株式投資初心者におすすめの本-投資のバイブルにしてほしい-

【この記事を書いた人】元証券ディーラー:めたん

高知県在住。専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる”せどり”や”ブログ”で副収入を作りながら無駄な出費を減らす為に固定費を見直したりポイント活動をしたりしている。お金の貯め方・増やし方・守り方の3点をメインに日々情報発信をしている。

節約でお金を貯め、

副業でお金を稼ぎ、

投資でお金を増やす。

⇒詳しいプロフィールはこちら

⇒株式投資や在宅ビジネス、固定費削減・ポイ活に興味がある人へ 

⇒高知県にお住いの方へ

株式投資初心者に必ず読んでほしい本

世の中に星の数ほど出ている株式投資の本で、僕が他のどんな投資本よりもおすすめしたい一冊の本があります。いや、お勧めの本はたくさんありますが、この1冊だけは絶対に読んでほしい本です。僕が株式投資をする上でバイブルとしている本で、10年後20年後になっても手元に置いておきたいし何度読んでも学びがある本です。これまで10回以上は読み返していますし、この本があったからこそ僕は今株式投資でご飯を食べることができていると思っています。

株式投資初心者が最初に学ぶべき事は”メンタル”

株式投資で儲けるために必要な事は「手法・メンタル・相場観」の3つだと僕は考えています。株式投資初心者は手法を見つける為に様々な本を読んだりセミナーに参加したりされる方が多いのですが(僕も最初はそうでした)、今振り返ると手法より大切なのがメンタル…精神面についてです。

僕がおすすめする投資本では株式投資で一番大切なメンタルについて書かれた本でして、株式投資初心者はもちろん、投資を経験して数年後の方でも勉強になる本です。僕自身今でも株式投資で上手くいかない日が続くとこの本を読み返しています。

⇒相場で勝つために必要な事は、「手法・メンタル・相場観」

⇒大負けしたくないから株のしくじり先生を読んで勉強してみた。

デイトレード-マーケットで勝ち続けるための発想術-

おすすめする投資本は、こちらです。

⇒デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレードと記載されているが、株式投資をしている全ての投資家におすすめ

タイトルを見るとデイトレードをしている人だけに向けた投資本だと思うかもしれませんが、そんな事はありません。デイトレーダーはもちろんですが、短期投資や中長期投資をする人にとってもこの投資本はおすすめです。

特に将来専業投資家を夢見てる人は必読

株式投資を始める人の誰もが一度は専業投資家に憧れると思います。将来株式投資で勝ちたい人、専業投資家になりたいと少しでも考えている人は、少なくても1回、できれば3回以上は読んでほしいです。不思議なことにこの投資本は読めば読むほど学びが見つかり、自分自身の株式投資に活きてきます。

株式投資で勝てない原因が見つかる

株式投資を経験している人がこの投資本を読んでいると、自分が今までになぜ負けてきたのかがわかります。株式投資で中々結果を出せていない人も、この本を読むだけで負けている理由、そしてその解決法がわかります。解決法がわかれば同じような損失を出さないように自分のやり方を工夫していけば、少しずつ損失が減っていき、結果的に収益が増えていきます。

株式投資をしていて辛くなったら何度も読み返す

先程も言いましたが、僕は株式投資をしていて上手くいかない日が続くとこの投資本を読み返します。読み返せば自分に今何が足りていないのか?なぜ負けているのか?がわかるからです。

トレーダーとして成長するには、

心底トレーディングをやめたくなるような日を耐え忍んで

明日を迎える経験が不可欠である

(デイトレードより引用)

僕は今専業投資家として投資で生計を立てていますが、その前は証券会社で証券ディーラーという仕事をしていました。証券ディーラーをしていた当時、あまりにも投資が上手くいかず、多額の損失も出し、この世界で生きていくことを諦めようとしたことが僕は何度もあります。でもその度にこの本を読み、そしてこの引用した文章を読み、上手くいっていない時こそが一番成長している時だと信じ、もう一度だけ頑張ってみようと自分を奮い立たせてきました。

