日証金残とは

日証金残とは証券会社と日本証券金融会社(日証金)を通じて、株を貸したり融資をしたりした残高の事を言います。日証金とは証券金融最大手の会社です。信用残は個人投資家と証券会社との関係だけになってきますが、日証金残になると証券会社と日証金の関係になってきます。証券会社が日証金に株を融資したり、証券会社が日証金から株を貸してもらったり、しているわけです。

 

証金残は毎営業日の19時頃に速報が発表されます。そして次の日の11時頃の確報が発表されます。

 

信用取引は取引手数料が無料のSMBC日興証券が一番おススメです!

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

貸株と融資について

「貸株」については、日証金が証券会社に株を貸している枚数を指しています。

「融資」については、証券会社が日証金へ株を融資している枚数を指しています。

 

貸株が多ければ多いほど、日証金が証券会社に株を貸しているわけですから、個人投資家は空売りをしている人が多いわけです。

空売りをしている⇒証券会社は株が足りなくなる⇒日証金から貸してもらう。

空売りしている投資家はいずれ買戻しをしないといけませんので将来的な上げ要因となります。そのことを知っている人は空売りが多い銘柄を買って、空売りしている人たちが買戻し(損切り)をした後、上がりきったところで利食いをするというやり方を狙っている人もいます。空売りが多くなった銘柄はボラが大きくなる時も多いので、上手く買うことができれば数営業日で大きな利益を確保することも可能です。

 

融資が多ければ多いほど、日証金は証券会社から株を融資してもらっているわけですから、個人投資家は信用買いをしている人が多いわけです。

信用買い⇒証券会社は株をたくさん持っている⇒日証金へ融資する

逆にこういう銘柄は下げていく傾向にあります。信用買いをしている人はいずれ売らなければいけませんので、新たに新規の投資家が積極的に買いたいとは思わないからです。売り需要のある銘柄を空売りで利益を出そうとする投資家も多いです。

⇒信用取引のリスクについて

⇒信用取引とはどんなものか。

 

楽天証券を口座開設しておくと無料で日本経済新聞社が提供するビジネスデータベースサービス「日経テレコン」を読むことができます。完全無料で10分もあれば口座開設は終わります。この機会に宜しければ是非口座開設してみてください。

日経テレコンで提供しているのは以下の3つです。

・日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)

・過去1年分の新聞記事検索

・日経速報ニュースの閲覧

貸借倍率とは

こちらは残高を見て計算します。

「信用買い残と信用売り残」の記事にもアップした画像を見てください。

 

 

 

楽天証券が見やすく情報を提供してくれています。

 

上の画像の赤で囲まれている部分を見てください。

日証金残は毎日発表されます。

新規で増えた枚数、返済された枚数、そして残高。

返済-新規=前日比になります。

 

貸借倍率は残高を見て計算します。

信用買い÷空売り=融資÷貸株

こういった計算になります。

 

こちらは信用残の時と同じで、1倍より高ければ買いが多い状態、1倍より低ければ、空売りをしている人が多い状態になってきます。

 

松井証券は一日10万円未満の売買だと売買手数料が完全無料です。

⇒松井証券を口座開設するメリットとは

信用残と比較しながら見る

信用残と日証金残の違いは、信用残は個人投資家と証券会社での関係、日証金残は証券会社と日本証券金融会社(日証金)との関係でした。

 

日証金残は毎日発表されますが、証券会社が株を全て用意できれば、融資する必要や株を貸してもらう必要はありません。証券会社にたくさんの資金力があれば、日証金に頼る必要がありません。ということは、そこまでの信憑性がないわけです。しかし、信用残は週に一度の発表ですが、確実に買っている人と売っている人の枚数を把握することが出来ます。

 

どちらにも利点があるわけですね。うまくどちらも活用していきましょう。

 

ただ、「逆日歩とは」の記事でも書いていますが、この貸借倍率が低くなりすぎると、逆日歩銘柄になる可能性が出てきます。

先程載せた二つの画像の↑の方は貸借倍率は2.13倍ですが、↓は0.01倍です。

0.01倍だと売っている人がたくさんいると言うのが容易にわかります。

 

 

こうなって来るといつ株が足りなくなるかわかりません。逆日歩銘柄になると、買い戻す人が増えるので大きく株価が上がる可能性があります。あまりにも空売りをしている人が多いと、買い戻す需要が多く中々株価が下がらないので、あまり空売りをしないほうが良いでしょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

 

信用取引は取引手数料が無料のSMBC日興証券が一番おススメです!

SMBC日興証券の口座開設はこちらから

⇒信用取引やるならSMBC日興証券が一番!!取引手数料が常に無料

The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。