全てを自己責任と考えれない人は投資なんて辞めた方がいい。

株で勝てない人の特徴

株式投資で勝てない人ってどんな特徴があると思いますか?

 

僕がパッと思いついたのは、言い訳ばかりしている人。多分これ、間違いないと思います。株で勝ててない人って、負ける度に何かしら言い訳をしています。そして言い訳をしている人は一生勝てる投資家になる事はできません。これは断言できます。

株で負けた時、言い訳をすると言う事は、自分の投資が間違っていないということを正当化したいからです。「〇〇の影響で負けたから、自分の考えは悪くなかった。」こんな感じでしょうか。こんな考えをしていれば、勝てるはずもありません。

 

人の所為にしない。

まずは人の所為にしない事。

よくあるのは、「この株を買ったのは有名な投資家がこの銘柄を推奨していたから」「この株を買ったのは雑誌にこの銘柄が載っていたから。」などなど。こんなのしょっちゅう見かけます。

そして負けた時には決まって、「あいつの所為だ!」「あの雑誌の所為だ!ふざけんな!」って怒り出します。全くもって見当違いのところで怒っていて、理解が出来ません。

 

株を購入したのはあなた

あの人が推奨していたから…うん、でも買ったのはあなたですよね?

誰が推奨していようが、雑誌に載っていようが、買うかどうかを決めたのはあなた自身で、株を買うボタンを押したのは、誰かに押されたわけでもなく、あなたが何株をどの価格で買うかを決めて、購入したわけですよね?

どんな理由があろうと、購入したのは自分なんですから、人の所為にはできません。

 

相場の世界は全てが自己責任なのです。

 

負けた時に人の所為にしたいのでしたら、一生勝てないので辞めた方がいいです。時間とお金の無駄です。趣味で株をやるのはお金がかかりすぎるのでお勧めしません。やるなら兼業といえども本気で、仕事と捉えてやらなければ勝てる投資家になることは難しいでしょう。

 

負けた理由を分析するから成長する

株で一番成長するのは、負けた時に「なぜ負けたか」を考えている時です。

そして負けた理由がわかれば、同じ負けをしない為にどうすればいいかを考えます。答えが見つかれば新たにマイルールに記載します。こうやって自分が株で負ける可能性を潰していきます。そうすれば必然的に負ける事が少なくなり、勝ちに繋がります。

 

上手い人でも勝率は6割程なので、ルール通りでやっても仕方の無い負けはたくさんあります。でも相場の世界では仕方の無い負けと、仕方の無くない負けがあります。この「仕方の無くない負け」を0にする為に、負けた時になぜ負けたのかを分析する必要があります。

 

インベスターZ 3巻より

美雪「ただし投資を始める前に私に3つの誓いを立てて。」

 

倫子・さくら「3つの……誓い。」

 

M「1つ……囚われない。2つ……侮らない。3つ……恨まない。

 

R・S「囚われず……侮らず……恨まず……」

 

M「そう……株の取引にとらわれて身も心も奪われちゃダメ。女子中学生としての日常生活をきちんと送ること。あと少し儲かったからって調子に乗ったらダメ。株のことをわかったような気になって雑になると必ずしっぺ返しにあう。侮らず常に謙虚に慎重でいること。そしてなにがあってもすべて自己責任。人のせいにしたり社会を恨んだりしないこと。

 

R・S「わかった。約束する。」

 

自己責任の意味を本当に理解する。

自己責任の意味がある程度理解して頂けたと思います。

しかし、「どんな理由であれ全て自己責任」というのは中々厳しい言葉です。それでもやはり投資は自己責任だと考えねば、勝てるようになる事は難しいでしょう。

 

誰かが推奨していたから…、雑誌が推奨していたから…、こんな理由で人の所為にしているのは正直、「ちょっとそれは…」なんて僕は思ってしまいます。ただ次のような理由でも自己責任だと割り切る事は出来るでしょうか?

それは、「外部要因」です。

 

テロ?戦争?災害?負けていい理由にならない

株式投資というのは一寸先は闇です。何が起こるかはわかりません。だからこそ、数年株で勝ち続けていた人でも、油断していれば明日には退場している可能性も0ではありません。相場では本当に何が起こるかわからないのです。このことをしっかりと認識しておかねばなりません。

 

例えばテロが起こって、翌日に日経平均は1000円安からスタート。こんな事ってほとんどありませんが、絶対に無いとは言い切れません。年に数える程ですがあり得る事です。こんな時でも、「テロの所為で負けた」なんて事は言ってはいけません。相場というのはそういったものだからです。

 

リスクヘッジしていない自分が悪い

どんな理由であろうと、そもそもリスクヘッジをしていない自分が悪いことだと考えるべきです。1000円安だろうがなんだろうが、年に何度かはそういった可能性はあるのですから、リスクヘッジは常にしておくべきなのです。それをしてさえいれば、突然何か起ころうと大丈夫なのです。

 

勝てば運、負ければ実力

最後に。

全てを自己責任だと考えておけば、負けた時は全て自分の実力がなかったと考える事が出来ます。負けたのは実力の無さなのですから、実力をつける努力をしなければいけません。

しかし勝った時を実力だと考えてしまうと、人は慢心してしまうので、どこかで大きくやられてしまうでしょう。ですので勝った時は常に実力ではなく、運だと考えるようにしましょう

 

勝てば運、負ければ実力。

このように考えて相場に挑めば、慢心する事なくつねに謙虚な気持ちで相場に挑めるようになり、いつの日か勝ち続ける投資家になれると僕は考えています。

 

 

 

 

 

 

漫画インベスターZから学ぶ!株式投資とは?

次はこちらです。

⇒投資でお金を稼ぐのは汚い行為と思う人がいる理由について。
The following two tabs change content below.
めたん

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。

無料メールマガジン配信中!

元々どこにでもいる会社員だった僕が株・商売で生計を立てられるようになるまでに勉強・経験してきたことを無料メールマガジンで公開しています!

登録はこちらから宜しくお願い致します。






※お名前とメールアドレスをご入力のうえ、確定ボタンをおしてください。

※メールが迷惑メールに送られることがあります。フォルダ分けをお願い致します。

※ご登録いただいたメールアドレスはシステム上で厳重に管理しますので、 いきなり大量の迷惑メールが届くようなことは絶対にありません。

 

メルマガについての詳しい内容はこちらをどうぞ

⇒無料メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

めたん

元証券ディーラー。現在は専業投資家として日々相場に向き合いながら、いくつか事業も立ち上げて高知県で生活をしています。立ち上げている全ての事業は完全在宅です。こちらのブログでは株式投資の日々の戦略や収益、相場への考え方や向き合い方、完全在宅ビジネスの内容、お金についてのメリットや考え方、趣味の登山や旅行について記事にしています。   詳しい自己紹介【about】をクリック!   無料メールマガジン配信しています!詳しくは【こちら】に記載しています。