下手な空売りは一発退場!!買いは家まで売りは命まで。

信用取引にはメリットがたくさん

株式投資を始めてしばらくすると、

現物投資だけではなく信用取引も始める方が多いと思います。

・信用取引は短期取引だと手数料が安くなる

・自分の資金の約3倍くらいまで投資資金を増やすことも出来る

・「買い」だけではなく、「空売り」でも収益を出す事が出来る

ので、良い事づくめです。僕はある程度投資に慣れてくると現物投資だけではなく、信用取引も始めるべきだと考えています。理由は上記の3つの理由からです。

 

例えば松井証券だと、「一日信用取引」と言った制度を活用すると、売買手数料は完全無料です。売買手数料が無料でも金利や貸株料がかかります。とは言っても一日の売買代金1000万円くらい使っても数百円と言ったごくわずかな手数料なのでほとんど気にしなくてもいいコストです。物凄くお得なので僕は松井証券の一日信用取引を活用して日々デイトレードをしています。

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

⇒松井証券の口座開設の仕方

⇒松井証券なら「一日信用取引」は必須。

⇒デイトレード向けの証券会社

 

信用取引は取引手数料が無料のSMBC日興証券が一番おススメです!

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

 

ただリスクの点で必ず注意をしておかねばならない点があります。信用取引で空売りをする際には絶対に知っておかねばなりません。

信用取引で空売りをする際、必ず知っておくべき事

これを知っておかないと、たった一度のミスで退場どころか借金する可能性すらあります。それは…信用での1銘柄だけに絞った資金全力での空売りは絶対にしない事です。この事を説明するためには、「買い」と「空売り」のリスクについてお話しをしなければなりません。

 

楽天証券

 

信用取引の空売りのリスク

信用取引で買いと空売りの2つのパターンからリスクを見ていきます。買いもリスクは高いのですが、空売りはそれ以上にリスクが高いのでそのことをこれからの記事でわかって頂けたらと思います。

まずは信用取引で買った場合のリスクから

例えば100万円の資金を持っているとします。その100万円の資金を使って、一つの銘柄に100万円分の投資をします。この場合はレバレッジは1倍での計算をしていきますので、現物でも信用でもどちらでも構いません。この場合最大のリスクは投資をした会社の株価が1円になるということですね。倒産や上場廃止で株価がゴミクズのような価格になるのが最大のリスクです。買った株が1000円だったとしたら、100万円の資金があるなら1000株買える計算になります。

1000円で買った株が1円になると言う事は…100万円の資金が1000円になるということです。(損切をせずにずっと持ち続けた場合の話です)銘柄選別をしっかりしておけば、株価が1円になる事は滅多にない事ですが、最悪でもやられとしては自分の投資金額で済みます。もちろん信用取引でレバレッジを引き上げた場合は1円まで持ち続けてしまうと資産はマイナスになり追証となり、借金することになりますが。詳しくはこちらの記事を読んでください。

⇒信用取引とはどんなものか。

⇒信用取引のリスクについて

 

SBI証券

では全力で「空売り」した場合のリスクはどうなるか。

次のパターンです。空売りではどうなるか?

例えば1000円の株価が高すぎる!と思って100万円の資金全額を使って空売りしたとします。今回もレバレッジは1倍での計算となります。たったレバレッジが1倍でも空売りだと恐ろしいことになる場合があります。空売りをして下がればいいのですが、こちらでの最大のリスクは株価が大きく上昇する事です。ここで考えて欲しいのですが、株価は需要と供給で決まるので、どこまで上がるかはわからないということです…。空売りの場合は利益が限定で損失が無限大になる事です。だから空売りは物凄く難易度が高く難しいことなんです。

 

買いだと最低でも1円になるだけ。投資資金が0円に近くなるだけ。しかし空売りをしている場合は話が変わってきます。株価がいくらでも上がる可能性があるわけです。しかもストップ高で張り付かれると、買い戻しをしたくても出来なくなるわけです。要するに、投資資金以上に負ける可能性があると言う事です。それもレバレッジが1倍だとしても入るタイミングが悪ければたった数営業日で。損失が100万円で済まずに、そこから借金として数百万円、何日もストップ高に張り付かれると数千万円の借金が残る可能性もあるわけです。空売りにはこういったリスクがあります。このことを必ず知っておいてください。

 

GMOクリック証券

空売りもリスクヘッジとして必要な行為

空売りも収益を上げていく上では必要な行為です。買いだけではなく、空売りもする事によってリスクヘッジも可能です。しかし、少しやり方を間違えると痛い目にあいます。ちょうど最近(2016/1/30)そういった人がいたのでこちらでご紹介します。

空売りでリスク管理が出来ないとこうなる。

3852のサイバーコムといった銘柄を出来心で653円で4000株空売りした方がいます。

絶対にやってはいけない材料株の空売り。

絶対にやってはいけないストップ高での空売り。

絶対にやってはいけない信用取引での資金全力(フルレバレッジ)での空売り。

トリプルで破っています。

 

既にブログはご本人が削除されましたが、2chで紹介されています。

空売りで2日間で全財産を失い、さらに借金まで背負ってしまいそうな人が話題に

こちらからどうぞ。

 

昨日一度も寄らずのストップ高でしたので、すでに903円まで株価が上がっています。250円踏まれているわけです。

250*4000株=-100万円

多分月曜日もストップ高をつけるので、-160万円まで損失が膨れ上がりますこの方は資金150万円程度でデイトレをされている方ですので、このままいけば投資金額以上に損失が増えるので借金になります。1月から投資を始めたばかりなのに、たった1ヶ月で退場です…。しかもストップ高に張り付いているから逃げたくても逃げられないんですね。空売りはリスク管理を見極めないと、こういった目に合うことがあります。空売りは投資で勝つ上では必要な行為ですが、どれだけのリスクがあるかを見極めてやらないとダメです。

どれだけ今まで上手くいってようが、ほんの少しの油断で株式投資の世界では簡単に退場しています。

このブログを読んだ方には同じようなミスをしない事をお祈りしています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)

 

信用取引は取引手数料が無料のSMBC日興証券が一番おススメです!

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。