⇒証券ディーラーとはどんな世界なのか 就職の仕方や業務内容・リスクについて

⇒証券ディーラーが使う取引ツールやモニターの枚数・内容を公開します

その時に努力をしたおかげで今も毎日必死ではありますが、何とか株式投資でご飯を食べる事ができています。当時は上記で引用した文章の意味はわかりませんでした。ただただ株式投資をしている事が辛くて仕方無かったのですが、今ではこの意味がわかります。そしてこの言葉通り、証券ディーラー時代に負け続けていた時が一番成長していたということも。

株式投資をやっている人ならば誰もが一度は大きな損失を出してしまって株式投資を辞めようかな…と考えてしまうことはあるでしょう。でもその時が一番成長しているのです。その時は辛くて辛くて仕方ないのでそれを実感するのはしばらく先になります。この本を読まなければ僕は今頃投資を辞めていたかもしれないので、当時の事を思い出して辛かったなあ…と思うだけかもしれませんでした。この本を読んだからこそ、辛い時こそが成長している時だと信じ、頑張り続ける事ができました。

株式投資をするならば必ず読んでほしい本です。

⇒デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

この本から学びがあった部分を引用して、様々な記事を書いています。

⇒カテゴリー 超有名書籍”デイトレード”から学ぶ

運営者一番お勧めの「デイトレード」から学ぶメンタルの鍛え方

次はこちらです。

⇒株式投資で成功する人と失敗する人の違いとは

高知県限定で実際に2時間程お会いしてお金に関する個別相談会を行っています。節約・投資・副業について相談したいけど周りに中々相談する人がいない…という方は是非僕を活用してください。

⇒高知県限定:お金に関する個別相談会

 

記事が少しでも参考になりましたらクリックのご協力宜しくお願い致します!

5 件のコメント

  • 小野瀬 より:

    いつも取引終了後に拝見しています。
    早速amazonで本を注文しました。負け続けている、ロスカットのタイミングを逸してしまうなど失敗続きです。退場にはなりたくないと強く望んでいます。
    これからもお邪魔しますので、よろしくお願いします。

    • めたん methane より:

      小野瀬様

      コメントありがとうございます。

      是非読んでみてください。
      どのページを読んでも結局言っている事は同じなんですけど、
      物凄く物凄く勉強になります。

      最初から最後まで、何回か繰り返し読むことを強くおすすめします。

      是非またコメントしてください。
      お待ちしております(^^)

  • きょうじ より:

    このサイトで見て買って今読んでます!おもしろいです。
    株初心者なんですが、メンタルをこの本で鍛えてあとは感覚でトレードすればいいんでしようか?

    • めたん methane より:

      コメントありがとうございます^^

      感覚…と言うのは相場観と言う意味で捉えさせて頂きますね。
      人それぞれなのでなんとも言えませんが、僕はその本でメンタルを鍛えて、後は手法を自分なりに作り上げて、毎日相場を見る事で相場観を養っていきました。

      相場観(感覚)と言うものはすぐに身につくものではなく、ずっと相場を見続けて身につくものなので時間はかかると思います。
      こうやれば身につく…といったものでもありません。毎日相場を見続けて自分なりに考えていくことが大切です。

      株式投資はこうやれば勝てるわけではなくて、勝っている人でも毎日試行錯誤しながら収益を積み上げていますので、少しずつ焦らず勉強しながら、最初は負けてもいいくらいの小さな資金で株式投資をやられることを僕はお勧めします。
      具体的には10万円くらいです(どれだけ資金量があるかわからないので、アドバイスだと考えてください)。
      頑張ってください。

      わからない事がありましたらまた質問してください。

  • Toma より:

    少し前に、下落に耐えかねて売った銘柄(当初は長期保有予定)が直後に急騰し、
    自分の判断力と精神力の無さにショックを受けて、
    毎日のように胃薬を飲むようになってしまったのですが、
    この本を読んで少し心が軽くなりました。

    バンドワゴンの下りなんかは、
    読んでてまだちょっと胃のあたりがキュッとしますね(笑)。

    自分はデイトレ主体というわけではないのですが、
    とても勉強になりました。
    素敵な本を紹介して頂き、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    めたん

    元証券ディーラー。現在は専業投資家として株式投資で生計を立てつつ、在宅でできる"せどり"や"ブログ"で副収入を作っている。こちらのブログでは株式投資の説明や勝ち方、在宅ビジネス”せどり”での稼ぎ方、お金のメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしている。詳しい自己紹介は”about”をクリック!初めて来られた方は”こちら”をクリック!