デイトレードこそが一番リスクの少ない投資法。

 

デイトレードは9割の人が負けている

題名にデイトレードこそが一番リスクの少ない投資法と書きながら、早速真逆の見出しをつけてみました。笑 どちらも本当で、嘘はついていません。

デイトレードは実は9割の人が負けています。しかし、僕はデイトレードこそが一番リスクの少ない投資法だと思っています。

 

矛盾だらけの発言に聞こえるかもしれませんが、本当に僕はこう考えています。

理由についてお伝えしていきます。

 

投資をしている人自体の9割が負けている

そもそもデイトレード関係なく、投資をしている人の9割は負けていると言われています。

と言うことはデイトレードをしようが、長期投資をしようが、9割の人は負けていると言うことになります。なのでデイトレードをしている人だけが9割負けているとは言えません。どんな時間軸であろうと、勝っている人は1割程で、他の9割が負けているということになります。

 

そもそもデイトレードって何?

デイトレードについて少しだけ補足をしておきます。

デイトレードであったり長期投資であったり、それは全て時間軸によって言い方が変わってきます。時間軸と言うのは、買った株をどのくらいの時間で売るかどうか、です。大きく分けて4種類あります。

 

スキャルピング(数秒から数分で取引を完結、長くても1日以内)

デイトレード(数分から数十分で取引を完結、長くても一日以内)

スウィングトレード(数日から数週間で取引を完結)

長期投資(数週間から数ヶ月で取引を完結)

 

デイトレードがリスクの低い理由

なぜデイトレードがリスクが低いのか。

それは、この3つに答えが詰まっています。

 

・5分後の株価と3か月後の株価、どちらが予想しやすい?

・寝ている間に重大なニュースが起きても対応が出来ない

・繰り返し何度も売買するから、レベルアップが早い

 

何となく、デイトレードがリスクの低い理由と言うのがわかって貰えたと思います。

この3つについて1つずつ解説していきます。

 

5分後の株価と3ヶ月後の株価、どちらが予想しやすい?

こんなの考えるまでもありません。

当然5分後の方が予想しやすいですよね。たとえ当たらなくとも、大きく外れることは少ないでしょう。

しかし3か月後なんて予想もできません。当たることがそもそも珍しく、大外れすることの方が多いでしょう。

 

と言うのも、5分後であるならば、株価と言うのはそこまで大きく動きません。ほんの少しの動きです。デイトレードは毎日繰り返し何度も何度も売買を繰り返すので、そのほんの少しの動きを収益にしていきます。たった一度の収益だと少ないかもしれませんが、それが一日で何十回、何百回と繰り替えすことで大きな収益に繋げる事ができます。

 

しかし時間が3か月もあると、株価なんて2倍3倍になる可能性もあるし、逆に半分になっている可能性もあるでしょう。もちろん全く動かない可能性も。

 

そして何よりデイトレードであるならば、例えば5分後の株価の予想を外したとしても、損失としては知れている額です。そこまで大きく株価が動いているわけではないので。ここが大きなポイントです。損失が小さな額だと、比較的簡単に損切りをすることが出来ます。

 

もちろんリスク管理さえしっかりしていて損切を間違いなく出来る人であるならば、デイトレードだけではなくスイングであろうと長期投資であろうと大丈夫ですが。

 

寝ている間に重大なニュースが起きても対応が出来ない

続いて。

投資というのはいつ何が起こるかがわかりません。

どれだけ良い株を持っていたとしても、大地震やテロなどが起こった場合は、大きく日経平均が下がります。そして日経平均が下がるとどうしても、多くの株価が下がってしまいます。

 

デイトレードならばその日のうちに取引を完結させるので、外部要因に惑わされる事がありません。何か大きな事件が起きても、ざら場中ならばすぐに損切をする事もできるので、大きな損失を被る事もないでしょう。

ただ持ち越しをしている場合であるならば、翌日の朝9時まで損切をする事ができません。万が一日経平均が1000円安からスタートすれば、当然ほとんどの株が暴落をしているので、損失は大きな額になってしまいます。

リスクヘッジとして、プットを買っていたり先物を売っていたり、個別株でから売っている銘柄を持っていたりすれば話は別ですが、買いのポジションしかもっていなければ、どうしても持ち越すことは多少なりともリスクが出てきます。

 

普段売買することはありませんが、万が一に備えてGMOクリック証券【CFD】を僕は口座開設しています。

その理由はCFD取引口座があるからです。

 

CFDの最大のメリットは祝日であろうとほぼ24時間売買が出来る事です。

CFD取引口座は、月曜~金曜日であれば祝日であろうとほぼ24時間、日経平均CFD(日経先物と同じような銘柄)の売買ができます。

万が一日本市場が休みの時にダウや為替が暴落しても、CFD取引口座さえ開設しておけば売買ができるので、日経平均CFDの売りポジションを作る事でリスクヘッジが可能です。

 

他にも金やダウ、原油など様々な商品を取り扱うことができるので、売買の幅も広がります。

サラリーマンの方だと会社が休みの祝日でも色々な銘柄を触る事が可能です。

 

CFD取引口座ならGMOクリック証券【CFD】が一番です。

一家に一台ではありませんが、一人一口座CFD取引口座は開設しておかれることをおススメします。

おススメしている理由はこちらに書いています。

⇒投資するなら一人一口座必須のCFD取引口座とは?

 

繰り返し何度も売買するから、レベルアップが早い

そして最後です。

実はこれが一番大事。

 

デイトレードをしている人は、一日に何十回何百回と売買をします。

長期投資だともしかしたら年に数回しか売買をしないかもしれません。

 

この二つを比べてみると、どう考えてもデイトレードをしている人の方がレベルが上がりやすいと思いませんか?何度も相場に参加している人はそれだけで大きな経験を積むことになります。そうする事で、相場観が養われます。何か新しい手法が見つかるかもしれません。損切りや利確の大切さが身に付き、メンタルが鍛えられます。

相場で勝つために必要な事は、「手法・メンタル・相場観」

 

繰り返し何度も売買する事は、相場で大切な3つを常に鍛え続けることが出来ます。

 

僕が実際にデイトレードをしている動画はこちらで公開しています。

⇒「デイトレード動画の公開」について

 

デイトレードでおススメの証券会社

次の記事で詳しく書いていますが、デイトレードで一番お勧めの証券会社は間違いなく松井証券です。

ここは何といっても「一日信用取引」と言う松井証券が提供しているサービスを活用すると、売買手数料が完全無料だからです。金利や貸株料は掛かりますが、無視していい程の額です。ほぼ無料でデイトレードをする事ができて、かつ松井証券のツールはトレーダー向けのツールなのでとても使いやすいのです。

デイトレードをするなら松井証券を使うことを強くお勧めします。

 

次の記事で更に詳しく書いています。

 

 

株式投資で生計を立てていくためには。

次はこちらです。

⇒デイトレード向けの証券会社

 

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。