違いは販売価格
  • 転売ヤーは価格を釣り上げて販売する
  • せどりは掘り出し物を適正価格で販売する
  • 転売ヤーはチケット・マスクなどの転売で様々な迷惑行為をしている
  • せどりに興味がある人は中古家電がおすすめ

 こちらの記事を読んでせどりと転売ヤーはやっていることは同じ転売でも内容は全然違うんだと少しでもわかっていただければ嬉しく思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA