登山初心者が登山に行く前に最低限買っておくべき登山装具

登山を楽しむために自分の命を守ろう

登山は素晴らしい景色を見ることができたり、一生涯の友人との出会いがあったり、山頂での美味しいご飯だったりと素敵な事だらけです。僕自身登山を始めてからは自分の人生が更に楽しくなりました。でも登山は良い事だけではありません。準備をしっかりしていれば楽しい登山になるのですが、自然を相手にするわけなので危険な事も当然あります。悲しいことではありますが登山中の様々な事故で亡くなっている方も毎年必ずいます。

登山を楽しむ為には、登山前にどれだけ準備をするかにかかっています。その中で大切な事の一つに登山装具があります。登山初心者の方で登山装具をほとんど準備せず登山に行かれる方もたまにいますが、命を守る為には必ず必要です。こちらの記事では登山初心者がどういった装具を用意して登山に行けばいいかをお伝えしていきます。

登山装具の値段はいくらくらいかかるのか

登山装具がどのくらいの値段かかるか気になりますよね。もちろんこれは人によって全然違ってきますので一概には言えないのですが、僕は2016年前後から登山を始めてこれまでに約30万円近く登山装具(服も含む)にお金を掛けています(2019/2現在)。高いと思うかもしれませんが、基本的には登山装具は一度買えば壊れない限りはずっと使うことができるので、ステップアップして冬山とかテント泊とかをしていかない限りは一度最初に登山装具を一式揃えれば、それ以降は電車代とか車代、その日のお昼ご飯くらいしかお金はかかりませんので割とリーズナブルな趣味だと僕は思っています。

ちなみに僕は100%モンベルで登山装具を購入しています。他の店では購入したことはありません。モンベルは初心者向けの登山店と言われる事もありますが、他のお店と比べて全体的に価格が安く、モンベルだけで登山の全ての装具を揃えることもできますので、おすすめです。

登山初心者が最低限必ず揃えるべき必要な登山装具3点

登山初心者が最低限揃えるべき登山装具は、登山靴・ザック・レインウェアの3つです。この3つだけは登山に行く前に必ず揃えてください。この3つを揃えるとすると、大体4万円くらいのお金がかかるでしょう。それ以外にも細かな道具も必要になってくるとので、登山を始めるならば初期投資として5万円くらいは見ていた方がいいでしょう。

ザック⇒ザックは必要な食料や飲み物、寒いときには暖かい服を出し入れしたり、着替えを入れたり、ライターやライトなんかも。登山で必要な装具を入れるためにザックは必ず必要です。どんなザックでもいいかというとそうではありません。登山では天候が変わりやすく雨が降ることもよくあります。そんな時でも大丈夫なように、ザックを雨から守るために雨具つきのザックを購入しましょう。登山装具を売っているお店に行けば必ずあります。

登山靴⇒山道では土や岩、そして草の上を歩きます。場所によっては滑りやすい部分もたくさんあります。長く歩いていると足に負担もかかります。足首をぐねることもあります。こういった悩みを登山靴だと全て解決してくれます。登山靴だと足首はぐねりません。滑りやすい部分でもしっかりと踏ん張ることができます。足への負担も大きく軽減してくれます。登山をする際、運動靴ではなく、必ず登山靴を履いて行くようにしましょう。

レインウェア⇒山では天候が変わりやすいです。もし登山中に雨が降ってきた場合、傘では片手が塞がり登山が危険です。レインウェアを着ていれば両手を使うことが出来るので安全です。傘と違って全身をしっかり守ることができて濡れる事も無いので、体温の低下も防ぐことが出来ます。

他にも揃えておきたい登山装具

最低限登山靴とザックとレインウェアを揃えておくべきと先程お伝えしましたが、正直それだけではまだまだ足りません。トラブルが起きた時の為に必要な登山装具をお伝えしていきますので、登山装具を購入する際に一緒に購入しておきましょう。最初は無理に登山店で揃える必要はなく、家に置いているもので代用できる場合はそれでもOKです。全て揃えるとなると結構なお金がかかりますからね。

帽子、セーター、ズボン、登山シャツ、靴下、手袋・軍手、ちり紙、タオル、ヘッドランプ、予備電池、靴紐予備、水筒、地図コンパス、メモ用品、ナイフ、ホイッスル、マッチ・ライター、非常食、医薬品

ヘッドランプと地図とコンパスは必ず用意しておきましょう。スマホを持っている場合はYAMAPというアプリをインストールすれば登山地図をDLして電波が届かない山(機内モード)でもGPSでMAPを見ることができるので便利です。

後は当日に食べるお昼ご飯や飲み物、最低限のお金や万が一のための健康保険証などがあれば完璧です。

バーナーがあればお昼ご飯が楽しくなる

1万円くらいの費用がかかりますが、バーナーがあれば少しご飯が楽しくなりますし、なんとなく登山慣れてますよ~感が出ますし登山の面白味が更に増すのでおすすめです。笑 僕が持っているのはこちらのジェットボイルです。ジェットボイルはお湯を作るのに最適と言われていて、短時間でお湯を作ることができます。僕はモンベルで購入したので、詳しい説明など知りたい場合はお近くのモンベルに行かれる事をおすすめします。

JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【日本正規品】 PSマーク取得品

登山は初期投資以外はあまり費用はかからない。

いかがでしたでしょうか。登山ではたくさんの装具を揃えようとするとある程度のお金は必要になってきますが、最低限ザックとレインウェアと登山靴だけだと40,000円あたりで揃えることができます。この3つさえあれば、低い山ですと大体どこへでも行くことができます。関東の低山ですと山頂で食べ物や飲み物も置いている山も多いので、ほとんど何も持って行かなくても、登ることが出来ます。もちろん山は自己責任ですので、しっかりと食料や装具の準備はしておかなければなりませんが…。

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いつつ、他にも家にいながらできる"せどり"や"ブログ"で収入を作ってのんびりと生活をしています。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】を読んでみてください。